スポーツ リオ五輪

原沢久喜選手がリオデジャネイロオリンピックで金メダルへ!!

投稿日:2016年5月26日 更新日:

Pocket

原沢久喜選手が打倒テディ・リネール選手に挑戦!!

リオデジャネイロオリンピックの柔道男子100キロ超級の代表争いに

勝利したのは、原沢久喜選手ですが、

この階級には、絶対王者ともいえるフランスの選手

テディ・リネール選手が君臨しています。

2007年に史上最年少で世界選手権を制覇して以来

8年間世界の頂点の座を譲っていません!!

ロンドンオリンピック金メダリストで

リオデジャネイロオリンピックでは、2連覇を狙っています。

この絶対王者を原沢久喜選手が倒して

オリンピックの金メダルを獲得するのかに注目が集まってます!!

この原沢久喜選手がどんな柔道選手なのかをご紹介します。

原沢久喜選手のプロフィール

20160403-00000017-dal-000-2-viewhttp://amd.c.yimg.jp/im_siggkSWM0Ti4FGotmnmvdCMnWw—x640-y900-q90/amd/20160403-00000017-dal-000-2-view.jpg

名前 原沢 久喜(はらさわ ひさよし)

生年月日 1992年7月3日

出身 山口県下関市

身長 191センチ

体重 122キロ

血液型 A型

出身校 日本大学

段位 参段

組み手 右組み

得意技 内股 大外刈り

所属 JRA

6歳で柔道を始めた原沢久喜選手

jnl1512060004-f1http://www.sankei.com/photo/images/news/151206/jnl1512060004-f1.jpg

高校入学時には、身長177センチで66キロ級と

軽量級の選手だったのですが、高校時代で一気に成長

高校3年の時には、身長が20センチ程伸びて

190センチを超えて100キロ級の選手になったのです。

体重は90キロまでは身長が伸びたように増えたそうですが、

その後は、プロテインを大量摂取して

ウエイトトレーニングに励んで筋肉を増量して

体重を増やすようにしたそうです。

高校ではインターハイ100キロ級に出場して

準決勝で王子谷剛志選手に敗戦して3位

全日本ジュニアに出場して決勝まで勝ち上がって

またもや王子谷剛志選手と対戦して敗れて準優勝

王子谷剛志選手がこれからのライバルとなっていきました。

当初、原沢久喜選手は、高校卒業で

柔道とも卒業と考えてたそうですが、

インターハイや全日本ジュニア選手権でいい成績を残して

柔道続行を決意して日本大学に進学

大学2年の時の全日本学生優勝大会の決勝で東海大学と対戦

代表戦にもつれ込む混戦となりました。

FMO_1483http://hinomaru-kids.jp/camp/wp-content/uploads/2015/09/FMO_1483.jpg

この代表戦で原沢久喜選手は、ライバルの王子谷剛志選手と対戦

この時も内股返しで有効を獲られて敗戦

全日本学生体重別では、優勝しましたが、

ライバルの王子谷剛志選手が出場していませんでした。

そして講道館杯で初優勝を遂げました。

2013年には、全日本選手権の東京予選で優勝して

全日本選手権に出場

初出場ながら決勝まで勝ちあがり、穴井隆将選手と対戦

指導1つという僅差で敗れて初出場初優勝とはなりませんでした。

体重別初戦でライバルの王子谷剛志選手と対戦

大外刈を防ごうとした時に右肘を脱臼して棄権負け

spo1604291927004-p1http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/images/20160429/spo1604291927004-p1.jpg

全日本学生優勝大会は、去年と同じ準優勝

講道館杯は、準々決勝で敗退したのですが、

3位決定戦で、再びライバルの王子谷剛志選手と対戦

今まで一度も勝てなかったライバルに初めて勝利!!

グランドスラム・東京で世界ランキング2位の

ブラジルのラファエル・シルバ選手に敗れたのですが、

3位決定戦で九州電力の七戸龍選手を破って3位になりました。

これ以降、七戸龍選手もライバルの一人となっていきました。

origin_2http://giwiz-nor.c.yimg.jp/im_siggshVDOtBm8_ps5ryb16DgQg—exp3h/r/iwiz-nor/ch/images/46200075865654780/origin_2.jpg

2014年の全日本選手権は

準々決勝でライバルの王子谷剛志選手に

大外刈でまたもや敗れて5位に終わりました。

講道館杯では初戦でまさかの敗退

しかしグランプリ青島大会ではオール一本勝ちで

IJFワールド柔道ツアー初優勝しました。

2015年ヨーロッパオープン・ローマで優勝

日本大学を卒業してJRAの労務厚生課所属となり

体重別では準決勝でライバルの王子谷剛志選手に有効で敗退

しかし全日本選手権では準決勝で

苦手のライバル王子谷剛志選手を破って決勝へ進出

決勝ではもう一人のライバル七戸龍選手を有効で破り、

全日本選手権初優勝を成し遂げました。

全日本選手権大会・国際大会で優勝していたのに

世界選手権代表には、ライバルの七戸龍選手が選ばれました。

原沢久喜選手がショックを受けたかと思われたのですが、

予め全日本代表監督の井上康生氏から

体重別と全日本選手権の両方で優勝しないと

世界選手権の代表にはなれないと言われていたそうで

納得済みの結果だったようです。

世界チャンピオンでフランスのテディ・リネール選手が

来日した機会に乱取りをするチャンスがあり、

img1433996149bhttp://www.ejudo.info/cool/mm/images/m150610201855/img1433996149b.jpg

稽古では、ほぼいい組み手になることができなかったものの、

今後の研究次第では

全く太刀打ちできない相手でもないとの感触があったそうです。

オリンピックの予行演習の一環として

出場したユニバーシアードで優勝

グランドスラム・チュメニ大会は、決勝で内股で一本勝ち

グランドスラム・パリ大会は、

準々決勝で苦手なライバル王子谷剛志選手を破り優勝

グランドスラム・東京大会は

決勝でライバル七戸龍選手と対戦

img_newshttp://www.shikoku-np.co.jp/img_news.aspx?id=20160428000553&no=1

GSに入ってから反則勝ちを収めて優勝

これまで国際大会6連勝としました。

試合後のインタビューで原沢久喜選手は、

今大会で七戸龍選手に勝って優勝したことで、

オリンピックの代表争いの土俵に上がれたのではないかと

思っていますし、七戸龍選手との差が今は1馬身ぐらいですね。

冬にまた勝てば追いつけますと語りました。

全日本代表監督の井上康生氏は、、

直接対決で勝って並んだ。ここから彼らの戦いが始まるとコメント

リオデジャネイロオリンピック代表争いは、

七戸龍選手と原沢久喜選手の一騎打ち状態となったのです。

2016年グランドスラム・パリ大会で2連覇を達成

国際大会連勝を7に伸ばしました。

AS20160208003150_commhttp://www.asahicom.jp/articles/images/AS20160208003150_comm.jpg

オリンピック代表選考大会の選抜体重別の決勝では

オリンピック代表争いのライバルの七戸龍選手を

内股の有効で破って初優勝して、

リオデジャネイロオリンピック代表の最有力候補となったのです。

重量級は、全日本選手権終了後にオリンピック代表が決定するので、

最有力候補で全日本選手権を向かえました。

全日本選手権では準決勝で敗れて3位に終わり

2連覇とはなりませんでした。

また、昨年の全日本選手権から続いていた公式戦での連勝記録が

37勝でストップしてしまいました。

オリンピック代表争いのライバルの七戸龍選手も準決勝で

原沢久喜選手の苦手のライバル王子谷剛志選手に敗退

結局。王子谷剛志選手が2年ぶり2度目の優勝

dly1604290028-f1http://www.sankei.com/photo/images/news/160429/dly1604290028-f1.jpg

オリンピック代表は、混沌としましたが、

国際大会で7連勝・ライバルの七戸龍選手に対して

4戦全勝していた内容が評価されて原沢久喜選手が

リオデジャネイロオリンピック代表になりました。

試合後に全日本代表監督の井上康生氏は

敗戦の理由には、

オリンピックへのプレッシャーがあったかも知れないが

本番でのプレッシャーはこんなものではないと厳しいコメント

全日本代表監督の井上康生氏は、

オリンピック金メダリストですから雰囲気は経験済み!!

原沢久喜選手は、最終選考会で負けて後味の悪い

オリンピック代表決定となってしまったが

選ばれたからには、覚悟を決めて死にもの狂いで

リオデジャネイロオリンピックで金メダルを獲りたいとコメント

spo1510190011-p2http://www.sankei.com/images/news/151019/spo1510190011-p2.jpg

柔道男子100キロ超級には、

世界王者のテディ・リネール選手が君臨

史上最年少で世界選手権を制覇して8連覇

ロンドンオリンピックの金メダリストで

オリンピック2連覇を狙っている王者

リオデジャネイロオリンピックで原沢久喜選手が

この王者テディ・リネール選手を倒せるか・・・?

柔道男子100キロ超級の試合は、8月12日

オリンピック柔道種目の最終日に登場です!!

 

 

関連記事

リオデジャネイロオリンピック 柔道の日程&日本代表情報

柔道日本代表男子がリオデジャネイロオリンピックで金狙う !!

柔道日本代表 女子選手一覧 リオデジャネイロオリンピック

柔道 近藤亜美の画像がかわいい!!

海老沼匡選手がリオデジャネイロオリンピックで金メダル目指す

高藤直寿選手がオリンピックで金メダルへ挑戦!!

大野将平の筋肉が凄く五輪では最低でも金!!

永瀬貴規選手が柔道で金メダル

ベイカー茉秋がベンチプレスで金メダル候補に!!

羽賀龍之介が怪我克服してリオデジャネイロオリンピックで金メダル!!

 

スポンサーリンク

-スポーツ, リオ五輪
-, , , ,

執筆者:

関連記事

村上茉愛&白井健三が結婚か?太い筋肉で日本人世界女王ゲット!

体操の世界選手権がカナダのモントリオールで開催されてますが、 男子では内村航平選手がまさかの棄権で話題となってますが、 女子で村上茉愛選手が個人総合予選でトップ通過! 日本人選手として初めて個人総合優 …

松友美佐紀選手のお姉さんの名前は?元バドミントン選手?

リオデジャネイロオリンピックでは、メダルラッシュとなりました。 メダル獲得数が史上最高となった日本 東京オリンピックでは更に期待が膨らみます。 バドミントンでは、リオデジャネイロオリンピック前には、 …

ジョコビッチとマレーの対戦の結果は・・・?

第1シードでセルビアのノバク・ジョコビッチ選手(28)が 第2シードでイギリスのアンディ・マリー選手(28)を セットカウント6-1・7-5・7-6のストレートで下して 2年連続6度目の全豪オープン優 …

全英オープン2016バドミントン 男子ダブルスで準優勝

Contents1 全英オープン2016バドミントン 男子ダブルスで準優勝2 早川・遠藤ペアのプロフィール3 早川賢一(はやかわ・けんいち)4 遠藤大由(えんどう・ひろゆき)5 早川・遠藤ペアの競技歴 …

リオ バレー女子日程・試合速報!!

4年に一度のスポーツの祭典オリンピックが ブラジルのリオデジャネイロで開幕しました。 開幕初日には、バレー女子の予選リーグが開幕 女子バレー日本代表チームは、 オリンピック2大会連続メダルをかけて グ …