福原愛ちゃんの着物のお値段にビックリ仰天!!

Pocket

リオデジャネイロオリンピックの卓球女子団体の銅メダリスト

元祖・天才卓球少女で泣き虫愛ちゃんこと福原愛ちゃんが

台湾の卓球選手の江宏傑(ジャンホンジュ)さんとの

結婚の報告会見を先日行いました。

会見には、旦那さんの江宏傑(ジャンホンジュ)さんはスーツ姿で

福原愛ちゃんは、着物姿で登場!!

鮮やかなな福原愛ちゃんの着物姿を見て

気になったのがどこの着物・・・?

お値段はどのくらいするのっと大きなお世話ですが・・・

[ad#ad-1]

福原愛ちゃんが来ていた着物

結婚会見の時の着物は、レンタル品ではありません。

福原愛ちゃんの着物は、

藤娘きぬたやという京鹿の子絞りの名門店の一品

この着物は、最高峰の絞りの技術を用いていて、

大変な時間が掛かるそうです。

福原愛ちゃんは、2年前にオーダーしていたそうですよ。

通常の絞りは、きぬいとで8回前後括るそうですが、

(括るとは、生地を糸で巻くことです)

この藤娘きぬたやさんは、11~12回と多く括るそうです。

振袖の着物全てを施すのに20万箇所括るそうで、

20万か所×12回=240万回括るという手作業

振袖の着物1点を完成するのに、

2年掛かると言われているそうですから

福原愛ちゃんが2年前にオーダーしたというのは、

着物の完成期間を考慮してということでしょうね。

っということは、リオデジャネイロオリンピックが

終了した時点で結婚を2年前から考えていた?ってこと?

更にこの絞りの技術は、非常に難しいというのも

着物を完成させるのに時間が掛かる要因のようです。

そして福原愛ちゃんの着物には、

この絞り技術以外の絞りの技術を用いて

着物の柄を作っています。

[ad#ad-1]

絞りの技術は、その絞り方で職人さんが変わってくるので、

何人もの職人さんがこの着物には関わっているんですね。

この着物を作った藤娘きぬたやさんの総絞りの着物は、

呉服業界では最高級品とされています。

この着物の値段は・・・?っと気になりますが・・・

マスコミでは、この着物の値段について

着物の専門家が、100万は軽く超えるっと言っていました。

着物の生地だけで100万を軽く超えて

帯の値段を含めると200万以上とか・・・?

藤娘きぬたやさんの訪問着は、300万円前後の値段で

福原愛ちゃんの着物は、振袖ですから値段は、

500万円程度とも言われていますが納得できる値段です!!

福原愛ちゃんの着物の柄ですが、

辻が花をイメージした柄ですが、

室町時代から安土桃山時代の着物の柄で

友禅が流行した江戸時代には、消えた柄で、

幻の辻が花と言われているそうです。

そんな着物の幻の柄を現代に復活させたのが

久保田氏で復活させた時には、一世風靡したそうです。

それ以降、様々な着物メーカーから

辻が花の着物が出回るようになりました。

http://i1.wp.com/ima-wadai.link/wp-content/uploads/2016/09/08ce8a6139158f161454f90d7f78fd90.jpg

http://i1.wp.com/ima-wadai.link/wp-content/uploads/2016/09/08ce8a6139158f161454f90d7f78fd90.jpg

購入するには、ちょっと・・・一般人には、厳しい値段ですが

着物レンタルできますので、

探して試してみるのもいいかもしれないですね!!

そして着物の帯は、鳳凰が見事な西陣の引箔の袋帯

帯に関しては、着物と違って型紙のようなものが必要で

通常は、帯1点だけ制作することは、ないのですが・・・

福原愛ちゃんの場合は、一点物の可能性がありますが、

一点物の帯でなくても値段は、100万を超える金額で

もし一点物だとするとお値段は、数百万円はします。

今回の結婚会見での福原愛ちゃんの着物と帯の値段は、

最低でも300万円!!

人気者の愛ちゃんがんばりました!!

東京オリンピックまで現役続行の可能性がありますから

是非とも卓球で頑張って、

またこの着物で会見してもらいたいですね!!

[ad#ad-1]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする