フィギュアスケート

三原舞依が病気に負けずにシニアデビュー

投稿日:2016年10月23日 更新日:

Pocket

フィギュアスケートに新たな女王誕生・・・?

女子フィギュアスケートのグランプリシリーズ第1戦の

スケートアメリカに三原舞依選手が登場

スポンサーリンク

ショートプログラムで自己ベストの得点で

2位の順位で好スタートを切りました。

 

三原舞依選手のプロフィール

名前    三原 舞依(みはら まい)

生年月日  1999年8月22日

出身地   兵庫県神戸市

血液型   A型

出身校   兵庫県立芦屋高校

http://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_asa/mhm122-jpp022587906.jpg

http://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_asa/mhm122-jpp022587906.jpg

 

三原舞依選手のフィギュアスケート歴

三原舞依選手同様にグランプリシリーズ第1戦

スケートアメリカに出場している浅田真央選手を見て

フィギュアスケートを始めようと小学校2年生で思ったのが

きっかけとなって、フィギュアスケートを始めた三原舞依選手

 

フィギュアスケート選手としては、

小学校2年生と遅いスタートでしたが、

才能と努力で着実に技術を身に着けて

 

プランタン杯 ノービスクラス     優勝

全日本ジュニア選手権         準優勝

ガルデナスプリング杯 ジュニアクラス 優勝

アジアフィギュア杯          優勝

ネーベルホルン杯           優勝

 

フィギュアスケートの大会で成績を残しています。

 

今シーズンからは、シニア大会にデビュー

 

グランプリシリーズ第1戦スケートアメリカが

シニアデビュー戦となりましたが、

ショートプログラムの冒頭に

3回転ルッツから3回転トーループの連続ジャンプを

思い切りよく跳んで鮮やかに成功して、

出来栄えによる加点で1.10点がついたほど

 

この連続ジャンプの成功で勢いにのった三原舞依選手は、

曲に合わせて流れるように要素をこなしていきました。

最後の3回転フリップでふらつましたが

転倒せずに耐えて演技を終了しました。

 

ショートプログラムの得点が自己ベストなのを見て

三原舞依選手は、「うそーっ!!」と驚いた表情でしたが、

得点・順位の両方で大満足の結果でした。

 

フリープログラムに向けて

三原舞依選手は、持っているものをしっかり出したいと

フリープログラム演技への抱負を語っていました。

スポンサーリンク

三原舞依選手が見舞われた病気

シニアデビュー戦でいきなり2位と好発進した三原舞依選手は、

昨年に若年性特発性関節炎という病気を発症

 

この病気は、関節が突然痛む病気で、

16歳以下の年齢でかなり稀に発症する病気で

100万人に1人という割合

 

三原舞依選手は、両ひざに激痛が走るそうです。

フィギュアスケート選手にとっては、厄介な病気ですね

 

この病気のお蔭で、4ヵ月も練習ができなかったそうです。

膝に激痛が走るとなると歩くことも難しい状態

 

シニア戦に参戦した三原舞依選手ですが、

この病気のお蔭で、今でも起床した際や

天気が悪い時などには、痛みがあるそうで、

月1度の点滴治療をしながら

フィギュアスケートの練習をしているそうです。

 

しかしこの病気になったお蔭で

スケートを滑れる喜びが増して、

シニアでのグランプリシリーズという大舞台でも

緊張することなく三原舞依選手は、

ここに立てるのが幸せとのびのびと演技をしたのでした。

 

三原舞依選手の病気 若年性特発性関節炎

三原舞依選手がかかった病気は、

最近に世界で名前を「若年性特発性関節炎」と統一された病気で

若い人のリウマチです。

 

リウマチという病気は、年老いた人の病気のイメージですが、

子供でもなる病気なんですね!!

 

厄介なのが、この病気は、原因不明の難病で

慢性的な関節の痛みが症状となります。

関節に炎症が起きて痛むだけでなく

関節が腫れて熱を持ち動かしにくくなるそうです。

 

この病気の治療は、薬物治療と日薬物治療が現在行われています。

非薬物治療として、ストレッチングや関節を動かすトレーニング

薬物治療として、炎症を抑える為に抗生物質の投薬など

三原舞依選手の病気の場合には、

月に1回の炎症を抑える薬を点滴して、

フィギュアスケートの練習に取り組んでいるそうです。

 

1日3時間から4時間の練習に取り組む三原舞依選手は、

病気に負けたくないし言い訳にしたくないと

難病の病気だからと

フィギュアスケートを諦めることなく

頂点目指して練習に励んでいるそうです。

 

三原舞依選手のシニアデビュー戦のスケートアメリカでの表彰台に

期待します。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

-フィギュアスケート
-, ,

執筆者:

関連記事

浅田真央ちゃんグランプリシリーズ絶望の危機でトリプルアクセル解禁!!

フィギュアスケートのグランプリシリーズの開幕戦 スケートアメリカに浅田真央選手が出場しました。 スポンサーリンク 女子ショートプログラムで5位と出遅れた浅田真央選手 フリープログラムでは、逆転の表彰台 …

宇野昌磨の祖父は有名な画家!!

フィギュアスケートのシーズンが始まりました。 グランプリシリーズ第1戦スケートアメリカが開幕 男子では、宇野昌磨(うの しょうま)選手が登場   宇野昌磨(うの しょうま)選手といえば、 4 …

織田信成が復帰と言われる理由・・・

フィギュアスケート・ジャパンオープンは、 プロアマ混合のオープン大会として開催されていて、 OB選手も出場していますが、 今回の大会では、2013年に現役引退して プロスケーターで、フィギュアスケート …

三原舞依の2017年のショート曲は何?

スポンサーリンク 女子フィギュアスケートのグランプリシリーズ第1戦スケートアメリカ シニア戦デビューの三原舞依選手が、 ショートプログラムで サン・サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」の曲にのっ …

浅田真央の歴代コーチ

今シーズンのグランプリファイナル出場が絶望的となった浅田真央選手 これまでの浅田真央選手の素晴らしいスケート人生は、 歴代の様々なコーチに支えられてきました。 スポンサーリンク 15歳という年齢でいき …