フィギュアスケート

宇野昌磨の祖父は有名な画家!!

投稿日:2016年10月23日 更新日:

Pocket

フィギュアスケートのシーズンが始まりました。

グランプリシリーズ第1戦スケートアメリカが開幕

男子では、宇野昌磨(うの しょうま)選手が登場

 

宇野昌磨(うの しょうま)選手といえば、

4月の国際大会において世界で初めて4回転フリップを成功

日本フィギュアスケート期待の星

スポンサーリンク

冒頭に4月の国際大会で世界で初めて成功させた

4回転フリップに挑戦して、着地で踏ん張り成功

 

しかし次の4回転トーループから3回転トーループの連続ジャンプは、

転倒してしまい、最後のトリプルアクセルでも転倒を踏ん張る演技

しかし89.15点でシーズンベストを出して1位の成績で

フリープログラムに挑みます。

 

この宇野昌磨(うの しょうま)選手の祖父が画家で有名な方

祖父は、日本画家としてご活躍されているそうで、

宇野昌磨(うの しょうま)選手は、芸術性を祖父から

引き継いでいるのでしょうか・・・?

スケートの芸術性が素晴らしい選手です。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000158-spnannex-spo.view-000

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00000158-spnannex-spo.view-000

 

宇野昌磨(うの しょうま)選手の祖父

宇野昌磨(うの しょうま)選手の祖父は、

1927年生まれの89歳になる日本画家で宇野藤雄氏

 

高齢ですが、(宇野昌磨(うの しょうま)選手の祖父ですから!!)

現役画家として活躍されています。

 

宇野昌磨(うの しょうま)選手の祖父は、

22歳の時に「二科展」に初入選してから、

なんと23回連続入選している画家として凄い才能の持ち主!!

 

 

宇野昌磨(うの しょうま)選手の祖父は、39歳で個展を開催して

人気を博して海外にも進出

 

カンヌ国際展やオーストリア展・モントリオール展などの

海外でも受賞歴がある画家で

 

日本国内のみならず海外からの画家としての評価が高いそうです。

 

こんな凄い日本画家の祖父の感性をきっと

宇野昌磨(うの しょうま)選手は受け継いだのでしょうね!!

フィギュアスケートでの芸術性が高い宇野昌磨(うの しょうま)選手

 

画家とは違う分野ですが、祖父は、孫の活躍を喜んでいるでしょう。

 

しかし宇野選手の祖父は、

芸術は、努力を超えた先にあると思っているので、

昌磨の芸術性は、天性のものだと思う・・・

努力でたどり着けるとは限らない・・・

昌磨の滑りを見て私自身も芸術的な審美眼を確かめていますと

宇野昌磨選手の祖父は語っています。

スポンサーリンク

宇野昌磨選手の羽生越えは・・・?

画家の祖父の感性を受け継いだ宇野昌磨選手は、

昨年、シニアデビューでしたが、

グランプリファイナル銅メダル獲得

世界初めてとなる4回転フリップジャンプ成功と大活躍

 

ジャンパーよりは、表現者と言われるような選手になりたいと語る

宇野昌磨選手ですが、小さい頃は、ジャンプが跳べなくて

表現するほうが得意だったそう・・・

やはり画家である祖父の才能を引きついているのでしょう

しかし最近は、ジャンプで成功していて

ジャンプでも更に上のレベルを目指したい以上に

表現力でも同じようにがんばりたいとしている宇野昌磨選手

 

今シーズンのフリープログムは、高難度の構成で、

総合得点で300点を超えるそうですが、

 

難しい挑戦というのが、普通になればいいと思っているそうで、

得点は、いい演技ができればついてくるものなので、

得点を意識して演技することはしていないそうです。

 

そんな宇野昌磨選手には、羽生選手が立ちはだかるのですが、

羽生選手に対してのライバル心はあるそうですが、

羽生選手の絶対に負けないというオーラを感じるそうです。

 

羽生選手の存在があることで、

日本一になることが、世界一になるのと同じだけ

難しいというのは、選手にとっていい環境だと

考えている宇野昌磨選手

 

昨年同様に攻めるを今シーズンのテーマにおいて、

思いっきり全力で挑戦者として闘っていくそうです。

 

スケートアメリカのフリープログラム

そして今シーズンの宇野昌磨選手の活躍が楽しみです!!

 

 

宇野昌磨選手の祖父は、宇野選手が発するオーラで

その日の調子が分かるそうで、

宇野昌磨選手が今日は大丈夫・・・負けそうだ・・・と予想して

試合の結果が祖父の予想通りであれば

祖父の審美眼が間違っていないことを確認

宇野昌磨選手の試合観戦後に絵画と向き合うと

修正箇所が見つかることがあるそうで

客観的になれると語っていました。

スポンサーリンク

 

-フィギュアスケート
-

執筆者:

関連記事

浅田真央がコーチ・ラファエルとの切ない別れ・・・

グランプリシリーズファイナル出場が絶望的となった浅田真央選手 昨シーズン終盤から悩まされている左膝の痛みの影響で 滑り込みが十分にできずに調整不足の状態で今シーズンを迎えました。 スポンサーリンク 伝 …

三原舞依の2017年のショート曲は何?

スポンサーリンク 女子フィギュアスケートのグランプリシリーズ第1戦スケートアメリカ シニア戦デビューの三原舞依選手が、 ショートプログラムで サン・サーンスの「序奏とロンド・カプリチオーソ」の曲にのっ …

フィギュアスケート 羽生結弦が初戦のオータムクラシックで快挙!!

スポンサーリンク フィギュアスケートの季節となりました。 フィギュアスケート男子の羽生結弦選手が今シーズン初戦となる スケートかなだオータムクラシックに出場   今シーズン初戦から羽生結弦選 …

三原舞依選手がシンデレラで華麗に演技!!

フィギュアスケートのグランプリシリーズがいよいよ開幕しました。 グランプリシリーズ第1戦のスケートアメリカ 女子ショートプログラムには、三原舞依選手が登場 スポンサーリンク 三原舞依選手のショートプロ …

三原舞依の難病の病名はミツクチで完治した?憧れの浅田真央との宝物って?

フィギュアスケートの国別対抗戦に出場の三原舞依選手 ショートプログラムで自己ベストを更新して3位と 世界選手権フリーからの好調を維持しています。 華麗な演技をする三原舞依選手は、難病とも闘っているとか …