その他

イタリア地震 最新情報2016年10月30日

投稿日:2016年10月29日 更新日:

Pocket

スポンサーリンク

2016年8月24日午前3時36分にイタリア中部で発生した

マグニチュード6.2の地震は、イタリアで発生した地震被害として

2009年にイタリア中部のラクイラで発生した地震に次ぐ

2番目に大きい被害となった地震で

特にアマトリーチェの街の被害は、甚大でほぼ街全体が崩壊

建物が耐震対策されていなくほぼ崩壊して瓦礫の山となりました。

 

建物のがれきの山から230人以上の人が救助されましたが、

最新情報では、犠牲者数が290人以上

負傷者が380人以上となり、避難者が2千人以上となりました。

 

このイタリアで2番目の被害となった地震から2ヵ月後の10月に

イタリア中部の街のセッラーノ付近で10月26日午後7時11分に

マグニチュード5.5の地震がありました。

http://ep00.epimg.net/elpais/imagenes/2016/08/24/album/1472014370_782800_1472030709_album_normal.jpg

http://ep00.epimg.net/elpais/imagenes/2016/08/24/album/1472014370_782800_1472030709_album_normal.jpg

 

そして2時間後の午後9時18分には、

イタリア中部の街ビッソ付近でマグニチュード6.1の地震が発生

 

首都のローマからは、180キロ以上離れたイタリア中部での地震でしたが、

ローマでも揺れを感じるほどの強さの地震でした。

 

地震発生直後は、大雨が降っていたために地震の被害情報を

把握できない状態でしたが、

最新の情報によると住民は、1回目の地震発生時に、

建物の外に避難していたので、

2度目の地震が発生した時には、屋外にいたために

8月のアマトリーチェでの地震のような被害にはなりませんでした。

 

イタリア中部地震の最新情報

10月26日にイタリア中部で発生した地震の最新情報として、

およそ5千人の地震避難者がいますが、仮設テント暮らしから

冬になる前に海岸沿いにあるホテルに避難してもらうように

要請する計画のようです。

 

この地震では、アマトリーチェで8月に奇跡的に崩壊しなかった建物が崩壊

2度の強い地震の後には、余震が250回以上を数えました。

最新の強い地震は10月27日のマグニチュード4.4で

新たな建物の崩壊を引き起こしました。

 

イタリア首相は、地震発生翌日には、現地を訪れて、

地震対策への資金調達が必要なことを再確認

 

地震があったイタリア中部の建物の耐震強化が必要不可欠であることを

イタリア国内はおろかヨーロッパに説明しないといけないとコメント

4千万ユーロの緊急資金を発表しました。

スポンサーリンク

 

-その他
-,

執筆者:

関連記事

イタリア マチェラータ県ビッソ付近で地震が発生!!

10月26日午後7時11分に マグニチュード5.5という強い震度の地震が イタリアのマルケ州マチェラータ県ビッソの街の付近で発生 スポンサーリンク その2時間後には、さらに強いマグニチュード6.1の地 …

とうもろこしのカビでケニアに発生した事件って?

2004年、半年間の間に125人がケニアで亡くなった不可思議な事件 何が原因で亡くなったのか・・・? スポンサーリンク Contents1 ケニアに起きた事件の原因2 アフラトキシンの発見3 アフラト …

山本慈昭が中国残留孤児300人の父って?記念館やお墓はどこ?

中国残留日本人孤児の肉親捜で300人もの人達に 再会を実現させた人物が山本慈昭(やまもとじしょう)さん この為に「中国残留孤児の父」と呼ばれていましたが、 どんなきっかけで 中国残留孤児の肉親捜しをす …

イタリア地震 ビッソで再び発生!!

8月24日にイタリア中部でマグニチュード6.2の強い地震が 午前3時30分に発生しました。 震源地は、ウンブリア州ペルージャ県ノルチャの南東10キロ 震源地からおよそ150キロ離れた首都ローマでも揺れ …

イタリア アマトリーチェの街並みが・・・!!

スポンサーリンク 8月24日イタリア時間午前3時半頃(日本時間午前10時半頃)に イタリア中部でマグニチュード6.2の地震が発生しました。 震源は、ウンブリア州ペルージャ県のノルチャから 南東へ10キ …