その他

イタリア マチェラータ県ビッソ付近で地震が発生!!

投稿日:2016年10月30日 更新日:

Pocket

10月26日午後7時11分に

マグニチュード5.5という強い震度の地震が

イタリアのマルケ州マチェラータ県ビッソの街の付近で発生

スポンサーリンク

その2時間後には、さらに強いマグニチュード6.1の地震が

同じくマチェラータ県ビッソ付近で発生しました、

 

今回のマチェラータ県ビッソ周辺で発生した地震での死者は、

地震のショックで心臓発作で73歳の男性が亡くなっただけで

 

8月24日に発生したイタリアのウンブリア州ペルージャ県ノルチャ

近辺で発生したマグニチュード6.2の地震の際のような

300人近い人が死亡した被害とはなりませんでした。

http://livedoor.blogimg.jp/naiada-kotonoha/imgs/d/e/de65bca0-s.png

http://livedoor.blogimg.jp/naiada-kotonoha/imgs/d/e/de65bca0-s.png

 

1回目の地震が発生した時に、マチェラータ県ビッソ周辺の住民は、

住宅から外に避難していて、2回目の地震が発生した際には、

建物の外に多くの住民がいたからです。

 

8月の地震で町の半分が崩壊したアマトリーチェから

マチェラータ県ビッソの街は、北に70キロに位置しています。

 

10月26日にマチェラータ県ビッソ周辺で発生した地震では、

イタリアの首都ローマでも地震の揺れを観測しました。

大きな揺れで建物が揺れて、住宅のドアや窓ガラスが

音を立てて揺れました。

ローマの住民もこの地震で外に避難して様子を伺う程の揺れでした。

 

地震発生時には、大雨が降っていて、停電も起こり

被害把握が難しい状況でした。

 

地震発生翌日の地震の震源地に近いマチェラータ県ビッソの街では、

多くの建物の壁が崩れていましたが、

アマトリーチェのように建物が崩壊するほどの被害はありませんが、

古い教会が地震によって崩れました。

 

震源地に近いマルケ州マチェラータ県ビッソの街は、

シッビリーニ国立公園にある小さな街で、人口およそ1100人で

 

冬場には、スキー客でにぎわう地域ですが、

まだスキーシーズン前ということで

観光客がいない状態だったので被害が少なかったようです。

 

8月の地震での避難者は、ホテルなどで避難生活をしていますが、

住宅再建には、政府が全額補償することになっており、

再建される建物は、耐震建築となりますが、

 

新たにマルケ州マチェラータ県ビッソの街付近で発生した地震では

避難者がおよそ3千人となり、

冬の訪れ前にホテルでの避難生活になりそうですが、

政府の地震補償負担が増加する状態になっています。

スポンサーリンク

 

-その他
-, ,

執筆者:

関連記事

イタリア地震の場所はどこ?

スポンサーリンク 8月24日未明にイタリア中部で マグニチュード6.2という地震がありました。 地震の震源地の場所は、ウンブリア州ペルージャ県ノルチャ(Norcia) から東に10キロのところでしたが …

ローマへの地震の被害はどうなの・・・?

イタリア中部でまたしても大きな地震が発生しました。 10月30日午前7時40分頃に、震源地が イタリア中部ウンブリア州ペルージャ県ノルチャの北およそ6キロ地点 震源の深さが10キロの地震が発生しました …

イタリア中部地震再び震度強い地震 ローマも揺れた!!

イタリア中部で8月に起きた震度が強い地震で およそ300名の犠牲者を出した地震から2ヵ月後に、 再び大きな震度の地震がイタリア中部で10月26日に発生しました。 スポンサーリンク イタリア時間の10月 …

イタリア地震 ビッソで再び発生!!

8月24日にイタリア中部でマグニチュード6.2の強い地震が 午前3時30分に発生しました。 震源地は、ウンブリア州ペルージャ県ノルチャの南東10キロ 震源地からおよそ150キロ離れた首都ローマでも揺れ …

イタリア地震の震度は、マグニチュード6.2でも被害が尋常でない!!

スポンサーリンク イタリア中部で2016年8月24日に発生した地震 地震の震度は、マグニチュード6.2・・・ 日本の感覚でいくとありふれている震度という感じですが・・・ 現地イタリアでは、尋常でない被 …