清武弘嗣は、嫁と別れて単身赴任でスペインでサッカー生活

Pocket

日本代表MFとして主軸になりそうな清武弘嗣選手は、

スペイン・セビージャで単身赴任で頑張っています。

[ad#ad-1]

清武弘嗣選手のサッカー歴

大分県出身の清武弘嗣選手は、小学校入学と同時にサッカーを始めました。

小学校4年生の時に社会人リーグのサッカー選手で国体出場経験のある

清武弘嗣選手のお父さんがサッカーチームの監督に就任

清武弘嗣選手のお父さんは、厳しいスパルタ監督だったようです。

その後は、大分トリニータへ入団して18歳でプロ契約をしました。

21歳でセレッソ大阪に移籍して地元の大分県を離れました。

大阪では、およそ2年半チームのエースとして活躍

2012年にドイツ・ニュルンベルクへと旅立ちます。

初めてのヨーロッパのサッカークラブへと移籍しました。

2014年には、ニュルンベルクが2部へ降格した際に

ハノーファーへ清武弘嗣選手は、移籍しました。

2016年からは、スペイン・セビージャに移籍

単身赴任でスペインで生活をしています。

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2016/images/kiyotakehiroshi20160815.jpg

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/wfootball/2016/images/kiyotakehiroshi20160815.jpg

清武弘嗣選手を日本で支える嫁とは?

清武弘嗣選手は、単身赴任でスペインに滞在していて、

清武弘嗣選手の嫁さんは、日本で小さい息子とともに

清武弘嗣選手を支えています。

清武弘嗣選手は、2011年に大分に帰省した際に

1歳年上の嫁の足立真梨子さんと出会って交際し始めました。

嫁さんとは同じ小学校出身で飲み会で知り合ったようです。

1年間の交際を経て、2011年5月に結婚

清武弘嗣選手が21歳という若さ

その半年後には、息子が誕生!!

どうやらできちゃった婚みたいですね!!

息子が誕生して間もない頃だったので、

清武弘嗣選手は、単身赴任を選んだと思われます。

誕生したばかりの子供を連れて海外で生活するだけでも大変ですから・・・

日本代表での清武弘嗣選手の試合が日本であるときには、

親子して応援にいっているようですね!!

単身赴任をしていても今は、インターネット電話のスカイプで

いくらでも話せるので問題はないと思いますが・・・

[ad#ad-1]

単身赴任で自炊生活の清武弘嗣選手

単身赴任でスペインの地方都市で生活する清武弘嗣選手

日本の食材を調達するのが難しく自炊ではパエリア料理ばかり・・・

パエリアは、おいしいけれど毎日は、ちょっと・・・という清武弘嗣選手

ドイツ時代は、同僚に日本人選手がいたので、単身赴任でも

鍋料理を日本人選手とつつけたが、

スペインの単身赴任では、1人鍋・・・むなしいという清武弘嗣選手

スペインのクラブチームには、日本人は、一人だけ・・・

この環境を望んだのも清武弘嗣選手

自身を追い込んでさらにサッカーの技術を高めるために選んだ道・・・

現在は、スペイン語をインターネットを通じて勉強中

監督の話は、殆ど理解できないので、スタッフに英語で通訳を頼んでいるそう

日本代表で見せる活躍を単身赴任先のスペインでも見せてもらいたいですね!!

[ad#ad-1]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする