エンタメ

又吉直樹の火花で神谷のモデルが実は芸人の橋本か?

投稿日:

Pocket

お笑いコンビ・ピースのボケ担当が又吉直樹

このピース又吉は

153回芥川龍之介賞を受賞して

お笑いタレントだけでなく小説家としても活動

芥川賞を受賞したのが火花という小説で

この小説に出てくる人物のモデルが芸人の橋本とか・・・?

スポンサーリンク

又吉直樹の小説・火花のアラスジ

主人公が大阪出身の20歳の若手漫才師

中学の同級生とコンビを組んで東京に上京

熱海の花火大会で漫才の営業で違う漫才師と出会う

この漫才師の弟子となり師匠から

俺の伝記を書けと指示され書き始める。

師匠よりも弟子に人気が出て2人は疎通となる。

弟子は人気が陰り相方が芸人を辞めるのを機に一緒に引退

師匠は、借金が1000万円まで膨らんで失踪

失踪から1年後に師匠から突然の電話で再会

正月休みに熱海の旅館で花火の打ち上げをみた2人

 

師匠は素人参加の熱海お笑い高いに参加したいと・・

露店風呂でネタを考えていたというのがあらすじ・・・

 

師匠が弟子に俺の伝記を書いてほしいといっていますが、

この火花の小説自体が伝記となっている感じ・・・

 

小説の火花というタイトルは、

師匠と弟子のやりとりからきているように思われます。

師匠の神谷のモデルが芸人の橋本?

主人公の師匠の神谷はモデル像が実際にあり

それが、お笑いコンビの烏龍(ウーロン)パークの橋本武志

橋本武志さん

烏龍(ウーロン)パークのボケ担当

1976年生まれの大阪府吹田市出身

趣味はパチスロ・ボートレース・読書に散歩

 

火花の中では、

唯一嫌いなベージュのコーデュロイパンツをはいていた・・・・

主人公と神谷が夜通し語らい卓球をしたことも・・・

自宅の場所など実話をエピソードとしていることが多数

 

橋本さんは高校時代に卓球部に所属していたんです!!

 

又吉直樹さんと橋本武志さんは、売れない時代に

2人一緒に多くの時間を過ごしていたそうで、

酒を飲まずにコーヒーで漫才師とは・・・とか

共通の友人の話題で一晩中話していたそう・・・

 

小説に出てくる多くのエピソードは、

橋本武志さんと過ごした時間の中から抽出しているみたいです。

芥川賞って

昭和10年に直木賞と一緒に制定された賞

応募形式で賞を確定するものでなく

新聞や雑誌に発表された純文学単編作品の中で

最も優秀な作品が受賞

無名もしくは新人作家が対象となるのが芥川龍之介賞

正賞が懐中時計で副賞が100万円

火花が芥川賞受賞でどれだけ売れた

お笑い芸人の又吉直樹が芥川賞を受賞した火花ですが、

この受賞で気になるのがどれだけ売れたのかってこと・・・

なんと240万部!!

年間ベストセラーランキングで総合1位を獲得

実は芥川賞受賞作品が年間トップは初めての快挙

さすがにお笑い芸人が受賞したことで

世間の注目が高かったのでしょう。

3万部売れればベストセラーと言われる出版業界

240万部は驚異的な数字

お笑い芸人の傍ら書き上げた小説が芥川賞受賞で

小説家の傍らお笑い芸人に転身するかもしれないですね!!

最後に

又吉直樹の小説・火花が直木賞受賞作となった。

小説・火花の主人公の師匠・神谷のモデルは実際の芸人

神谷のモデルとなったのが、烏龍(ウーロン)パークの橋本武志

又吉と橋本の売れない時代のエピソードが小説の中に多数ある

2015年の年間ベストセラー1位に芥川賞受賞作品が初めてなった。

 

3万部売れればベストセラーと言われる中、240万部と驚異的な数字を記録

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-エンタメ
-, ,

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.