スポーツ テニス

大坂なおみの国籍選択問題なぜ日本?

投稿日:

Pocket

テニスの大坂なおみ選手は、

日本人の母親とハイチ出身アメリカ人の父親の間に生まれたハーフ

彼女の国籍が日本とアメリカと2つの国籍があり

どちらの国籍を選択するのかと

日本とアメリカのテニス協会が注目しています。

今回は、大阪なおみ選手の国籍選択問題について

見てみたいと思います。

スポンサーリンク

大坂直美選手の国籍がなぜ2つ?

アメリカ人の父親で日本人の母親の間に

1997年10月16日に大阪市で生まれました。

 

4歳でアメリカに移住してアメリカで暮らしています。

 

日本は、一方の親が日本人なら

日本に住んでるかどうかは関係なく日本国籍となります。

2つの国籍を認めていませんが、

成人するまで2重国籍の状態でいられて

成人した時に国籍を選択するようになります。

 

アメリカは、アメリカ国内で生まれればアメリカ国籍になります。

そして国外で生まれたケースでは、

一方の親がアメリカ人ならアメリカ国籍となります。

アメリカでは2重国籍を認めていて

2重国籍の人が大勢いるのですが、

問題が多数発生しているので、

法的には、認めているのですが

あまりよく思っていないようです。

 

大坂なおみ選手の場合には、

母親が日本人なので日本国籍があり

大阪で生まれていますが、

父親がアメリカ人なので、アメリカ国籍があるという

2重国籍状態となります。

 

大阪出身だから大坂なおみなの?っと海外では質問されるそう。

日本人なら質問にならないことですが、

アルファベット表記になると一緒なので、

外国では、疑問に思われるそうです。

 

日本の国籍法では、

22歳までに国籍を選択するようになっています。

2017年の年齢は、19歳なので

2020年の東京オリンピックの年には、

国籍を選択することになります。

スポンサーリンク

大坂なおみ選手の国籍問題 なぜ日本?

大坂なおみ選手の国籍が問題となっているのは、

才能あるテニスプレーヤーだからで

更に本人は、

2020年の東京オリンピックについて

日本代表として出場したい希望があること

 

これに危機を感じているのがアメリカテニス協会

将来スター選手になる可能性の高い選手なので

アメリカ人プレーヤーとして確保しておきたいのが実情で

大坂なおみ選手が

アメリカ国籍を選択するように動いているようです。

 

ウィリアムス姉妹の後にスター選手が育っていないことも

大坂なおみ選手の国籍選択に興味を示しているようです。

大坂なおみ選手の国籍選択しても2重国籍

日米のテニス協会が大坂なおみ選手の国籍選択に興味津々ですが、

仮に大坂なおみ選手が日本国籍を選択したとしても

2重国籍の状態に変わりがないようなんです。

 

日本では、22歳までか20歳以上で2重国籍になった場合には、

2年以内に国籍を選択する必要があることになっています。

大坂なおみ選手の場合には、

22歳までに国籍を選択することになります。

仮に彼女が日本国籍を選択すると

アメリカ国籍を放棄しないといけませんが、

ただ努力義務なんだそうです。

強制でなく努力義務なので、

2重国籍のままでも罰則があるワケではないそうです。

 

一方のアメリカですが、2重国籍を認めているので

アメリカ国籍を放棄することはありません。

 

アメリカ側からみれば、

日本国籍を選択したとしても2重国籍のままなんです。

 

ただ大坂なおみ選手が日本国籍を取得すると宣言するだけの話

 

東京オリンピックに日本代表として出場したい場合に

日本国籍を選択することを宣言するだけで

彼女自身には、何も問題がありません。

 

問題となるのはテニス協会だけということなんですね。

日本人としては、大坂なおみ選手が日本人として

テニス界で有名になってもらいたいのが本音でしょう。

 

アメリカ側からみれば、スター選手となる可能性があり

アメリカで育った選手を取られてしまう感覚でしょう。

 

将来トップテニスプレーヤーになる可能性があるからこそ

大坂なおみ選手の国籍選択が問題になっているようです。

最後に

国籍について各国で法律が違うことで

難しい感じがすますが、

どの国の立場で国籍を考えるのかで

グレー部分があるので2重国籍状態を続けられる感じですね。

 

日本の立場から考えると、

日本国籍を選択すると宣言することが有益に思いますが、

アメリカの立場だと宣言しようが2重国籍のまま

 

大坂なおみ選手が日本国籍を選択して

東京オリンピックには、

日本代表で出場して金メダルを目指してもらいたいですね。

スポンサーリンク

-スポーツ, テニス
-

執筆者:

関連記事

フィギュアスケート四大陸選手権2016 宇野昌磨選手のショート演技

Contents1 フィギュアスケート四大陸選手権2016の日程2 四大陸選手権に出場する日本の選手3 宇野昌磨選手のショート演技の結果!! フィギュアスケート四大陸選手権2016の日程 フィギュアス …

マラソン福士選手 タイム2時間22分17秒でリオ五輪決まる!!

マラソン福士選手 タイム2時間22分17秒でリオ五輪 リオデジャネイロオリンピック女子マラソン日本代表選考で、 福士選手がリオ五輪女子マラソン日本代表に正式決定 リオデジャネイロオリンピック女子マラソ …

松山英樹選手のプレーオフ動画

先日、ゴルフのアメリカ男子ツアーのウェイストマネジメント フェニックスオープンで 松山英樹選手が、リッキー・ファウラー選手と壮絶な4ホールものプレーオフの末に 2シーズンぶりとなる優勝をして、日本人選 …

レスリング女子 伊調馨 決勝でまさかの敗戦!!

レスリング女子のリオデジャネイロオリンピックで4連覇を狙う 女子58キロ級の伊調馨選手が1月29日に ロシアのクラスノヤルスクで開催されたレスリング女子ヤリギン国際の決勝で、 モンゴル選手になんとまさ …

桑田と清原のドラフト「KK事件」の真相!!

プロ野球のドラフト史上、最も衝撃が高かった出来事は、 1985年の「KK事件」桑田と清原のドラフト指名ではないだろうか・・・? 当時、桑田真澄氏は早稲田大学進学希望してプロ入りはしないと公言していた。 …