スポーツ

びわ湖毎日マラソン2016 川内が一般参加!!

投稿日:

Pocket

男子マラソンのリオデジャネイロ五輪代表選考レースの最後がびわ湖毎日マラソン2016

“最強市民ランナー”の川内優輝(29・埼玉県庁)が、

びわ湖毎日マラソンで一般参加出場受付をしました。

この日に29歳の誕生日を迎えた公務員ランナー川内優輝選手

2010年の東京マラソンで市民ランナーながら2時間12分36秒のタイムで

1位と17秒差という僅差で4位に入賞しました。

翌年の東京マラソンでは、2時間8分台で日本人トップの3位入賞

この3位入賞で一躍マスコミで有名になり、世界陸上などに出場

2014年のアジア大会では、銅メダルを獲得した川内優輝選手

ロンドンオリンピック選考では、落選している川内優輝選手は、

オリンピック出場への思いは強いのですが、

福岡国際マラソンでは、低調に終わり、日本人4位で総合8位でした。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2013/01/17/jpeg/G20130117004997640_view.jpg

しかし、その2週間後には、防府読売マラソンに出場して2位入賞

そして、最後のオリンピック選考レースとなるびわ湖毎日マラソン2016に出場

オリンピックへの挑戦はこれが最後のつもりと語る川内優輝選手は、

びわ湖毎日マラソンでどのような走りをするのかが楽しみです。

なぜなら、男子マラソンのリオ五輪代表選考は混迷状態だからです。

12月の福岡国際マラソンでは、佐々木悟選手(30・旭化成)が、

2時間8分56秒のタイムで走り五輪代表選考では一歩リードしている状態

しかし、2月の東京マラソンでは、タイムが低調で、2時間10分すら切れていない

びわ湖毎日マラソンの川内優輝選手の走り次第で

さらにオリンピック代表選考を混乱させる可能性があるのです。

五輪代表選考基準では、複数の選考レースに出場した場合、

五輪派遣設定記録(2時間6分30秒)を突破しない限り、

最初に出場した選考レースの記録が優先されるのです。

福岡国際マラソンで日本人4位に終わった川内優輝選手は、

五輪代表選考対象になるにはびわ湖毎日マラソンで

五輪派遣設定記録を突破する必要があります。

川内優輝選手の自己ベストは2時間8分14秒ですから、

五輪代表選考対象になるには、極めて厳しい条件です。

川内優輝選手は、もうリオデジャネイロオリンピック出場断念済みで

条件を考えれば厳しいが、できる限り走ることが、

五輪挑戦に区切りをつけるために必要と語り

びわ湖毎日マラソン2016は、

2017年ロンドン世界選手権への第一歩としている。

しかしもし、川内優輝選手が派遣設定記録を突破できなくても

福岡国際マラソンや東京マラソンの日本人1位選手よりいいタイムで

しかも自己ベストに近いタイムでびわ湖毎日マラソン2016で

日本人選手のトップとなった場合が面白くなる。

五輪代表選考基準だと川内優輝選手は日本人トップでも選考外

しかし記録が低調の東京マラソン組や、

びわ湖毎日マラソンの日本人2位以下の選手も選考しずらい状況となり、

佐々木選手以外のあと2人を選ぶのが非常に困難になるからだ。

女子マラソンの福士加代子選手が名古屋強行出場かどうかでもめていた時に

川内選手はうらやましそうに、力のある選手は何でもできる。

私もかき乱してみたいと語っていたのですが、

今回、巡ってきた絶好のチャンスに、公務員ランナーがどう走るか?

マラソン選考の大混乱を引き起こすことができるか・・・?

そして、もう一人は中本健太郎選手がびわ湖毎日マラソン2016に出場します。

2012年のロンドンオリンピックの男子マラソンで6位入賞

2013年の別府大分毎日マラソンでは川内選手と競い合って

2時間8分35秒の自己ベストで2位に入賞しました。

2013年の世界陸上モスクワ大会でも5位入賞と

安定した走りが持ち味です。

しかしここ2年間は、故障や体調不良のために結果を残せていませんが、

びわ湖毎日マラソンで復活して、ロンドンオリンピックに続く

男子マラソン代表の座を狙っています。

スポンサーリンク

-スポーツ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

中村美里選手が 柔道敗者復活選手と対戦して勝利!!

4年に一度のスポーツの祭典オリンピックが ブラジルのリオデジャネイロで開幕しました。 メダルの期待が大きい柔道では、 柔道女子52キロ級に中村美里選手が登場 悲願の金メダルへ向けて挑戦しました。 中村 …

レスターでの岡崎選手の評価

岡崎選手の評価を年俸で見ると・・・ 今や海外で高く評価されている岡崎慎司選手。 年俸が選手の評価の基準となりますが、 Jリーグ時代の年棒は3500万円でした。 そこからシュトゥットガルドへ移籍して、 …

田阪登紀夫wiki風プロフィール!!現在の職業は?

2017年卓球世界選手権で日本代表が大活躍しています。 男子ダブルスでは、1969年世界選手権以来と48年ぶりとなる 決勝進出を果たしたのが大島祐哉選手・森薗政崇選手のペア 48年前に決勝へ進出した日 …

柔道 松本薫が体罰に耐えオリンピック2連覇へ!!

Contents1 柔道 松本薫選手 体罰乗り越えオリンピックで金メダル2 松本薫選手のプロフィール3 女子柔道界の体罰を告発したのが松本薫選手?4 野獣 松本薫選手がかわいいと評判!! 柔道 松本薫 …

バドミントン日本代表男子選手紹介!! リオデジャネイロオリンピック

リオデジャネイロオリンピックのバドミントン競技 バルセロナオリンピックからオリンピックの正式種目となったバドミントン リオデジャネイロオリンピックでは、 男女シングルス・男女ダブルス・混合ダブルスの5 …