ペットボトルに熱湯を入れても大丈夫?熱湯消毒の方法は?

Pocket

今回はペットボトルに熱湯をいれたらどうなるのか?熱湯消毒についてまとめてみました。

「情報総合案内所」にお越しいただきありがとうございます。

どうも!猿吉です!!

ペットボトルって持ち運ぶのに便利ですけど再利用はカビ菌の繁殖があるから衛生上しない方がいいって知ってますか?

でも便利だから使い回したいですよね!

ただペットボトルって熱湯には弱いので消毒するのに熱湯を使うのはやめた方がいいみたいです。

今回はペットボトルに熱湯をいれたらどうなるのか?熱湯消毒の方法などをまとめてみました。

では早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

ペットボトルに熱湯を入れるとどうなる?

ペットボトルに熱湯を入れても大丈夫?熱湯消毒の方法は?

 

ペットボトルを消毒するのに熱湯を使ったり、寝るときに足を温める湯たんぽとして使うのに熱湯を入れたりしますね!

 

ペットボトルに熱湯を入れるとどうなるのか?

 

まず

  • ペットボトルにはいくつかの種類がある
  • 熱湯の温度によって違いがある

があるので全て同じ結果になりません。

 

ペットボトルの種類
  • 無菌充填用ペットボトル(薄くて軽い普通のペットボトル)
  • 耐熱用ペットボトル(熱に強い!)
  • 耐圧用ペットボトル(内側からの圧力に強い!)
  • 耐熱圧用ペットボトル(熱にも圧力にも強い!)

大きく4種類のペットボトルがあります。

 

熱湯をいれても大丈夫なタイプが耐熱用のペットボトル

耐熱用なので熱に強いからです。

 

温かい飲み物が入っているペットボトルが耐熱用と考えていいですね!

 

でも耐熱用といっても沸騰したばかりの熱湯をいれてもいいほど熱に強くないので注意が必要です!!

 

耐熱用のペットボトルの見つけ方

ペットボトルが耐熱用なのか見分けないと熱湯をいれたらペットボトルが縮まちゃって使えなくなりますね!

 

耐熱用のペットボトルかどうか見分ける方法は

キャップの色!!

 

キャップの色がオレンジ色だと耐熱用になります。

温かいお茶のペットボトルがそうですね!

 

キャップがオレンジ色はホット飲料の目印になっています。

 

ホット飲料のペットボトルなら熱湯をいれても大丈夫という事になります。

 

キャップの色以外の見分ける方法はキャップじゃなくて口元を見る事

キャップを外したペットボトルの口元が白いなら耐熱用になります!!

 

ペットボトルを加工する時に口元の部分が白くなるんだそうです。

 

ペットボトルに入れる熱湯の温度

耐熱用のペットボトルですけど沸騰したばかりの熱湯を入れる事は出来ません。

 

耐熱とあってもそれほど熱に強くないんですね!

 

  • 通常のペットボトル 耐熱温度 50℃程度
  • 耐熱用ペットボトル 耐熱温度 85℃程度

 

耐熱用で85℃なので沸騰している100℃の熱湯をいれるとだんだん縮まっていきます。

 

熱湯消毒する時やペットボトルに熱湯を入れる時には85℃までの熱湯にしないとペットボトルの形が崩れて使えません。

 

熱湯を入れると変形する?

ペットボトル耐熱用でも沸騰した熱湯をいれれば縮んで変形します。

 

ペットボトルが使われているプラスチックは高温で柔らかくなる性質があるそうです。

 

だから熱湯を入れると縮んで変形するんですね!

 

変形するだけならいいのですが、有害物質が発生すると怖いですね!

 

直接、口をつけて飲むものなので有害物質を使用していることはありません!!

 

熱湯をペットボトルに入れても縮んで変形するだけで有害物質が発生することはないので心配しなでいいようですね!

スポンサーリンク

 

ペットボトルの熱湯消毒方法

ペットボトルは基本的に衛生上使い回さない方がいいです。

でも持ち運びに便利なので使い回したいですよね!

再利用するのに熱湯消毒するとどうなるでしょう?

熱湯消毒はNGです。

ペットボトルの耐熱温度が85℃なので縮まって変形してしまいます。

煮沸消毒したら使いものにならなくなりますので他の方法で消毒するしかないですね!

基本的に使い回しをしない方がいいものですから…..

食器洗い機は熱がこもりやすく水圧が高いのでペットボトルが変形する可能性があるのでやめましょう。

ペットボトルの消毒方法は

  • 赤ちゃんの哺乳瓶を殺菌する消毒液のミルトンを使う
  • キッチンハイターなどの漂白剤を使う
  • お酢やクエン酸で殺菌する

漂白剤では塩素系よりも酸素系の方が取り扱いが簡単です。

スポンサーリンク

ペットボトルを電子レンジで温めるとどうなる?

ペットボトルに熱湯を入れると変形する可能性がありますが、電子レンジに入れたらどうなるのでしょうか?

冷たくなったペットボトルの中身を温めるのに簡単で便利ですよね!

でも電子レンジでペットボトルを温められません!

やはり変形や破損する恐れがあるので電子レンジを使用できません!

ペットボトルの中身をコップに移して電子レンジで温めなおすしかないですね!

ペットボトルを湯たんぽに出来る?

冬の寒い時に温かく過ごすのに便利な湯たんぽ

ペットボトルを湯たんぽとして使うのはどうでしょうか?

ペットボトルに熱湯を入れると変形してしまいますが、耐熱用のペットボトルは85℃まで大丈夫なので沸騰した熱湯をいれなければ湯たんぽとして活用できます。

耐熱用のペットボトルに85℃までの熱湯をいれれば変形しないで湯たんぽとして利用できます。

冬の寒い時に寝る前に湯たんぽがあると温かくなって寝やすいですのでペットボトルを湯たんぽとして利用してみてはどうですか?

ペットボトルに熱湯を入れても大丈夫?熱湯消毒の方法は?

いかがでしたか?

ペットボトルに熱湯を入れても大丈夫?熱湯消毒の方法は?についてまとめてみました。

 

耐熱用のペットボトルでも85℃までなので沸騰した直後の熱湯をいれると変形してしまいます。

 

熱湯を入れたい場合には、耐熱用のペットボトルへ85℃までの熱湯を入れるようにしましょう。

 

耐熱用のペットボトルの見分け方はキャップのオレンジ色か口元が白いもの

 

熱湯消毒すると変形してしまうので消毒には

  • お酢やクエン酸を利用
  • 塩素系か酸素系の漂白剤
  • 赤ちゃんの哺乳瓶の殺菌剤

 

基本的にペットボトルは衛生上、使い回しできないので使い回しするには湯たんぽとして利用する程度にした方がいいですね!

 

最後まで読んでいただいて

ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ほったらかしで日給1万円も可能なFX自動売買システム(EA)を無料プレゼント中!!(期間限定)

詳細はここをクリック!(^^)!