ベイカー茉秋がベンチプレスでリオデジャネイロオリンピック金メダル!!

日本のお家芸である柔道の復活をかける

リオデジャネイロオリンピック

柔道男子90キロ級金メダル候補が、

東京オリンピックのエース候補のハーフ柔道選手

身長178センチ・体重90キロのイケメン・筋肉マンで

大学生のベイカー茉秋選手

お父さんがアメリカ人でお母さんが日本人のハーフ

パワーアップの為に日々ベンチプレスで筋力アップに

励んで初めてのオリンピックで金メダルに挑戦

スポンサーリンク

 

ベイカー 茉秋選手のプロフィール

名前 ベイカー 茉秋(ベイカー ましゅう)

生年月日 1994年9月25日

出身 東京都千代田区

身長 178センチ

階級 90キロ級

段位 参段

得意技 大内刈

出身校 東海大学に在学中

006

http://ice.homemate.co.jp/isc/judo/tournament/info/tokyo/2015/photo/20151206/men/006.jpg

 

ベイカー茉秋選手のベンチプレストレーニング

姿勢が悪いのを矯正するのに6歳の頃に柔道を始めたとか

小学校5年生で全国大会に出場しますが、

中学では都大会準優勝が最高の成績と

全国クラスの選手ではなかったんですね

高校入学時の階級は、66キロ級と軽量級の選手

ベイカー茉秋選手を団体戦のエースにしたい高校の監督が、

食事面で徹底ケア・・・1日7回の食事で体重増量に成功

朝食・昼食・夕食の3回に

2時間目の休み時間・放課後の練習前・夜の練習前・寝る前の4回

柔道の稽古を積みながらの体重増量ですから、

体重が増えない時期もあったようで、

泣きながらご飯を食べた辛い時期があったそうです。

そしてパワー柔道の為にベンチプレスで日々ウェートトレーニング

ベイカー茉秋_筋肉_画像01

http://ethan-joumal.com/wp-content/uploads/2014/11/ベイカー茉秋_筋肉_画像01.jpg

高校2年では、20キロ体重増量して81キロ級まで階級アップに成功

高校3年では、階級をさらに90キロ級に2年で30キロの体重アップ

ベンチプレスは、145キロこなすまでの怪力に変身

高校の監督の思いに応えて団体戦エースへと成長したのです。

徹底的食事管理とベンチプレスで筋肉増量の成果は、

高校選手権で個人戦でオール一本勝ちのパーフェクト優勝

団体戦でも大将を務めてチーム初優勝へ貢献

全国高校選手権・金鷲旗・インターハイの高校3冠を達成

ベイカー茉秋選手の公式試合の一本勝ちの連勝記録は46!!

高校柔道界では、敵なしの存在となって、

違う世界から突然舞い降りた異星人なんて噂も・・・

高校生でありながら講道館杯で3位入賞

東海大学に進学して、1年生で講道館杯準優勝

シニア国際大会初出場となったグランドスラム東京大会では、

いきなり元世界チャンピオンを有効で破って優勝!!

しかしベンチプレスのトレーニングは忘れていません!!

2014年初めての世界選手権に出場して2回戦敗退も

世界団体決勝では一本勝ちして日本チーム優勝に貢献

2015年の体重別で大学の先輩を破り優勝

2回目の世界選手権代表になり3位入賞

この時には、ベンチプレス160キロを記録してます!!

スポンサーリンク

 

食事は、高校時代の辛い食事と異なり、

食欲旺盛で、なんと1回の食事で

牛肉300グラム・ごはん800グラムのステーキ丼を

調子がいいとおかわりするほどだとか・・・

これだけの食欲とベンチプレスのトレーニングで

これだけの肉体に改造できたのでしょうね

2015年のグランドスラム大会は3大会で優勝

グランドスラムパクー大会では準決勝までオール一本勝ちして優勝

グランドスラムチュメニ大会・グランドスラム東京大会でも優勝

そしてリオデジャネイロオリンピック代表選考大会の体重別

決勝で敗れて準優勝だったのですが、実績が評価されて日本代表に

 

 

ベイカー茉秋選手がオリンピックに憧れたのは・・・

井上監督がシドニーオリンピックで金メダルを取る姿を見てから

オリンピックという憧れの舞台で

井上康生監督が金メダルを獲ったように

自分も金メダルを獲りたいとコメントしたベイカー茉秋選手

ハーフの柔道選手が日本柔道復活のエースとなるのか・・・?

リオデジャネイロオリンピック柔道男子90キロ級の試合は、

8月10日に注目したいです。

スポンサーリンク