【必見!!】超攻撃型ナンピンEAでリスクが最小限のツールが登場!!

Pocket

どうも!!

猿吉です(^_-)-☆

今回は超短期間で驚異的な爆益を放つFX自動売買ツール(EA)の募集が始まったので詳しく紹介します!!

攻撃型ナンピンEAなんですけどリスクを最小限に抑える事を可能した抜群の性能なんです。

2週間で運用資金を回収してしまうほどの利益を上げる高性能のEAってどんなんでしょう?

詳しく見ていきましょう!!


Add friend

ウルフ2(超攻撃型ナンピンEA)って?

【必見!!】超攻撃型ナンピンEAでリスクが最小限のツールが登場!!

超攻撃型ナンピンEAの「ウルフ2」を開発したチームはブルドックやチワワといったEAやバイナリーオプションのシステムを開発しています。

ブルドックやチワワのユーザーは400人以上でバイナリーオプションのシステムは月額制ですが継続率が90%以上あります。

それだけ優れたツールを開発するチームがリリースしたのが今回の「ウルフ2」となります。

ウルフ2が爆益を上げられるのは…..

相場の集中する売買ポイントを的確に判断してトレードを行うので爆益が可能となるんですね!

ウルフ2の実績データ

ウルフ2のバックデータです。

ポンド/円
ユーロ/円

過去のデータだけではありませんよ!

現実的にしっかり利益を上げています。

11月 9400ドル(約100万円)
12月4日 68ドル(約7500円)
12月6日 115ドル(約1万5千円)
12月10日 224ドル(約24500円)
12月13日 974ドル(約10万円)

実績データは証拠金100万円での運用です。


Add friend

ウルフ2(超攻撃型ナンピンEA)の特徴

ウルフ2のロジック

適応的戦略型ナンピンシステム

ウルフ2の取引通貨ペア

  • ドル円
  • ユーロドル
  • ユーロ円
  • ポンド円

ウルフ2のロット数

ユーザーが任意で設定可能

パソコンの性能

Windows7以上

ウルフ2の月利

平均月利は35%

ウルフ2の証拠金

投資では証拠金が多ければ多いほど利益が大きくなります。

余剰資金に余裕があるならば30万円~50万円で運用するのがいいですね!

しかしそんなに資金ないですけど…..

っという方でもウルフ2なら最低5万円からスタートできます。

ウルフ2(超攻撃型ナンピンEA)の機能

ウルフ2には特別な機能がついています。

超攻撃型ナンピンEAですがリスクを最小限に抑える機能がついています。

損切機能

損失額が証拠金の設定率になると強制決済

この機能があることで複利的にEAを使えるようになっています。

週持越しオンオフ機能

週持越しオフにして強制決済すればもし週末にある選挙や突然のテロなどで週明けに相場が荒れて資金が消滅することを避ける事が可能です。

週持越しオフにすれば週明けまでドキドキ不安を感じなくてゆっくり過ごせますね!

曜日毎の時間オンオフ機能

通貨ペアごとに任意に設定できて1日中稼働させないことも可能です。

クリスマス・年末年始などあらかじめリスクがあると判断できる曜日を避けることが可能です。

重要指標がある時などもEAをあらかじめストップできます。

エントリーモード機能

ウルフ2にはエントリーモードが2つ

  • activeモード
  • 非activeモード

  • 資産を爆発的に一気に増やしたいならactiveモード
  • しっかり資産を守りながらも増やしたいなら非activeモード

とエントリーの方法が選べます。

ウルフ2専用コミュニティ

ウルフ2のユーザー専用のコミュニティがあります。

このコミュニティには開発者やプロトレーダーがいてしっかりサポート体制があります。

ユーザー同士で稼働報告やウルフ2の設定の情報を交換したり、分からない事を開発者やプロトレーダーがサポートしてくれています。

一人パソコンとにらめっこということなくコミュニティで情報交換できるので孤独に陥らずに投資が出来るのが一番のメリットですね!

ウルフ2の購入方法

2週間でおよそ80万円の利益をあげるウルフ2

現在は発売記念としてかなり破格の価格となっています。

しかしウルフ2の性能を維持する目的から販売数には制限があるので制限に達した場合には予告なく販売終了となり場合があります。

運用資金5万円と低資金ですたーとできるので興味のある方はメッセージを下さい。


Add friend

上記に登録して

  1. ウルフ2システム希望
  2. EA利用経験の有無
  3. お名前

をメッセージして下さい。

お待ちしてます(^_-)-☆

 

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする