清原和博の今は・・・?

Pocket

覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで2日夜に捜査員が自宅マンションに踏み込み

現行犯逮捕された元プロ野球選手の清原和博(48)が、覚せい剤所持だけでなく

覚せい剤の使用についても認めていることが2月3日の警視庁への取材で判明したそうだ。

捜査員が2月2日の夜に清原和博の自宅マンションに踏み込んだ際に

なんと手に注射器を清原和博は持っていたそうだ。

家宅捜索では覚せい剤0・1グラムのほか、吸引用のパイプ・注射器などが押収された。

清原和博が、覚せい剤をやるときに使っていたと供述しているそうだ。

警視庁は、清原和博が覚せい剤を常習的に使用していた可能性があると見ている。

清原和博の今の捜査では、覚せい剤の入手ルートが最大の焦点となるであろう。

清原和博がすでに“完落ち”(完全に自供すること)寸前な状態がわかる。

それは、覚せい剤所持と使用を素直に認めているだけに、

購入先などの情報(誰に紹介されて・どこから入手したかなど)を

うたう(供述する)のも近い。

20160202-OHT1I50152-Thttp://www.hochi.co.jp/photo/20160202/20160202-OHT1I50152-T.jpg

今、清原和博がうたい(供述する)はじめたら

同じルートで覚せい剤を入手していたであろう

複数の有名芸能人や著名人らに捜査の手が回る可能性を指摘する声が出始めている。

警視庁は今回の清原和博のケースでは、内定調査に1年以上の歳月をかけていたらしい。

有名人が絡む薬物に関しては、特に慎重に長期間をかけて調査をする。

今回の清原和博の逮捕で、どれだけの衝撃が世の中に走ったのかを見れば納得できる。

今、もし清原和博が他の有名人や著名人の名前をうたう(供述する)としても

芋ずる方式ですぐに覚せい剤取締法違反で逮捕するのは、厳しいだろうが、

清原和博逮捕のように、今後内定調査が開始される可能性は高いはずで

将来、芸能界に衝撃が走る可能性が十分に含まれているはず。

今なぜ清原和博に内定調査が進められたのかを見てみると

清原和博の薬の情報に詳しい数人の人が、情報提供を捜査当局にしていたらしいのだ。

清原和博の薬物入手ルートを詳しく話した人や

清原和博のメールのやり取りという状況証拠を提供した人がいるそうだ。

今回の逮捕に関して情報を提供した人の中には、清原和博だけでなく、

芸能関係者・芸能人・著名人の名前を当事者しかわからない具体的証拠と一緒に

捜査当局に提供しているそうなのです。

今まで清原和博が覚せい剤を入手していた同じルートから、

複数の有名芸能人や著名人が入手しているそうで、

今回、清原和博が逮捕されたとなると、この情報の精度が高いと言えるでしょう。

今、清原和博と同じルートで薬を入手している有名芸能人や著名人は、

生きた心地がしていないのではないでしょうか・・・!!

スポンサーリンク