池井戸潤の高校や大学は?作家前の職業!空飛ぶタイヤが映画化

Pocket

TOKIOの長瀬智也さん主演映画「空飛ぶタイヤ」の主題歌を

サザンオールスターズが歌う事が決定しましたが、

この映画の原作は、池井戸潤の作品

池井戸潤さん「下町ロケット」や「陸王」

「半沢直樹」も彼の作品なんですね!!

そんな池井戸潤さんの出身高校や大学ってどこ?

作家以前の職業って何?と

池井戸潤さんの経歴について調べてみました。

スポンサーリンク

池井戸潤さんプロフィール

名前:池井戸 潤(いけいど じゅん)

生年月日:1963年6月16日

年齢:55歳(2018年)

出身地:岐阜県

出典 http://dreaming-baby.com

幼い頃から

みんなが元気になる小説が書けたらと思っていた池井戸潤さん

有名になる人って小さい頃から

凡人とは違った感覚があるもんですね!

1998年

 池井戸潤さんが35歳の時に

「果つる底なし」で江戸川乱歩賞を受賞

2010年

 「鉄の骨」で吉川英治文学新人賞受賞

2011年

 「下町ロケット」で直木賞受賞

今や書けば売れるベストセラー作家と言われる池井戸潤さん

「下町ロケット」「半沢直樹」「空飛ぶタイヤ」など

池井戸潤さんの原作がドラマ化されて

大ヒットしていますね!!

スポンサーリンク

池井戸潤さんの高校って?

池井戸潤さんは出身が岐阜県ですが、

出身高校も岐阜県内の高校でした。

池井戸潤さんの高校は

岐阜県立加茂高校という県立の高校

出典 https://pixabay.com

偏差値が56ほどの高校ですので、

岐阜県内で中堅の高校ですね!!

池井戸潤さんの時代には、

岐阜県立加茂高校は東大を含めて国公立大学へ

多数の合格者を出していたそうなので

当時の高校の偏差値はもう少し高かったのかもしれません!!

ちなみに

脚本家の北川悦吏子さんも同じ高校出身でした!!

池井戸潤さんは、「広報部」に所属していて

ニュース記事を書いていたそうです。

高校時代から既に書き物をしていたんですね!!

池井戸潤さんの出身大学って?

池井戸潤さんは慶応大学へ進学しています。

慶応大学の文学部と法学部卒業となっていて凄い!!

慶応大学文学部の偏差値が65

法学部はなんと偏差値70!!

慶応大学へは文学部に入学して

文学部を出てから法学部へ学士入学

大学の学士入学って

3年に編入できるシステムで

次の学部は2年間で卒業できるっていう事なんです。

出典 https://pixabay.com

池井戸潤さんは、慶応大学に6年間在学していた事になります。

作家志望で大学時代には、推理小説同好会に入っていたそうです。

作家になる為に

ひたすら本を読んでいたそうで

その頃からの習慣で、

本を購入した時のレシートをしおりにしているそう・・・

レシートをしおりにすると日付と店名があるので、

どこで本を購入したかすぐわかり

レシート一枚でその頃の事を思い出せるから

いい習慣だと感じているそうです。

大学卒業後に作家になれる確率は低いと思っていた池井戸潤さん

大学卒業後には就職していました。

スポンサーリンク

池井戸潤さんの職業って?

池井戸潤さんが大学卒業する時期はバブルの頃でしたが

就職は容易ではなかったそうです。

面接会場の全員が慶応大学の学生だったり

倍率が50倍くらいだったとか・・・

池井戸潤さんが就職した職業というのが銀行員

大学卒業後に三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)に就職

7年間銀行員として働いていたそうで、

中所企業に融資する仕事などを担当していたそうです。

出典 https://pixabay.com

銀行を退職した後に

顧客のデーターベースを作る会社を立ち上げて独立

一人で1日中働く状態が大変な事から

少しでも楽になれるように

お金の借り方の原稿を出版社に持ち込んでライターの仕事をしたり、

税理士や会計士向けの講演

ソフトウエアの開発をして販売と試行錯誤していたみたいです。

江戸川乱歩賞を受賞して作家になるのが夢だったので

独立1年目に始めて応募

最終選考で落ちた翌年に2度目の応募で受賞

どちらも銀行時代の職業を生かした作品でした。

江戸川乱歩賞受賞後には、

プロの作家として歩み始めたそうですが、

現在でも会社役員をしているそう。

会社役員を継続しているのが、

世の中の経済を理解できるからだそうで、

小説の執筆の参考にされるんでしょうね!!

最後に

TOKIOの長瀬智也さん主演映画「空飛ぶタイヤ」の原作作家

池井戸潤さんについて調べてみました。

高校卒業後に慶応大学の文学部へ進学

更に慶応大学の法学部と2つの学部を卒業したインテリ作家

大学卒業後に作家になれる確率は低いと就職した職業が銀行

7年間銀行に勤めて独立

独立2年目で江戸川乱歩賞を受賞して

作家としてデビュー

現在、書けば売れるベストセラー作家と言われています。

作家になる前の職業での経験を

作品に活かしているんですね!!

映画だけでなく原作の作品を読んだら

池井戸潤さんの作品の虜になっちゃいますね!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする