アメリカの総合格闘技団体ベラトールで活躍する

格闘家の加藤久輝さん

 

ベラトールって

北京オリンピックの柔道金メダリストの石井慧選手が参戦して

話題になったアメリカの総合格闘技団体ですね!

 

日本人で世界タイトルに最も近い男と言われていますが、

36歳という年齢で異色の経歴の持ち主

 

K-1初参戦で

K-1ヘビー級エースの上原誠選手と対戦に

注目されている加藤久輝選手

 

加藤久輝選手のwiki風プロフィールを紹介します。

スポンサーリンク

加藤久輝wiki風プロフィール

名前:加藤 久輝( かとう ひさき)

生年月日:1982年9月17日

年齢:36歳(2018年)

出身地:フランス・パリ

血液型:A型

階級:ミドル級(K-1ではヘビー級)

所属:ALIVE

出典 http://aliveacademy.net

 

父親が日本人で母親がフランス人のハーフ

フランスのパリで育ったことで

フランス語・英語を流暢に話して

日本語はちょっとカタコトになるのは

やはりフランスで過ごした時間が長いからでしょうね!

 

幼い頃には、

父親が柔道をしていた関係で柔道を始めたそうですが、

 

ハンドボールが盛んなフランス

 

加藤久輝選手もすぐにハンドボールを始めました。

フランスのソフィジャーマ高校を卒業

日本のハンドボールの実業団トヨタ車体に入部

 

ハンドボールで日本代表に選ばれる程の実力の持ち主

でも足首の故障からハンドボールを引退して

故郷のフランスへ戻りました。

 

現在は愛知県名古屋市に住んでいるようです。

ハンドボールの実業団がトヨタ車体だったので

名古屋は住み慣れていたからですね!

 

加藤久輝選手が所属するALIVEも名古屋市

総合格闘技とブラジリアン柔術の道場

 

 

フランスに戻ると

自宅の近所にあった空手道場へ入会

 

 

ここから格闘家としての経歴が始まります。

空手を始めて1年後には

総合格闘技の北斗旗全日本空手体力別選手権大会に出場

この大会って

打撃技・投げ技・寝技が認められた着衣による大会

その無差別級で初出場で優勝

そして5連覇の偉業を達成してます。

 

2013年からはHEATに参戦

HEATというのが

名古屋の格闘技事務志村道場が

名古屋出身の選手たちの戦いの場として

2005年2月に総合格闘技イリュージョンとして旗揚げした団体

キックボクシングと総合格闘技を混合した団体だそう・・・

 

愛知県を主体にしているのは

やはりハンドボール選手時代に愛知県の実業団に所属してたからでしょうね!

 

HEAT参戦の1年後には、

ミドル級王座決定戦で1R53秒にパンチの連打でTKO勝ちして

ミドル級王座を獲得

 

2015年からベラトールに参戦

2016年には名古屋でRIZINに参戦

DEEP王者の悠太選手を秒殺KO勝ち!

 

RIZINって

PRIDEをしていたドリームステージエンターテイメント代表の

榊原信行氏が設立した日本の総合格闘技団体

 

世界にあるあらゆる格闘技団体から

よりすぐりの団体の代表選手が集まって参加する大会を

開催している団体でもちろん賞金があります。

 

今回K-1初参戦でヘビー級のエース上原誠選手と対戦

完全決着の試合になるとKO予告してました。

 

K-1参戦の理由は、

プロ格闘家を引退する前には一番有名な場所で試合したいという希望があり

日本で有名なK-1を選んだみたいですね!

 

自分を試して勝利すれば現役続行

負ければそれで終わりっという気持ちで

K-1参戦するそうです。

 

加藤久輝選手が強いっていっても36歳ですから!

年齢的体力的にも限界が近くなっている年齢ですので、

常に引退とは背中合わせなんでしょうね!

 

ハンドボールから総合格闘家・・・

次には何に挑戦するんですかね?

 

スポンサーリンク

加藤久輝選手の格闘家としての強さって

加藤久輝選手が格闘技を始めたのが

ハンドボール選手を引退してから

年齢が26歳と凄い遅いのですが、

 

ハンドボールって凄い接触プレーの多いスポーツ

 

 

ジャンプした時に体をぶつけられるのは当たり前!

体をぶつけられないだけの身体やスピードが不可欠

ぶつけられてもバランスを崩さずにシュートするパワーと

ボールを絡めた格闘技といってもいいかもしれません。

 

その競技で日本代表になった加藤久輝選手ですから

身体能力は想像以上のもの

しかもフランス人の血もあるので

日本人にはないヨーロッパ人のパワーが備わっています。

 

格闘技でのパンチもハンドボール選手時代の技術が・・・

パンチを繰り出す時の動作では

ハンドボールの投げ方やステップが半分入っていて

ハンドボールで鍛えた強肩がパンチの源となっているようです。

 

格闘家としてプロデビューしたのが

30歳を過ぎてからで精神的ストレスがなくて

やりたいことをやっているだけというのも

勝ちにこだわるプレッシャーがないのも

加藤久輝選手の強さの秘訣かもしれません。

 

ハンドボールで日本代表を経験している事も強さの一つですね!

 

加藤久輝選手が

格闘家としてどこまでいけるか追及したいとコメントしてますが、

年齢的に時間がない中で常にチャレンジャーでいて

防衛しなきゃいけないものがないことも

加藤久輝選手の強さの秘訣でしょう。

スポンサーリンク

最後に

K-1初参戦でK-1ヘビー級エースの上原誠選手と対戦する

加藤久輝選手についてwiki風プロフィールを紹介しました。

 

ハンドボールの日本代表からプロ格闘家と異色の経歴の持ち主

しかも父親が日本人で母親がフランス人のハーフ選手

 

プロ格闘家となったのが30歳を過ぎてからと遅いのですが、

さすがにハンドボールの日本代表までなった身体能力と

ハンドボールの技術を格闘技に応用できた事が

強さの秘訣のようです。

 

現在36歳の加藤久輝選手ですが

もう少しプロ格闘家として活躍をしてもらいたいですね!