前田尚毅の年収や経歴!技術や評判は?嫁や子供について【情熱大陸】

Pocket

【情熱大陸】で前田尚毅さんが紹介されます。

現在、サスエ前田魚店の5代目の前田尚毅さん

国内外の料理人からオファーがあるほどの技術

前田尚毅さんの技術やテクニックに年収や経歴に興味がありますね!

現在、結婚して嫁や子供がいるのでしょうか・・・?

前田尚毅さんの職人の技術やテクニックや評判に

サスエ前田魚店の社長としての年収や経歴などのプロフィール

結婚して嫁や子供がいるのかについて調べてみました。

スポンサーリンク

前田尚毅さんプロフィール

名前:前田尚毅(まえだなおき)

生年月日:1974年(月日不明)

年齢:43歳(2018年)

出身地:静岡県焼津

学歴:静岡県立焼津水産高等学校

職業:魚職人・サスエ前田魚店店主

こちらが魚職人の前田尚毅さんの仕事風景

前田尚毅さん経歴

小さい頃にはぐずるとお母さんがエビやイカを口に入れてくれてたそうで

小学校の頃には港で魚の水揚げを見てから学校へ通っていたそうで

魚と縁が深いんですね!

出典 https://pixabay.com

さすがに創業60年の老舗の魚屋の息子さん

赤ちゃんの頃から自然と魚と触れ合っていたんですね!

お祖父さんからどんな魚が美味しいのか

魚のさばき方の技術を教えてもらっていたそうです。

高校は静岡県立焼津水産高校ですから

中学の時に実家を継ぐ事を決めていたのでしょう。

高校時代には魚のセリの記録係など

やはり魚に関するアルバイトをしていました。

大学へは進学せずに魚職人としての仕事を始めます。

現在の前田尚毅さんが43歳なので

魚職人として25年の経歴があるベテランの職人さん

前田尚毅さんの座右の銘が

「苦労なくして得るもの無し」

身長174センチ・体重94キロで角刈り頭の前田尚毅さん

怖そーな親方をイメージしますが

座右の銘のように仕事中は弟子や後輩には厳しい一面があるのですが、

販売するのに仕入れた魚が愛おしくて

店内の水槽で飼い始めることもある優しい一面もあるようです。

趣味も魚を食べる事という事で

前田尚毅さんは魚一筋の職人さんなんですね!

スポンサーリンク

前田尚毅さんの年収

国内だけでなく国外のシェフからも前田尚毅さんの魚が欲しいと言われる程の技術

前田尚毅さんの年収ってかなりあるんじゃないかと考えられますね!

出典 https://pixabay.com

前田尚毅さんが経営するお店・サスエ前田魚店の資本金が1千万円

お店のスタッフがおよそ30名と個人経営のお店としては

スタッフの人数がかなりいますね!

サスエ前田魚店は2店舗ありかなりの売上があるでしょう。

魚市場の築地で働く人の平均的年収が40歳で520万円ほどと

一般サラリーマン並みの年収

早朝で肉体労働なので年収は高いと思っていたので

魚職人の年収って一般サラリーマン並みというのは以外でした。

前田尚毅さんは魚職人の中でも海外のシェフからオファーが殺到する人物で

サスエ前田魚店の社長ですから年収は

一般の魚職人よりも高いのは確実なので

1000万円以上あると推定出来ますね!

儲けて年収を稼ぐというよりも

魚を追及する事が目的なんでしょうね!

前田尚毅さんの技術や評判

前田尚毅さんの魚職人の評判ですが、

サスエ前田魚店に魚をオーダーするのをみると評判が凄いのが理解できます。

「鮨よしたけ」ミシュラン三ツ星

「傳(でん)」The World’s 50 Best Restaurants 2017にランクイン

「星のや東京」ボキュース・ドールで世界3位の浜田統之氏が料理長

日本じゃなく世界で評判があるレストランから注文が入るのが

前田尚毅さんが提供する魚なんですね!

出典 https://pixabay.com

これだけでも、前田尚毅さんの評判がいかに凄いが理解できます。

前田尚毅さんが魚をさばく技術ってどうなんでしょう・・・?

魚のうまみを最高に引き出すのが前田尚毅さんの凄い技術で

前田尚毅さんの代名詞となっている「脱水」

魚をさばく技術で「脱水」って

洗濯機の脱水のこと・・・?っと素人はバカな創造をしちゃいますね!

前田尚毅さんの「脱水」技術というのが

魚を三枚にさばいて塩をして板に置く

魚を置いた板を斜めにして

魚から水分が出るのを待つという至ってシンプルな技術

単純で簡単じゃないのっと思いますけど

魚の種類や塩加減に板を斜めにする角度で

魚から出る水分の速さが変わるそうなので、

手加減を間違うと魚のうまみまで流れ出てしますんですね!

前田尚毅さんの技術が凄いのは

魚の状態を見て塩をして板の角度を変えて

いらない水分だけを魚から抜く見極めができる事なんです!

シンプルで簡単そうな技術を極めるのが

実は一番苦労する技術なんですよね!

それだけじゃありません!

前田尚毅さんは料理人それぞれ適した魚が違うので

注文された料理人の仕事場を創造しながら

魚を厳選して裁くんだそうです。

魚をさばくことを前田尚毅さんは「仕立て」と呼んでいるのは

料理人に適した魚を提供することからなんでしょうね!

魚をさばくのに特別な包丁を使用していなくて

3000円程度の包丁を研いではがなくなるまで使い倒すんだそうです。

そんな前田尚毅さんのお店には

飲食店の若手料理人が研修に来るんだそうです。

お昼前まで前田尚毅さんのお店にいて

魚の見かたやさばき方を修行しているそうです。

飲食店では経験できない魚の量や種類が体験できるそうで

若手料理人には技術アップに最高の環境なんですね!

前田尚毅さんの技術を伝授されるって

凄い貴重な体験でしょう。

現在ではアジアやアメリカの超一流レストランかも注文がくるそうですが、

前田尚毅さん空輸されることも当然考慮して魚をさばいているんでしょうね!

スポンサーリンク

前田尚毅さんが結婚して嫁や子供がいるの?

創業60年の歴史あるお店の5代目で魚職人の前田尚毅さん

気になるのは6代目となる子供がいる事ですね!

結婚されて嫁さんや子供がいるのでしょうか?

出典 https://pixabay.com

前田尚毅さんは結婚されてお嫁さんと子供がいます。

子供さんは女の子と男の子

男の子は幼い頃からサスエ前田魚店で前田尚毅さんをお手伝い

お父さんが家業を継ぐように強要したワケじゃなく

子供さんが興味があって自らお手伝いを始めたそうですよ!

6代目ができて安心かと思いきや・・・・

前田尚毅さんの子供さんは家業を継がない宣言!

歴史ある家業を継がないワケというのが泣ける!

子供さんの夢というのが

お父さんがさばいた最高の魚を握るお寿司屋さんになりたい!

高校卒業後にはすし職人として修行したいという事なんです!

家業を継がないといっても

魚に関係したすし職人ですから

やはりDNAなんでしょうね!

こうなると女の子が家業を継ぐ事を期待したくなりますね!

前田尚毅さんのお店

海外のシェフからも評判の高い前田尚毅さん

一度は前田尚毅さんのさばいた魚を食べてみたいですね!

前田尚毅さんのお店「サスエ前田魚店」は

静岡県焼津市に現在2店舗

料理人だけでなく一般の方も魚を購入できるようですが

店内では自家製干物・海鮮丼・にぎり寿司が販売されて

予約をすれば刺身も購入可能なんだそうです。

【サスエ前田魚店本店・西小川店】

住所:静岡県焼津市西小川4丁目15-7

電話:054-626-0003

営業時間:8時~17時

定休日:水曜日と日曜日

【サスエ前田魚店・本町店】

住所:静岡県焼津市本町4丁目10-31

電話:054-628-8228

営業時間:8時~17時

定休日:水曜日と日曜日

サスエ前田魚店のサービスが

1.その日・その時の旬な魚をおすすめする!

2.お客様が気に入った魚を三枚・刺身に!

3.魚を美味しく食べる料理方法を伝授!

4.干物・鮪など宅急便発送!

5.いつも元気に威勢よく対応!

元気に威勢よく対応されると気持ちいいですよね!

通販がないのが残念ですが、事前予約はしてくれるそうです。

気になる寿司や刺身などの値段ですが、

干物が1枚100円~

刺身一皿280円~という事でした。

魚の値段が一定じゃありませんので固定した値段じゃないようです。

お客さんのご予算や人数・用途にお好みの魚を聞いて

その日の一押し鮮魚で盛り合わせるそうなので

前田尚毅さんにお任せって感じですが、

予算を言えばその予算内で最高の技術でさばかれた

最高の魚が食べられるので

一度は予約してみたいですね!

お店へのアクセスですが、

本店はJR焼津駅から車で15分ほどの距離

歩いていくにはちょっと遠いですね!

一方、本町店はJR焼津駅から歩いて15分ほどです。

最後に

魚一筋の人生を歩む「サスエ前田魚店」5代目の前田尚毅さん

一つの事を極めるって本当に素晴らし事ですが

料理人がどうすれば200%力を発揮できる魚を提供できるかを

常に熟考しているという研究熱心な方なんですね!

高級な魚が美味しいワケじゃなく

1尾50円のイワシが食べる人を虜にするケースはたくさんあるって

前田尚毅さんが言うと説得力が全然違います。

魚屋版・巨人の星っと笑っていう前田尚毅さん

魚一筋40年の前田尚毅さん

極めた技術があるからこそ笑って言えるのでしょう。

前田尚毅さんの魚が気軽に購入できるようなシステムができるのを期待します。

でもその前に一度は前田尚毅さんのお店を訪れたいですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする