林真須美死刑囚の執行いつ?子供や旦那の現在について

Pocket

1998年に起きた和歌山カレー事件の林真須美死刑囚

事件発生から20年が経過した現在の林真須美死刑囚

死刑執行されずに刑務所の中で暮らしています。

オウム真理教の麻原彰晃死刑囚の刑が執行されて

林真須美死刑囚が刑の執行がいつ行われるのかと恐れている現在

林真須美死刑囚が無罪を訴えて再審請求している中

果たして林真須美死刑囚の刑が執行されるのがいつなのか・・・?

林真須美死刑囚の旦那や子供の現在について調べてみました。

スポンサーリンク

林真須美死刑囚の経歴

1998年7月25日に和歌山県園部の夏祭り会場において

カレーライスを食べた67人が病院に搬送されて

そのうちの4人が死亡

カレーの中に毒物のヒ素が入れられていて

急性ヒ素中毒を起こしたのです。

事件当初、食中毒と考えられたのですが、

調査した結果、亜ヒ酸というヒ素の酸化物がカレーに混ざっていたのが判明

事件現場の隣で暮らしていた林真須美死刑囚が逮捕されたのですが、

逮捕容疑が保険金詐欺の容疑で

旦那の林健治氏も林真須美死刑囚と一緒に逮捕されました。

カレーに亜ヒ酸が混ざっている事が判明して

亜ヒ酸を混入したという理由で

殺人及び殺人未遂容疑で再逮捕されました。

スポンサーリンク

林真須美死刑囚の現在

現在、林真須美死刑囚は大阪拘置所に収監されています。

出典 https://matome.naver.jp

首都圏連続不審死事件の木嶋佳苗被告のブログで

現在の林真須美死刑囚の様子が投稿されていたのですが、

ロス疑惑の三浦和義氏のアドバイスで

多数の民事訴訟をしているようですが白髪だらけだそうで

かなり心労があるようです。

木嶋佳苗被告に関してはこちら

木嶋佳苗のベッドテクニックが凄い?生い立ちや母親との関係

ホリエモンが服役中の頃には

林真須美死刑囚から手紙が届いたという噂も・・・

保険金詐欺容疑で逮捕された旦那の健治氏には

幾度となく離婚届が送られているそうです。

彼女自身が獄中生活を手記として出していて

歯抜けで髪が薄く白髪で顔がシミ・シワ・クスミだらけ

シワクチャババアと表現していて

三畳一間の獄中で一番恐ろしいのが鏡で顔を見る事

夏の暑さと冬の寒さが彼女を悩ませているとか・・・

東京と名古屋の拘置所には冷房が完備さているそうですが、

全国の拘置所で冷房が完備されているのはおよそ1割

大阪拘置所は暖房もないそうで、

森本学園の籠池前理事長は冬の寒さでしもやけができたと言っていて

林真須美死刑囚は使い捨てカイロを全身に貼って冬を過ごしているそうです。

そんな拘置所の処遇に対して

国家賠償請求訴訟を30件以上起こしている林真須美死刑囚

過酷な上に監視カメラと録音マイクで24時間監視

待遇から見ると極悪犯人のように思われますが・・・

一方で林真須美死刑囚が冤罪だという説があります。

直接的な証拠がなく状況証拠だけで有罪判決が出た和歌山カレー事件

事件現場で発見されたヒ素と林真須美死刑囚の自宅のヒ素が

違うタイプのヒ素だったこと

直接的な証拠がなく

しかも林真須美死刑囚がヒ素をカレーに混入する動機がなかったことで

冤罪と言われているのですが、

不正に数億の保険金をゲットした事で

あやしい人物とターゲットにされたのが林真須美死刑囚

林真須美死刑囚には現在も支援者が活動している状況です。

スポンサーリンク

林真須美死刑囚の刑の執行いつ?

オウム真理教の地下鉄サリン事件で麻原彰晃死刑囚の刑が執行されました。

世間では平成に起きた事件は次の年号に持ち越さないで

平成のうちに刑を執行した方がいいと言われています。

そんな中で林真須美死刑囚の刑の執行がいつなのか?

関心が集まりますが・・・

出典 https://pixabay.com

和歌山カレー事件が直接証拠がなくて

林真須美死刑囚に2009年に刑が確定したのですが、

すぐに再審請求して

2017年3月29日に棄却されています。

死刑囚のおよそ7割が再審請求をしているそうですが、

いつ刑が執行されるかわからない中で

少しでも執行されるのを伸ばす為とも言われているそうです。

過去には再審請求中でも刑が執行されているので

いつ執行されるかわからない状況ですから

死刑囚としては毎日穏やかじゃない心境でしょう。

しかし和歌山カレー事件のケースでは

状況証拠のみなので冤罪の可能性があるのでは?っと

疑問の声も上がっています。

林真須美死刑囚が容疑を否認して動機がなく確たる証拠がない・・・

この状況で刑を執行していいのだろうか・・・?と

実際に無罪だったのに刑が執行された場合には、

国の責任問題を問われることになるので

林真須美死刑囚のケースでは

刑の執行をいつするのかというのは

デリケートな問題なんです。

いつまでも刑が執行されずに

獄中で亡くなるというパターンもありますので

微妙な林真須美死刑囚の立場を考えると

刑の執行がいつなのかわからないうやむやな状態にして

老衰でなくなるのを待つ可能性もありますね!

しかし現在57歳の年齢ですから

数十年、執行がいつくるのかと不安な日々を送る事になり

逆に精神的に苦しい状況に陥ります。

林真須美死刑囚の旦那や子供の現在

和歌山カレー事件から20年が過ぎていますが

林真須美死刑囚の旦那さんや子供ってどうしているのでしょうか?

出典 https://pixabay.com

林真須美死刑囚の旦那さんが林健治氏

当時、保険金詐欺容疑で逮捕されました。

旦那さんとの間には4人の子供がいて

3人の娘さんと1人の息子さんで

長女・次女・長男・三女の順番で子供達は誕生しています。

旦那さんの健治氏は保険金詐欺で逮捕されて服役して出所

その後、脳内出血で倒れて不自由になり

現在は車椅子生活となっています。

林真須美死刑囚から幾度となく離婚届が送られてきたそうですが

現在も婚姻関係にあって林真須美死刑囚の無実を訴えています。

子供達は保険金詐欺で両親が逮捕された為に

その後は児童養護施設で暮らしていました。

両親逮捕以前には、保険金詐欺で得たお金で

子供達は贅沢に暮らしていたそうで、

札束を積み木がわりに遊んでいたというエピソードがあります。

両親逮捕後には生活が激変

養護施設に入った子供達

「ポイズン(毒)」というニックネームを付けられて

職員にはカレーライスを持っていくと

「ヒ素いれたんちゃうか」とからかわれたりと

暴力やいじめをされたそうです。

高校を卒業した長女は、弟や妹達の為に働く道を選択

大阪に出て1週間の野宿したそうです。

その後はアパレルメーカーで営業成績を上げて

月に50万~100万円を稼ぐようになったのですが、

結婚に関しては、相手家族が猛反対

次女も大阪に出て仕事をしていたのですが、

両親の事がバレるたびにクビに・・・

長男が高校時代にバスケットボールの試合で

「死刑囚の子供!」っと野次られたことがあったそうです。

高校卒業してからは仕事を幾度となく変えて

素性がバレて退職を迫られることもあったとか・・・

交際していた女性との結婚では相手親族の猛反対で破談

3人の娘さんたちの現在はそれぞれに独立して

両親と隔絶した人生を送っているそうです。

子供時代に受けた苦難を考えると仕方のないことでしょう。

長男は現在、和歌山市内で暮らして父親の健治氏の世話をしていて

現在でも母親と面会や文通をしているそうで

親子の絆を断つ気持ちになれなかったそうです。

和歌山カレー事件・林真須美死刑囚の支援者会に

旦那の健治氏と一緒に参加して

母親の無実を訴えています。

最後に

和歌山カレー事件の林真須美死刑囚の刑が執行されるのはいつ?

旦那さんや子供達の現在を調べてみました。

和歌山カレー事件って直接的証拠がなく状況証拠のみで刑が確定していて

事件当時、多額の保険金詐欺であやしい人物という事から

林真須美死刑囚が逮捕されました。

現在も無実を訴える林真須美死刑囚や支援者会

このような状況から刑の執行がいつなのかと調べてみましたが、

事件解決がグレーな状態で

林真須美死刑囚が冤罪という可能性があるので

国としても責任問題が発生してくることから

おそらくすぐに刑を執行する可能性は低いと思われます。

環境の厳しい獄中生活で刑が執行される前に亡くなる受刑者もいて

年老いてくるとこの環境に耐えがたくなってくることでしょう。

林真須美死刑囚の旦那は、保険金詐欺容疑で事件当時逮捕されて服役

出所後には、脳出血で倒れて身体が不自由になり車いす生活

旦那さんは妻の無実を信じて離婚しないで婚姻関係は持続しています。

事件後、子供達は擁護施設で暮らすようになり生活が激変

暴力といじめの苦難を受けながら育って

現在、3人の娘さんたちは、両親と縁を切って独立して生活

息子さんは母親の無実を訴えつつ

和歌山市内で父親の世話をしながら生活しているそうです。

林真須美死刑囚がいつ刑が執行されるのか

不安な日々を暮らしているでしょうけれど、

林真須美死刑囚の子供として誕生した4人の子供達の人生が非常に辛い

犯人じゃないのに子供という事で世間の冷遇にあって

仕事や結婚で困難な状況に合うって

林真須美死刑囚も親として辛かったでしょう。

実際に無実なのか・・・?

犯人なのか・・・?

闇に包まれた事件だったようですが

被害者の気持ちを考えると

事実関係を明かにしてもらいたいですね!

スポンサーリンク