エンタメ

木原武義の経歴!海賊の秘宝探しの理由や日本食レストランを調査【世界ナゼそこに日本人】

投稿日:

Pocket

【世界ナゼそこに日本人】で木原武義さんが紹介されます。

南米のコスタリカで日本食レストランを経営する木原武義さん

 

南米のカリブ海の無人島で海賊の秘宝を探しているという珍しい人物

 

木原武義さんの日本食レストランが6店舗あったそうで

8人と大家族の家族経営のレストラン

息子に任せたら4つのレストランが閉店になってしまったそう。

 

どうやらカリブ海の無人島で海賊の秘宝探しをしているワケが

日本食レストランの閉店にありそうですね!

 

木原武義さんがコスタリカに移住した経歴や

日本食レストランに海賊の秘宝探しについて調べてみました。

スポンサーリンク

木原武義さんの経歴

第二次世界大戦が終わった年の1945年に満州で生まれた木原武義さん

 

木原武義さんの現在の年齢が73歳!

73歳で海賊の秘宝探しをしてるって凄いパワーですね!

この年代の人って体力や根性が違いますね!

出典 https://pixabay.com

 

第2次世界大戦後に父親を亡くした木原武義さん

食べるのも大変だった暮らしを母親と兄弟で過ごしています。

 

高校卒業後に日本で働いていた木原武義さんに

知人から海外で働く話があって

海外で働きたかった木原武義さんはコスタリカへ移住します。

 

1980年に観葉植物の会社からコスタリカに派遣されたのですが

3年と短い月日で会社が倒産!

 

当時結婚していた日本人の妻とは離婚していて

コスタリカで1人ぼっちで無職になった頃に

知人の紹介で知り合ったのが現在のコスタリカ女性のお嫁さん

 

お嫁さんの名前はマリッツァさん

木原武義さんとは16歳の年齢差があるので

随分若い奥さんをもらったんですね!

 

お互いに再婚同士だったのですが、

妻のマリッツァさんには元旦那さんとの間に5人の子供が・・・

 

再婚して一気に5人の子供の父親となった木原武義さん

 

南米のコスタリカで外国人が仕事を探すって大変ですよね!

 

仕事探しをしている時に知人から日本料理を食べたいと言われて

日本食レストランをやろうと思いついたそう。

 

調理経験のない木原武義さんですが、

日本人という事で寿司を握れば

本物の職人が握ってるっと思い込むのではと考えたそうです。

 

南米のコスタリカで本物の寿司職人かどうか

現地の人が判断できませんから

グッドアイデアですね!

 

日本食レストラン開業の為に

なんと日本でタクシーの運転手をして資金を貯めていた時・・・

 

南米って治安が悪いってよく言われますけど

日本に出稼ぎに行っているのを知った強盗が木原武義さんの家を襲撃

 

なんと奥さんの頭に拳銃を突きつけて脅迫したそうで

日本食レストランの開店資金だけでなく

子供の洋服やぬいぐるみまで持っていかれたそうです。

 

コスタリカって治安が悪いんですね!

木原武義さん、週末の給料日には拳銃を持っていくそうで

日本食レストランには鉄格子で強盗対策をしているそう。

 

日本の治安の良さからは想像つかないコスタリカの現状

 

強盗に合いながらも日本食レストランをオープン

 

ちなみに木原武義さん調理師免許なく調理は素人

独学で日本料理を学んだそうですが

幼い時に食べた日本食メニューが

木原武義さんの日本食レストランがブレイクする一品でした。

 

その日本食の一品というのがコロッケ!

木原武義さんのお店「日本食レストラン五路」の人気となり

ある日訪れた新聞記者がコスタリカの新聞の2面で大きく掲載

 

この新聞に掲載されて絶賛された事で

コスタリカの日本食レストランとして大ブレイク

 

次々に日本食レストランをオープン

6店舗まで増やしていきました。

 

木原武義さん一人で6店舗を切り盛りするのは不可能なので

息子たちに日本食レストランを任せたそうで

これで隠居生活っと思いきや・・・・

 

息子たちに任せた4店舗の日本食レストランが次々に閉店に追い込まれて

本店も閉店に追い込まれそうな状況となってしまったそうです。

 

お店は息子に任せて隠居生活どころか

本店がつぶれないように対策を講じなくてはならなくなったって

息子が多いのはいいですが、

もめ事が起きると大変なんですね!

スポンサーリンク

木原武義さんの日本食レストラン

木原武義さんの日本食レストランの店名が「五路」

出典 http://sanjose-kikou.blogspot.com

 

木原武義さんが初めて日本食レストランをオープンした時期には

コスタリカに日本食を食べれる場所ってなかったんでしょうね!

 

現在ではどこの国でも日本食を食べれるようになってますね!

中国人が日本食レストランを経営しているパターンが多数ありますが・・・

 

中華レストランって世界各国で安く食べれるイメージがあるので

日本食レストランにしたら高い値段設定ができる事に加えて

外国人から見れば中国人も日本人も見た目が一緒でしょうから・・・

 

日本に訪れた事がない外国人にとって日本食って

寿司・天ぷら・刺身くらいしかしらないでしょうから

中国人が日本食レストランをオープンするが理解できますね!

 

フィリピンの島でも日本人女性がホテルとレストランを経営しています!

フィリピンの日本食レストラン

 

木原武義さんだって素人で大成功してますからね!

でも中国人の日本食レストランとの違いは

寿司・天ぷらなど海外で知られる日本食以外に

カレーライス・ラーメン・かつ丼・餃子などメニューが豊富

 

コスタリカの新聞で絶賛されたのも寿司じゃなくコロッケなので・・・

 

木原武義さんの日本食レストランがある場所は

サンホセ!

コスタリカの首都で一番大きい都市

サンホセ州の州都でもあるのでコスタリカの大都市にありました。

 

息子たちに任せた店舗が相次いで閉店して

現在では本店だけか2店舗だけのようですが、

 

コスタリカでも

日本人オーナーや中国人オーナーが日本食レストランをオープンして

増えているようなので息子たちの間でのトラブルもそうですが、

競争が激しくなっているのも閉店した理由なのかもしれませんね!

 

日本食レストランといっても

コスタリカの現地の人の好む日本食じゃないと

人気がでないのかもしれません!

スポンサーリンク

木原武義さんの海賊の秘宝探し

せっかく異国の地で日本食レストランをオープンして

6店舗まで増やして安泰と思っていたでしょう木原武義さん

 

息子に任せた店舗が続々閉店に追い込まれて

本店も経営危機におちいる可能性が出てきたそうです。

 

現在は孫もできて大家族となった木原ファミリー

大家族を養うためと日本食レストラン本店を維持していく為に

一攫千金を夢見て海賊の秘宝探しが始まったようです。

 

カリブ海で海賊が隠した秘宝が存在すると言われている無人島がココ島!

 

この無人島はダイビングスポットとして世界中のダイバーに有名で

多くのダイバーが訪れるダイビングスポット

 

無人島なのでまだ荒らされたり開発されることなく

熱帯雨林固有の動物や植物が多数存在している自然豊かな島なんですね!

 

現在は世界遺産となっている島で管理する人が常駐しているので

無人島というワケではないですね!

 

更に小説の宝島のモデルとなったココ島

海賊が実際に上陸して海賊の財宝を埋蔵したとされている

言い伝えが多数あって信憑性があると思われていて

多数の人が海賊の秘宝探しでココ島を訪れているようですが、

現在まで海賊の秘宝を探し当てた人はいません!

 

海賊が埋蔵した秘宝で有名なのが「リマの財宝」

このリマの財宝はおよそ200億円といわれているので

木原武義さんが発見したとなると

コスタリカだけでなく世界中の国で話題となるでしょうね!

 

しかしこのココ島の場所が

コスタリカから船で30時間と凄い遠い距離にあるので

海賊の秘宝探しを1年中しているワケではなさそうです。

木原武義さんが移住したコスタリカ

木原武義さんが移住したコスタリカってどんな国なんでしょう。

 

コスタリカの風景をご覧ください!

 

南米というと治安が悪いっというイメージが強いですが・・・

治安が悪いと言われる中で一番治安のいいのがコスタリカ

 

夜に女性が一人で出歩けるのがコスタリカ

南米では女性が夜に一人で出歩くのは危険なんですね!

 

コスタリカの首都のサンホセは

日本の岡山市と姉妹都市提携しているようです。

 

通称「幸せの国」と呼ばれるコスタリカ

国立公園などの観光地に多くの自然が残っていて

公共交通機関が整備されて

中南米でもttも経済的に発展して教育にも力を入れています。

世界中から観光客が訪れる国なんですね!

最後に

南米のコスタリカで海賊の秘宝探しをしている木原武義さんについて

 

第二次世界大戦終了の年に生まれた木原武義さん

観葉植物の会社から派遣されてコスタリカへ移住

しかし3年で会社が倒産

日本人の妻と離婚していて独りぼっちの無職に・・・

 

その後、16歳年下でコスタリカ人の妻と再婚

再婚だった妻にはすでに5人の子供がいて大家族となった木原ファミリー

 

日本食レストランオープンを思いついて

開店資金調達で日本に一度戻りタクシー運転手に

 

オープンした日本食レストランのコロッケが大ブレイク

新聞で2面に掲載されて一躍人気日本食レストランとなって

6店舗まで増加

 

子供達にお店を任せたら4店舗が相次いで閉店となり

本店の経営も危うくなってきたことで

一攫千金を夢みて海賊の秘宝探しを始めた木原武義さん

 

治安の悪いコスタリカで海賊の秘宝探しって

かなり危険な感じがしますが、

木原武義さんが海賊の秘宝を探り当てて

世界の各国の話題となるのを期待したいですね!

スポンサーリンク

-エンタメ
-,

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.