エンタメ

伊能すみ子の職業や年収に経歴!旦那や子供は?推薦エスニック料理【マツコの知らない世界】

投稿日:

Pocket

【マツコの知らない世界】に伊能すみ子さんが登場!

エスニックレトルトの世界で登場の伊能すみ子さんの経歴が気になりますね!

 

東南アジアの人達なら当たり前ですが、

エスニック料理が大好物で

毎日、エスニック料理を食べるほど

 

伊能すみ子さんがエスニックのレトルトを伝授するそうです。

 

エスニック料理の達人・伊能すみ子さんの職業や年収など経歴や

結婚して旦那さんや子供がいるの・・・?と調べてみました。

スポンサーリンク

伊能すみ子さんのプロフィール

名前:伊能すみ子さん(いのうすみこ)

生年月日:不明

年齢:40歳代?

出身地:東京都

血液型:A型

職業:アジアンフードディレクター

資格:1級フードディレクター

趣味:調理道具収集・旅行

特技:料理

エスニック料理の本場・タイの屋台料理がこちら!

 

伊能すみ子さんの生年月日が不明ですが、年齢が40代?となっているのは

以前、「スッキリ!!」に出演した時に

「中華街ツウが厳選!料理別No.1料理は?」のコーナーで

「中華街に通って30年以上」と紹介されていたので

10代から中華街に通いだしたとして40代?っと推定しました!

スポンサーリンク

伊能すみ子さんの経歴

伊能すみ子さんって舞台製作や民放の気象番組のディレクターを職業としてました。

 

芸能界の裏方さんが職業だったんですね!

 

芸能界での経歴がある伊能すみ子さんが

食文化に興味を持って

服部栄養専門学校に入って

調理と食文化を勉強するようになります。

 

服部専門学校で1級フードアナリストの資格を取得したんですね!

 

伊能すみ子さんの趣味が旅行ですが、

旅行をして訪れた地域の食べ物を研究しているようで

 

1999年のシンガポール旅行をきっかけに

エスニックフードに興味を持つようになって

 

エスニックフード好きから

食の専門家になったそうで

アジア各国の料理が得意分野なんですね!

 

1年に数回アジア各国を旅行して

屋台料理や最新の人気料理をアジア各国で試食

 

日本で他のアジア各国の美味しい料理を楽しめる環境を作るのが夢だそう。

スポンサーリンク

伊能すみ子さんの職業や年収

エスニック料理が大好きな伊能すみ子さん

 

伊能すみ子さんの職業や年収が気になります。

出典 https://pixabay.com

 

以前の伊能すみ子さんの職業が舞台製作や気象番組のディレクターでした。

 

そこから服部専門学校に通って

1級フードアナリストの資格を取得

 

現在はアジアンフードに関して有名な人になっていて

伊能すみ子さんの職業はフードアナリスト!

 

フードアナリスト以外の職業として

・ASIAN食のコンシェルジュ

・タイフードコンシェルジュ

・カンボジア旅のレポーター

・アジアンフードディレクターなどなど

 

コンシェルジュって職業

ワインだけかと思っていたら

他の食べ物にも使用する職業なんですね!

 

いわゆるプロを意味しているんだと思いますが・・・

 

この多数の職業を使って

マスコミで飲食情報を提案したり

アジア各国の料理・エスニック料理のライターも

 

ライターとしては

アジア各国の最新トレンドや料理をネット配信しています。

 

伊能すみ子さんの職業に調理師がないのが

ちょっと以外に思いましたが

フードディレクターの肩書で

エスニック料理のレシピを制作しているようです。

 

エスニック料理をつくってもきっとプロ並みの腕前なんでしょうね!

 

伊能すみ子さんの年収ですが公開されていません。

 

しかし1年に数回、

アジア各国を巡る旅行が出来るという事は

年収が一般サラリーマン以上ないと厳しいですよね!

 

フードコーディネーターの平均年収が300万円から600万円

テレビに毎日出演していたり

大手食品メーカーの商品開発やアドバイザーを担当したりすると

年収1000万円をこえる人もいるそうです。

 

フードアナリストの資格は4級から1級までありますが、

この資格取得者というだけで3千円から千円給料がアップしたり

資格手当を出す企業もあるそうなので

注目の資格なんですかね?

 

伊能すみ子さんはエスニック料理の達人として

テレビ出演したりイベント講師やレシピ本執筆活動をしていて

雑誌や新聞に記事を掲載していて

エスニック料理に関しては有名な人物で

マスコミでの活躍が多いので

年収が600万円以上1000万円の範囲だと推定されます。

 

会社員と違ってフリーランスなので

テレビなどで人気があれば年収がハネ上がるって事ですね!

伊能すみ子さんが結婚して旦那さんや子供は?

現在の伊能すみ子さんの家族構成ですが、

結婚して旦那さんや子供がいるのでしょうか・・・?

出典 https://pixabay.com

 

伊能すみ子さんの年齢が推定で40歳代なので

結婚して旦那さんや子供がいてもおかしくないのですが、

 

伊能すみ子さんが結婚しているのか不明でした。

 

1年に数回、アジア各国を仕事と旅行を兼ねて訪れているので

旦那さんや子供がいる環境ではこれだけ旅行するのは厳しいですね!

 

凄い理解力のある旦那さんか

専業主夫をしている旦那さんなのか・・・?

 

若いうちに結婚して子供を出産

子育てを終了してから

現在の仕事に転職したというパターンだったら

旦那さんや子供がいても1年に数回海外旅行に行くことが出来ますね!

 

この場合、旦那さんと一緒に旅行する事も可能なんですけど・・・

 

おそらく結婚されずに独身だと思いますね!

 

エスニック料理で有名といっても

一般人なので結婚して旦那さんや子供がいるのか不明でした。

 

もし伊能すみ子さんが結婚していたなら

今後、旦那さんや子供に関しての投稿を期待したいですね!

伊能すみ子さん推薦エスニック料理

今回のマツコの知らない世界で

伊能すみ子さんがおすすめするのがエスニックのレトルト

 

伊能すみ子さんのブログでおススメしているエスニックのレトルトの一部が

 

・日清ラ王 ビリビリ辛うま 汁なし担々麺

麺のもちもち感が美味しいラ王で

花椒のピリッと辛い刺激で食欲が増進されるそう・・・

 

エスニック料理ってピリ辛のイメージが強いですよね!

 

・大阪スパイスキーマカレー

大阪の噂の名店のレトルトカレー

伊能すみ子さんが驚くほどのスパイスの使い方

 

ご飯に数種類のスパイスをかけた上で

レトルトカレーをかけるそう。

 

レトルトカレーなのに

お店で注文したカレーのようなんですね!

 

・おいしい缶詰 国産鶏のごま油漬け(和風アヒージョ)

コンビニやスーパーに置いてある缶詰なんですが、

国産鶏を使用しているからかちょっと高め

 

おつまみにはもってこいなので一度はためしてみたいですね!

 

伊能すみ子さんのブログがこちら→恋しいアジア伊能すみ子さん

 

マツコの知らない世界の番組欄で紹介されていたのが

おそらく伊能すみ子さんがおすすめのエスニックレトルト

 

・フーティユボーコー(ベトナムの麺料理)

ベトナム南部のフーティユという細い米麺に

牛煮込みスープをかけて食べる

ベトナムで人気のベトナム風牛シチューをかけた麺料理

 

・チェッターヒン(ミャンマーのチキンカレー)

化学調味料が使用されていないピーナッツオイルを使用した激辛カレー

見ただけで辛いのがわかりますね!

食欲は進みそうですが大汗かきそう・・・

 

・ルンダン(マレーシアカレー)

インドネシアの西スマトラ州の郷土料理

肉をココナッツミルクと香辛料で長時間煮込んだ肉料理

化学調味料と小麦粉不使用でスパイスやハーブをたっぷり入れた

濃厚でコクのあるマレーシアカレー

 

アジアの一つの国のエスニック料理じゃなく

アジア各国のエスニック料理の情報をたくさんあるって

刺激が強いエスニック料理を試食してる伊能すみ子さんって

鉄壁の胃を持っているのか?

消化能力が凄いんだろうなあと感心しちゃいました。

最後に

アジアンフードアナリストの伊能すみ子さんについて調べてみました。

 

伊能すみ子さんの職業はフードアナリスト兼アジアンフードディレクター

 

年収は伊能すみ子さんの職業から600万円から1000万円の間と推定

 

伊能すみ子さんが結婚して旦那さんや子供がいるのかは不明ですが、

1年に数回アジア各国を巡る旅行にいって仕事している状況を考慮すると

独身の可能性が高いですね!

 

伊能すみ子さんおススメのエスニックレトルトは

スパイスやハーブをたくさん使用するエスニック料理の代表がカレー

麺を使用した料理でした。

 

日本でもエスニック料理のお店に

コンビニやスーパーで商品が並ぶようになって増えているので、

 

どんどん、アジア各国で新しい情報を発見して

伊能すみ子さんにエスニックの情報を提供してもらいたいですね!

スポンサーリンク

-エンタメ
-,

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.