エンタメ

藤田信雄の経歴!嫁や子供は?日本刀を贈ったワケ【アンビリバボー】

投稿日:

Pocket

【アンビリバボー】で藤田信雄さんを紹介するので嫁さんや子供や経歴など調べてみました。

藤田信雄さんは第二次世界大戦で唯一アメリカ本土を爆撃した日本兵

 

アメリカで歓迎されない人物なのに招待されたり

レーガン大統領から贈り物があったそう。

 

藤田信雄さんが招待された時に贈呈したのが日本刀だったワケや

藤田信雄さんの経歴

藤田信雄さんの家族構成(嫁・子供)について調べてみました。

スポンサーリンク

藤田信雄さんのプロフィール

名前: 藤田信雄(ふじたのぶお)

生年月日:1911年10月

出身:豊後高田市

1997年に85歳で亡くなられた藤田信雄さん

 

藤田信雄さんが亡くなったことが

日本では報道されていないのに

 

アメリカ本土に爆弾を落とした唯一の敵、藤田信雄、85歳で死すと

アメリカのニューヨークタイム紙で報道されました。

 

なぜ敵国のアメリカで報道されたのか・・・?

藤田信雄さんの経歴を調べてみました。

スポンサーリンク

藤田信雄さんの経歴

太平洋戦争でミッドウェー海戦で敗退して苦境に立たされた日本

 

起死回生の作戦として「アメリカ本土の爆撃」計画を立て実行する事に・・・

帝国海軍の潜水艦伊号第二五潜水艦(伊25)から水上機で

アメリカ本土を爆撃する作戦で後からルックアウト空襲と呼ばれた作戦

 

その作戦を実行するパイロットとして藤田信雄さんに白羽の矢が立ちました。

出典 https://pixabay.com

 

当時、藤田信雄さんは海軍兵曹長で31歳

偵察機のパイロットでたぐいまれな操縦で評判の高かった藤田信雄さん

 

海軍首脳部から直々の命令があったのですが・・・

でも一人だけでやって!

 

で目標地点がここ!っと爆撃地点がオレゴンの山中

 

アメリカ西海岸の乾燥地帯では些細な火災でも大きな山火事になりやすい為で

 

この作戦で甚大な被害を与えて戦意を喪失させるのが目的

これほど効果的な方法はない!

 

でも96型小型飛行機で低空飛行してレーダーに捕まらないように!

 

96型小型飛行機というのが超小型でセスナ機ほどの飛行機

飛行するだけでも大変なのに焼夷弾を2発積んで

なおかつアメリカ軍の警備をかいくぐって

オレゴンの山中に空爆して帰還するって

生きて戻ってくる可能性がゼロに近い作戦

 

しかし帝国海軍首脳部の命令は絶対なので

藤田信雄さんはこんな無謀な作戦で散るのかと思ったそう。

 

作戦前夜には生還できないと思った藤田信雄さんは家族に遺書を残して出撃

 

アメリカ軍のレーダーをかいくぐってオレゴンの山中へ到着して焼夷弾投下!

白い煙を上げた焼夷弾!

 

藤田信雄さんは作戦が成功したと確信

 

藤田信雄さんに気付いたアメリカ軍に追われながらも

潜水艦に帰還できたのですが・・・

 

藤田信雄さんが上層部へ作戦の報告をしたら・・・

 

お前!木を一本折っただけじゃないかー!っと

藤田信雄さんが投下した焼夷弾は白煙を上げただけで作戦は失敗だったのです。

 

すぐに鎮火できるほどの小さな火災で終わったのが

作戦前夜に雨が降って湿っていた事で

焼夷弾の効力がなかったそうです。

 

アメリカ本土を唯一爆撃した日本兵ですが作戦は失敗だったんです。

 

終戦後は波乱の人生だった藤田信雄さんですが、

1962年に官房長官の大平正芳氏と密談

 

藤田信雄さんが爆弾を投下した場所の近所の市の

オレゴン州ブルッキングス市が5月のアゼリア祭りに招待したいと・・・

 

まだアメリカ国内では反日感情が根強く残っていた時

しかもアメリカとの関係をこじらせたくない日本政府は

この招待に一切関知しないという状況でした。

 

今の時代にアメリカが自分を探していたという事がおかしい

軍事裁判に掛けられて極刑なんだろう・・・っと不安ながらも

 

アメリカへ行く準備をして

念のため、自決できるようにと先祖伝来の日本刀を持参したのでした。

出典 https://pixabay.com

 

爆撃して以来2回目のアメリカ訪問

 

藤田信雄さんを乗せた飛行機がブルッキングス市に到着すると

大勢の人が大歓迎で藤田信雄さん家族を迎え入れてくれたそう・・・

 

全く予想していない反応に理解できない藤田信雄さん

 

実は、この市の最大のイベントの主賓を誰にするか相談していた時の事

戦争で唯一アメリカに爆撃した日本人兵士にしようとなったそう・・・

 

でも日本兵が誰か判明しなくて日本の外務省に

アメリカを爆撃した日本人が生存してるなら是非訪問してほしいと問い合わせ

 

藤田信雄さん家族は戦犯としてでなく

市のイベントの主賓として招待されたのでした。

スポンサーリンク

藤田信雄さんの家族(嫁や子供)

藤田信雄さんの嫁さんや子供達は戦争から戻る父親を待っていたんでしょう。

 

しかし終戦して戻ってきた藤田信雄さんには

嫁さんや子供を養なわなければなりませんでした。

出典 https://pixabay.com

 

金物の行商から始めた藤田信雄さん

藤田金属という企業にまで成長させて

社長を息子に譲って隠居生活と思っていた矢先の

1970年に会社が倒産

 

息子の代になって15億の負債を抱えて倒産

 

藤田信雄さん隠居どころか

子供がつくった借金があるので

海軍時代のパイロットの教え子を頼り

工場で住み込みで働き始めました。

 

藤田信雄さん工場でも工場長まで昇格

最終的には取締役という役職までに

 

パイロットとして一流だった藤田信雄さん

他の職業でも同じように一流になれちゃうんですね!

 

妻や子供を養う為に結果的には82歳まで現役で働き続けたそうです。

 

藤田信雄さんの人生って波乱万丈だったんですね!

 

亡くなってから藤田信雄さんの娘さんに

遺灰の一部を藤田信雄さんが爆撃した場所に埋められて

現在その場所には

アメリカ大陸が唯一日本機に空爆された地点

と書かれた看板があるそうです。

藤田信雄さんの日本刀やレーガン大統領からの贈り物

オレゴン州のブルッキングス市から招待された藤田信雄さん

 

戦争裁判でさばかれて極刑になるだろうけど

日米友好の為に訪問しようと決意した藤田信雄さん

 

しかし最悪のシナリオを想定して

切腹できるようにとアメリカへ持参したのが日本刀だったんです。

 

しかし藤田信雄さんの予想を覆す

たった一人でアメリカ相手に爆撃を成功させた勇敢な元兵士と

大歓迎にびっくり

 

歓迎パーティーで

これは私の魂です。貴市に寄贈いたします。と

持参した日本刀を日米友好の証として差し出したんですね!

 

更にこのパーティーでは

日本軍の捕虜となって北九州で強制労働させられた元アメリカ軍兵士とも懇談

 

それからブルッキングス市と交流が始まったのですが、

藤田信雄さんは会社が倒産して借金返済の為に

工場で住み込みで働いていた状況でも100万円を貯めて

 

ブルッキングス市の女子高生ら4人を

つくば科学万博へ招待したのです。

 

その時には、

当時のアメリカ大統領のレーガン大統領から

あなたの立派で勇敢な行為をたためるというメッセージと

ホワイトハウスで使用された星条旗が贈られたそうです。

出典 https://pixabay.com

 

この藤田信雄さんが招待した女子高生が大学では日本語を専攻

藤田信雄さんが凄く喜んだそうです。

 

更には、焼夷弾を投下したオレゴンの山にレッドウッドの苗木を植樹

 

一人の民間人として日米友好の橋渡しをしていたんですね!

 

ブルッキングス市の図書館には

世界史上ただ一人アメリカを爆撃した日本人兵士・藤田信雄をたたえるコーナーが

そこには藤田信雄さんが寄贈した日本刀が飾られているそうです。

 

藤田信雄さんが亡くなる数日前には

ブルッキングス市の名誉市民が与えられています。

 

現在では藤田信雄さんがアゼリア祭りに訪問した5月25日が

「藤田信雄デー」として祝うブルッキングス市

 

亡くなってからも藤田信雄さんの子供達が交流を続けているようです。

最後に

アメリカ本土を爆撃した唯一の日本人の藤田信雄さん

 

爆撃した近くのブルッキングス市からアゼリア祭りに招待されて

日米友好の懸け橋として爆撃以来2回目のアメリカ訪問

 

招待されて大歓迎された藤田信雄さんは

日本刀を日米友好の証として寄贈

 

ブルッキングス市との交流が始まってから

藤田信雄さんの会社が倒産

 

工場で住み込み工員として働きながら

アメリカの女子高生ら4人を一週間日本へ招待

 

この現状を知った当時のレーガン大統領から

メッセージとホワイトハウスで使用した星条旗を贈られました。

 

藤田信雄さんが爆撃した山には苗木を植樹

ブルッキングス市の図書館には藤田信雄さんのコーナーがあり

日本刀が飾られています。

 

藤田信雄さんが亡くなる数日前には名誉市民の称号が授与されて

亡くなってから娘さんが遺灰の一部を

爆撃した場所へ埋めています。

 

その場所には藤田信雄さんが爆撃した場所であることが示されているそうです。

 

民間人として日米友好に尽力した藤田信雄さんでした。

スポンサーリンク

-エンタメ
-,

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.