佐藤智彦(盆踊り)レジェンド職業や経歴!おススメの踊りについて【マツコの知らない世界】

Pocket

【マツコの知らない世界】に佐藤智彦さんが出演するので経歴を調べてみました。

佐藤智彦さんが盆踊りのレジェンドで名人

盆踊りを楽しむ人達を「盆オドラー(盆踊りマニア)」って呼ぶんだそうです。

いろんなマニアがいますが盆オドラーなるマニアがいたとはびっくり!

そんな盆踊りのレジェンド佐藤智彦さんについて

職業や年収などの経歴に

結婚して嫁や子供がいるのか・・・?

佐藤智彦さんおススメの盆踊りについて調べてみました。

スポンサーリンク

(盆踊り)レジェンド佐藤智彦さんプロフィール

名前:佐藤智彦(さとうともひこ)

ニックネーム:大ちゃん・さとちゃん

生年月日:不明

年齢:アラフィフ(40歳後半)

学歴:青山学院大学

住居:東京都目黒区

職業:フリーライター・PR・企画

佐藤智彦さんのニックネームが「大ちゃん」って

名前に関係してないようですが、

体格がよくて大柄だからんでしょうかね!

佐藤智彦さんさすがに盆踊りのレジェンド

浴衣姿がきまってますね!

盆踊りってこんな感じのお祭りですよね!

(盆踊り)レジェンド佐藤智彦さんの嫁や子供

盆踊りのレジェンド・佐藤智彦さんが結婚して

嫁や子供がいるのでしょうか・・・?

出典 https://pixabay.com

どうやら佐藤智彦さんは独身みたいで

結婚されていないようです。

結婚していないと思われるワケが

佐藤智彦さんはフェイスブックで「都内在住一匹狼盆オドラー」

自己紹介しています。

仮に結婚して嫁や子供がいたら

一匹狼なんて自己紹介しないんじゃないでしょうかね?

日本全国の盆踊りに参加している佐藤智彦さんですから

家庭があったら簡単に家を空けて

盆踊りに明け暮れるってできないでしょう。

佐藤智彦さんが結婚して嫁さんや子供がいる可能性が低く

独身で一人暮らしをしているようですね!

でも娘がいるという噂がありました!

子供の年齢が5歳程度????

実は子供じゃなくて猫ちゃんがいるようです。

佐藤智彦さんが猫好きで現在までに何匹も猫を飼っていたそうです。

まあ猫ちゃんならエサを大量に置いておけば

家を空けていても心配ないですね!

佐藤智彦さんの住んでる家が東京の目黒区にある

築80年を超える日本家屋だそうなんですが、

家にいる時間よりも盆踊り会場にいる方が長いようです。

スポンサーリンク

(盆踊り)レジェンド佐藤智彦さん職業と年収

毎年100ヵ所以上の盆踊りに参加する佐藤智彦さん

日本全国を渡り歩くってお金がかかりますよね!

ホテルや旅館に泊まったり移動の電車やバスの料金って

バカになりませんし・・・

佐藤智彦さんの職業や年収ってどうなんでしょうか?

出典 https://pixabay.com

青山学院大学を卒業して始めた職業というのが

インテリア雑貨やキッチンウェアの販売・店舗運営・マーケティングの仕事

2010年から独立してフリーで活動を始めたそうです。

現在の職業は企業のPRやコンサルティングや企画とフリーライター

個人で活動しているからこれだけ自由な時間がとれるんですね!

佐藤智彦さんは

「仕事はライフワーク・盆踊りはソウルワーク」と表現しているので

仕事して盆踊り参加する旅費や宿泊費を稼いでいるんでしょう。

フリーで働く佐藤智彦さんの年収ですが公開されてません!

フリーという事は固定したお給料が入ってくるワケじゃないので

年収が安定していないのはわかるのですが・・・

毎年、全国各地(海外にも!)の盆踊りに出向いているっていうことは

かなり年収がいいのは確かですね!

毎年、年収が一定って事はないはずですが、

全国各地を巡れるだけの年収という事は、

一般サラリーマンの年収以上はあると推定できますね!

スポンサーリンク

(盆踊り)レジェンド佐藤智彦さん盆オドラー経歴

佐藤智彦さんって幼い頃から盆踊りに熱中してたワケじゃないですね!

アラフォー(40歳目前)で突然「盆踊り」に目覚めたそうです。

住んでる東京の目黒の近辺の祭りで盆踊りがあったんですかね?

盆踊りに覚醒したのが2011年

それからは、一晩で2ゕ所や3ヵ所の盆踊り会場をはしごするほど

盆踊りマニア(盆オドラー)になったんだそうです。

フェイスブックの自己紹介では「都内在住一匹狼盆オドラー」とあるので

相当、盆踊りに夢中なんですね!

なぜ佐藤智彦さんが盆オドラーとなったのか・・・?

日本の夏を代表する盆踊りの世界

子供の頃に踊りの輪に入りたいのに勇気がなく歯がゆい思いをしたり

踊りの輪に飛び込んでもうまく踊れずに必死に踊りの振りについていこうとした

懐かしい夏の記憶を誰しもが持っている事に

アラフォーになって目覚めて

趣味というよりも生活の一部じゃなく大半になってしまったそう。

盆踊りってお盆に戻ってくるご先祖様の霊の送迎をする念仏踊りが発祥なので

宗教行事として行われていたんですね!

公園や路上で夜店が出て夏のイベントという感覚とは

ちょっと違っていたんですね!

生活の大半を盆踊りに費やす佐藤智彦さん

2015年にはなんと海外まで進出!

マレーシア・クアラルンプールの盆踊りに参加

この盆踊りは国外で最大規模の盆踊りで

1977年から開催されているそうで

毎年3万人以上の人が訪れるイベントで

クアラルンプールの日本人会と日本人学校に日本大使館が主催しています。

面白いのがイスラム教が国教のマレーシア

盆踊りの開催は、イスラムの断食月(ラマダン)を考慮して決められるんだそう。

断食中に盆踊りがあっても踊れないから当然ですね!

イスラム教の女性ってスカーフをかぶっていますが、

浴衣を着てスカーフをしている女性が盆踊りを踊るって

ちょっと素敵な感じがしますね!

毎年100か所以上の盆踊り会場に訪れて踊っているそうです。

100ヵ所以上の盆踊りって

1年のうち3ゕ月の間は、全国の盆踊りに参加しているって事ですね!

盆踊りって夏場のお祭りで

7月と8月がメインなので

1日2つ以上の盆踊りに参加しているって事ですね!

佐藤智彦さんの職業がサラリーマンだったら

不可能な日程になりますから

フリーで仕事をしているのかもしれませんね!

(盆踊り)レジェンド佐藤智彦さんおススメ

盆オドラーの佐藤智彦さんがおススメの盆踊りとは・・・?

盆踊りでも全国的に有名なのが

「大東京音頭」や「東京音頭」

全国各地で踊られてる盆踊りですね!

そして全国各地のご当地音頭があり

その土地でしか踊られていない盆踊りがあります。

そんな盆踊りの中で

彼が愛してやまないと言っている盆踊りが3つ

・大江戸助六音頭(中央区 築地本願寺)

東京の築地本願寺で開催される盆踊り

大江戸助六音頭

途中で踊る方向が変化するタイプで

見てマネしながら踊るのが難しく本番前に練習していかないと迷惑をかけます。

築地本願寺には「築地音頭」・「法輪音頭」というご当地音頭もあるそうなので

同じ踊りばかりじゃなくて楽しめそうですね!

・白鳥おどり(岐阜県郡上市白鳥町)

岐阜県の郡上市の二大盆踊りのひとつ

およそ400年前から踊られていたと言われる盆踊り

若い男女が踊りを通じて心を通わせる場としてあったそうです。

今なら合コン?って感じですかね?

「白鳥マンボ」と言われる曲は早いテンポで若い人達に人気があるそうです。

開催日時は、7月後半の発祥祭から始まって

8月下旬のおどり納めまでおよそ20日間の夜に開催されます。

8月13日~15日には徹夜おどりとなって

夜から翌朝の4時頃までおどり続けるそう・・・

佐藤智彦さんがいうには

深夜1時頃からスイッチスタート

朝4時か5時頃にはトランス状態になって

まさに盆踊リーズハイ!だそう・・・

夜通し踊るって凄い体力ですよね!

佐藤智彦さんおすすめの踊りが「神代」

白鳥おどりでは「変装踊りコンクール」も開催されていて

盆踊りをコスプレで参加する面白い企画

・郡上おどり(岐阜県郡上市八幡町)

重要無形民俗文化財で日本三大盆踊りのひとつ

念仏踊りや風流踊りの流れと考えられる盆踊りで

輪を作って時計回りに周りながら踊るタイプ

ぶっつけ本番でもマネしながら踊ってマスターできる程度の振付なので

誰でも参加できる盆踊りです!

開催期間は夏の2ヵ月の間でおよそ30日間の夜

盆踊り会場が移動しながら開催されます。

郡上おどり初日には車輪のついた屋形をお出迎えしてスタート

最終日には屋形を見送りながら幕を閉じるそうです。

白鳥おどりと同じように徹夜おどりが開催されます。

徹夜おどりの開催期間が8月13日~16日の4日間

夜8時から翌朝の4時か5時ごろまで踊り明かします。

徹夜おどりは「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼ばれているそうです。

徹夜おどりの開催期間は盆踊り参加者や見物客が多数訪れて

その数およそ25万人!

郡上おどり期間で一番盛り上がるそうです。

日本三大盆踊りの一つの郡上おどり

開催中の踊りは10種類と豊富で

江戸時代の城下で盆踊りを奨励するのに

郡上藩内の村に伝わっていた踊りを集めたからなんだそう。

郡上おどりでの佐藤智彦さんのおススメが「三百」

郡上藩主が藩民に分け隔てなく300文ずつ与えた時に

藩主の行動に驚いて感激した里人が地踊りを披露したのが起源の踊り

最後に

盆踊りのレジェンド・盆オドラーの佐藤智彦さんについて調べてみました。

結婚して嫁さんや子供がいないようで

東京都目黒区の築80年以上の日本家屋に猫と住む独身男性

職業が企業のコンサルタントや企画・PRでフリーで活動

年収は全国各地を巡るほどですからかなりあると思われます。

一晩で2~3ヵ所の盆踊りをハシゴするほどの盆オドラー

佐藤智彦さんおすすめの盆踊りが

郡上おどりの「三百」

白鳥おどりの「神代」

東京の築地本願寺の「大江戸助六音頭」

今回の佐藤智彦さんの出演で

盆踊りの魅力が多くの人に伝わって

盆踊りに参加する人が増えるといいですね!

盆踊りに行ったら佐藤智彦さんに遭遇するかもしれないですね!

今回のマツコの知らない世界で紹介されるもう一人の方がこちら!

花火の世界・立川伸明さん

スポンサーリンク