片岡恭子の事故や職業に年収が凄い!バックパッカーって?【アウトデラックス】

Pocket

【アウトデラックス】で片岡恭子さんが紹介されるのでWIKIや経歴にプロフィールを見てみたいと思います。

片岡恭子さんの職業が珍しい仕事で「運び屋」

女性で運び屋の職業って凄い興味がありますね!

片岡恭子さんがこの職業になった理由やきっかけに

バックパッカーがこの仕事の方法で事故に遭遇したとか・・・?

女性・運び屋の片岡恭子さんの年収について調べてみました。

スポンサーリンク

片岡恭子さんプロフィールと経歴

名前:片岡恭子

生年月日:1968年(月日不明)

年齢:50歳(2018年)

出身地:京都府

血液型:O型

学歴:同志社大学文学部研究科修士課程

運び屋って体力が必要なイメージがありますが

片岡恭子さんの年齢を見るとえー凄い体力って思っちゃいました。

運び屋という職業になった片岡恭子さんの経歴ってどうなんでしょう。

大学を卒業して同志社大学の司書になった片岡恭子さん

その後にスペインのコンプルテンセ大学に留学

留学した後には中南米に3年間放浪して

ベネズエラでは不法労働をしていたそう・・・

中南米ってスペイン語なので

コトバには困らなかったでしょうけど

治安の悪そうなベネズエラで不法労働してたって

凄い度胸があるんですね!

放浪の旅から帰国すると

NHKラジオでカリスマバックパッカーとして紹介されて話題の人に

旅行雑誌から連載を依頼されて担当したり

イベントの企画に参加したりしていました。

片岡恭子さん著書「棄国子女-転がる石という生き方」も出版

現在までに50ヵ国以上を放浪しているそうです。

職業が運び屋なんですけどバックパッカーも仕事の一つみたいですね!

片岡恭子さんのツイッターの紹介文をみると

海外での体験で強盗・暴動・遭難・拘束・盗難と凄い経験の持ち主

自称・秘境者のプロのバックパッカーとしていますが、

きっかけがなんだったんでしょうか・・・?

スペインに留学したのをきっかけに海外の魅力に取りつかれて

バックパッカーとして海外を放浪してたみたいです。

それで帰国してみたらメディアに取材されて仕事があったのですが、

海外に出る事に魅力があった片岡恭子さんは

海外に行ける仕事はないかと探した結果が運び屋だったようですね!

世の中、海外に行く方法はたくさんありますが、

片岡恭子さんの方法って凄い変わってますね!

スポンサーリンク

片岡恭子さんの職業と年収

片岡恭子さんの職業ですが、ハンドキャリー(運び屋)

ハンドキャリーって日本語だと「運び屋」っと訳すんでしょうか・・?

日本語になるとこの職業って怪しい感じですけど・・・

どんな仕事かというと

企業から依頼された荷物を頼まれた場所に運ぶという職業の事

よくバイク便とか自転車便とか配達してるのですね!

ハンドキャリーをする仕事が国内じゃなくて

片岡恭子さんのケースでは海外に運ぶ仕事なんですね!

依頼する会社が交通費を負担してくれるそうなので

旅費と宿泊費が保障というのも

スタッフと依頼する荷物が一番重要だからだそうで

1回の仕事で1万から5万円の収入になるんだそうです。

安全な仕事ばかりでなくヤバいケースもあるそうですが

治安の悪い国への荷物運びなんかになるんでしょうけど

そうなると1回の仕事の収入がよくなるかわりに

安全が保障されないって事でしょうね!

海外に興味がある片岡恭子さんにとって

この職業って一番適した仕事でしょう。

旅費や宿泊費が会社負担ですから

食べる事だけ考えればいいので

海外に出る費用がほぼ掛からずに好きな場所に行けるって事ですから・・・

運び屋となったきっかけですが、

当時、交際していた男性にフラれてうつ病となって半年寝込んで

引きこもり状態になった片岡恭子さん

その時期に9.11事件があり

「大手会社のニューヨーク支店勤務の先輩の名前が呼ばれてる」と

友達からメールが・・・

それを呼んだ片岡恭子さんは

「人生を順風満帆に歩んでも何が起こるかわからない」と思って

翌日には航空チケットを買って海外へ

どうせ死ぬなら海外で普通じゃあ経験できないことをやってみようと

バックパッカーになり、運び屋の仕事を始めたそうです。

彼氏にフラれて人生投げやり状態から

一挙に想像できない職業に就いたんですね!

片岡恭子さんの運び屋としての年収ってどうなんでしょう?

出典 https://pixabay.com

片岡恭子さんって1年間で40回以上海外に出かけるそうで

1回の運び屋の仕事で1万円~5万円の報酬という事なので

片岡恭子さんの運び屋としての年収は200万円以上ありますね!

年収としては低いと思いますが

タダで好きな外国の旅に行けるので年収よりも海外旅行に魅力があるのでしょう。

1回の海外旅行で運び屋の仕事を掛け持ちする事も可能でしょうから

年収は200万円以上あるでしょうね!

片岡恭子さんは運び屋以外にも

プロのバックパッカーとして

旅行雑誌の連載や本を出版しているので

片岡恭子さんの年収は

一般サラリーマンの年収程度はあると思われます。

バックパッカーは少ない予算でリュックひとつで旅する人の事ですが、

片岡恭子さんのケースでは、運び屋としての仕事で海外に行く

リュックひとつで旅していても稼いでいる事から

プロと言っているんだと思います。

スポンサーリンク

片岡恭子さんが事故?

運び屋で海外をバックパッカーしながら旅する片岡恭子さん

危ない場所へも行くことも多々あるそうで

いろんな事故に巻き込まれているんですね!

出典 https://pixabay.com

彼女が遭遇した事故のエピソードとしては

スペインでは強盗

ボリビアでは暴動に巻き込まれて命に危険が・・・

アルゼンチンのパタゴニア山で遭難して奇跡的に生還

ベネズエラでは不法労働で拘束

コロンビアでは盗難と

観光客では経験しないであろう危険な事故に遭遇している片岡恭子さん

でも片岡恭子さんが巻き込まれた事故は

自分が行動したから巻き込まれた事故で理不尽に思わないそうで

自分の行動とは一切関係ない原発事故が理不尽

そんな理不尽な事故に巻き込まれるくらいなら

自分で行動して事故に巻き込まれるほうがいいという片岡恭子さん

波乱万丈な人生を送っているんですね!

最後に

片岡恭子さんの職業や年収など経歴について見てみました。

片岡恭子さんの職業は運び屋ですが、海外に荷物を運ぶ仕事

この職業を選択したのは、バックパッカーとして海外を旅するのに

コストをかけずに海外に行ける方法だったからで

片岡恭子さんの本来の職業はバックパッカーですね!

片岡恭子さんの年収は、運び屋としての仕事以外に

旅行雑誌などの掲載や連載に著書がある事から

一般サラリーマンの年収程度と推定します。

片岡恭子さんが遭遇した事故というのは

一般の海外旅行では考えられない事故ですが、

自分が行動して起きた事故で納得されているようです。

プロのバックパッカーで運び屋という珍しい職業の片岡恭子さん

海外旅行で経験した珍しい体験をもっと紹介してほしいですね!

スポンサーリンク