エンタメ

山本麗子(料理研究家)経歴!旦那や自宅場所について【爆報!THEフライデー】

投稿日:

Pocket

【爆報!THEフライデー】に山本麗子さんが出演するので経歴を調べてみました。

山本麗子さんは東京の料理研究家だったのが現在は長野県で活動されています。

 

しかし全国から山本麗子さんの料理教室には生徒さんが殺到する人気だとか・・・

 

山本麗子さんの経歴や長野県へ移住したワケや

結婚して旦那さんや子供いるのか・・・?

長野県の自宅の場所について調べてみました。

スポンサーリンク

山本麗子さんが料理研究家となった経歴やプロフィール

名前: 山本麗子(やまもとれいこ)

生年月日:1947年(月日不明)

年齢:71歳(2018年)

出身地:宮城県

学歴:日本体育大学女子短期大学

出典 https://www.ginza-nagano.jp

 

山本麗子さんのご両親が台湾で生活した経験があり横浜で食堂を経営していて

4歳の頃には東京の大田区で大衆食堂を経営していました。

 

両親の仕事の関係で料理に親しむ環境で暮らしていましたが

特に父親の作る中国料理が大好きだったそうです。

 

20代の頃にはフランス料理を食べ歩いてフランス料理を学んでいた時に

衝撃的なデザートと出会いお菓子作りの道に・・・

 

フランス料理の後には、香港などのアジア料理の研究をして

広範囲の料理を探求していた山本麗子さん

 

28歳の時に東京の自宅で料理雑誌の編集者にケーキを出したら

気に入られて雑誌に載せないかと提案されたのが

料理研究家になったきっかけだそうです。

 

当時、主婦だった山本麗子さんに

肩書が主婦だとちょっと・・・・となり

この仕事続ける気がありますか?と言われて

やらせてくださいっと返事をして

編集長が料理研究家としてデビューさせたそうです。

 

東京に教室を開いたきっかけが

雑誌の読者から教えてほしいと頼まれた事

 

当時の山本麗子さんにはレパートリーが少なくて

フランスに頻繁に通ってお菓子屋さん巡りと食べ歩きで

お菓子を勉強すること2年ほど・・・

2年でお菓子のレシピを取り揃えて料理教室を開催したのが1979年

自宅でお菓子教室「スウィートハート」を主催

開催当初の生徒数は4人!

 

今では山本麗子さんの料理教室の生徒になるのが難しい事を考えると

考えられない当時の生徒さんの数!

 

テレビ番組出演のきっかけが

山本麗子さんが30歳ごろにワインブームが起こって

その当時開催されていたワインの試飲会に参加してデザートを提供していた時

ワインの試飲会に参加していたテレビ局の人に料理番組で紹介したいと依頼

始めてテレビ出演した時には緊張して

60回ほど「えーと・・・・」と連発

 

2度とテレビ出演はないと思ったそうです。

 

始めてテレビ出演していた頃の料理研究家というのが男性中心

 

唯一の女性料理館休暇が栗原はるみさん

以外は、外交官の妻や海外生活から帰国した女性が

滞在していた国の料理を教えるパターンがほとんどだったそう。

 

主婦では立場が弱くて肩書が必要な時代だったそうです。

 

1994年からは長野県に引っ越しして田舎暮らしを開始

東京から長野に引っ越しをした時期に

レシピ本が出版されて長野の地元の新聞に紹介された事で

長野での料理教室は百数十人からスタート

現在であ北海道から九州まで全国各地から通う生徒さんで人気の教室

長野県の山本麗子さんの自宅周囲が自然に取り囲まれていて

生徒さんがのんびりストレス解消できる環境なのも人気の原因のようです。

 

主婦の山本麗子さんがマスコミ関係者と接触できたのが

旦那さんの職業の影響だったようです。

スポンサーリンク

山本麗子さんの旦那さんって?

山本麗子さんが普通の主婦なのに運よく雑誌の編集者と接触できたのには

旦那さんの職業が関係しています。

 

山本麗子さんの元旦那は山本益博さん

 

元旦那さんの職業が料理評論家で料理店のガイドブックを作成していたそうです。

 

旦那さんがガイドブックを制作する仕事だったので

雑誌の編集者が自宅に来る事がたびたびあったんですね!

 

この編集者が雑誌で紹介したいと言わなければ

料理研究家に山本麗子さんがなっていなく

料理評論家の妻のままだったようです。

 

元旦那となっているワケですが、

山本麗子さん離婚されています。

 

東京から長野へ移住したワケが離婚にあるようで、

離婚してから好きな事をしようと思って田舎暮らしを決心したそうです。

 

なぜ料理評論家の旦那さんと離婚したのでしょうか?

 

料理研究家としてデビューした山本麗子さんですが、

主婦業がメインと考えていて仕事はセーブしていたそうです。

 

旦那さんが料理店のガイドブックを作るのに食べ歩きに付き添ってた時の事

 

フランス料理を年250店食べ歩きしながら

同時進行ですしにそば・天ぷら・うなぎ屋も食べ歩き

 

夜はフランスレストランで昼は日本食の食べ歩き

この週はうなぎ週間となると昼は毎日うなぎ・・・

 

この外食生活に飽きてきて自分で料理して食べたいと強く思ったそうです。

そして旦那さんに料理店のガイドブック担当の助手を雇う事をお願いして

旦那さんの仕事の協力を辞めた事が離婚へとなったようです。

 

旦那さんは食べに行って色々と言いたい事があるという立場

一方の山本麗子さんは作る人の気持ちが理解できる立場で言われたくない

 

と対極の位置関係になってしまったようです。

 

料理を作る人(料理研究家)と食べる人(料理評論家)が

一緒に暮らすには厳しい状況になってしまった結果

旦那さんと離婚となったようです。

スポンサーリンク

山本麗子さんの自宅の場所

山本麗子さんは自宅で料理教室「スウィートハートキッチン」を開催しています。

雑誌やテレビで多数紹介されてきている山本麗子さんの自宅

 

山本麗子さんの自宅の場所ですが、

住所:長野県東御市八重原2156-1

電話:0268-67-3908

最寄り駅:しなの鉄道「田中駅」

最寄り駅のしなの鉄道の「田中駅」から歩いて40分ほど

自然に囲まれた環境なので歩くのもいいですが

タクシーを利用するのが無難ですね!

 

山本麗子さんの自宅からは浅間山が一望できて

時間をわすれそうな穏やかなたたずまいだそうで、

料理教室で教わるだけでなくゆったりできる環境のようですね!

最後に

料理研究家の山本麗子さんについて

料理研究家になったきっかけや旦那さんについて調べてみました。

 

旦那さんが料理評論家で料理店のガイドブック作成をしていた関係で

雑誌編集者が自宅にくる事があって当時主婦だった山本麗子さんのケーキを

気に入った編集者によって山本麗子さんが料理研究家としてデビューしています。

 

でもこの仕事の影響で旦那さんと離婚する事になったようです。

料理評論家と料理研究家と対極に位置する関係になった夫婦が

一緒に暮らしていく事が不可能となり離婚されたようです。

 

しかし離婚した事で好きな田舎暮らしを始めた山本麗子さん

長野県の自宅で料理教室を主宰して

現在も全国各地から生徒さんが集まる人気の料理教室

 

71歳と高齢の山本麗子さんですが、

料理研究家として現役で頑張ってほしいですね!

スポンサーリンク

-エンタメ
-,

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.