宮辻詩音の年収や経歴!コーヒーブランドや起業のきっかけ【ぐっと!地球便】

Pocket

【ぐっと!地球便】で宮辻詩音さんが紹介されるので経歴を調べてみました。

宮辻詩音さんはミャンマーで起業した大学生

ミャンマーのコーヒーをブランド化して世界の人に知ってもらいたいと

ミャンマー人と共同で起業した宮辻詩音さん

現在はミャンマー国内のホテルやお土産店などに

コーヒーを卸して将来的には日本への輸出を目指しているそうです。

宮辻詩音さんの年収や経歴に

起業したきっかけにコーヒーブランドについて調べてみました。

スポンサーリンク

宮辻詩音さんプロフィールと経歴

名前:宮辻詩音(みやつじしおん)

生年月日:1997年(月日不明)

年齢:21歳(2018年)

出身地:大阪府

学歴:近畿大学経済学部休学中

職業:アイ・トレード・カンパニーCEO

出典 https://kindaipicks.com

中学時代にはお姉さんが応募してジャニーズJrで活動してたそう

高校時代には柔道とジャニーズとは無縁なスポーツをしてました。

近畿大学に入学してからは

コーヒー好きだったので喫茶店でアルバイトをして

コーヒーに関して学んでいたそうです。

大学の講義が終わると夕方からは

ビジネススクールへと忙しい日々だったのは

アメリカの経営管理学修士(MBA)の取得を目指していたからなんですね!

民間のビジネススクールに通っていて起業家の人達と交友を持ったことで

起業する事に興味があった宮辻詩音さん

自分のアイデアで人が喜んでくれてしかもお金になるって

凄い素敵な事だと思ったのが起業に興味をもったきっかけだったとか・・・

そして「発展途上国の経済を学びたい!」っと

アジアでインターンをやろうと思って

インドかミャンマーで迷った末に

ヤンゴンのIT関連企業で2017年からインターンとしてミャンマーへ留学

大学に1年間の休学届を提出しての留学でした。

発展途上国の経済を学びたいと留学した宮辻詩音さん

ミャンマーで起業したきっかけって何だったんでしょう。

スポンサーリンク

宮辻詩音さんがミャンマーで起業したきっかけ

大学在学中に民間のビジネススクールに通って

起業家との交流があって興味があった宮辻詩音さん

発展途上国のミャンマーで経済を学ぶ為に留学したのに

起業したきっかけというのは何だったんでしょう?

もともとコーヒー好きな宮辻詩音さん

ミャンマーのコーヒー市場の調査をしていて

ミャンマーのコーヒーの品質とブランドを向上させれたら

売れるに違いないと確信を得たんだそう。

普通なら売れる!っと思っても起業するとは考えないでしょうけど

宮辻詩音さんはミャンマー人の仲間と共に起業

立ち上げた会社が「アイ・トレード・カンパニー」

起業に興味があった事と好きなコーヒーがミャンマーにあって

ミャンマーのコーヒーが商売になると確信したのが

起業するきっかけになったようですが、

宮辻詩音さんの行動力が凄いですね!

開業資金はアルバイトや株式投資で稼いだ自己資金で200万円程だったそう。

起業してみると予想以上にコストがかかる現状なので

宮辻詩音さんたちの事業に関心のある投資家からの資金調達を模索中だとか・・

現在は従業員が3人で業務拡大で従業員も増やす予定なんだそうです。

スポンサーリンク

宮辻詩音さんのコーヒーブランド

アイ・トレード・カンパニーを立ち上げた宮辻詩音さん

出典 https://pixabay.com

宮辻詩音さんの会社のコーヒーのブランドというのがオーガニック

マンダレー地方のピンウーリンのコーヒー農園と契約して

オーガニックコーヒーのブランド

アイ・スター・コーヒー」を立ち上げています。

ミャンマーでは苦めに焙煎されたコーヒー豆が多いのが特徴だそうで、

宮辻詩音さんのブランドは国際的市場で好まれる

苦味を抑えて酸味を感じるようにコーヒー豆を焙煎しているそうです。

現在はミャンマー国内でホテルやお土産物屋にコーヒーを卸しているそうで

外国人観光客向けの商品にホテルやカフェの業務用を販売

宮辻詩音さんのブランドのコーヒーとわかるように工夫しているそうで

韓国系の観光客向けのお土産屋に1500パックを販売したそうです。

販売戦略として品質のいいオーガニックコーヒーを

海外の人に知ってもらう事でミャンマーコーヒーをブランド化したいそう。

ミャンマーのオーガニックコーヒーの価格が

海外では安いほうなので十分競争できる自信があるようですね!

将来的には喫茶店のメニューに「ブラジル」「コロンビア」と

書いてあるコーヒーのように「ミャンマー」と書かれるようになりたいそう。

ミャンマー政府からオーガニックの認定を受けている宮辻詩音さんのコーヒー

今後の販売展開によってはコーヒーブランドとして

大成長する可能性を秘めています。

宮辻詩音さんの年収

大学を休学してミャンマーで起業した宮辻詩音さん

気になる年収ですがどうなんでしょうか・・・?

出典 https://pixabay.com

2018年から会社を立ち上げているので

年収がまだ成立していませんね!

開業から200万円ほど投資をしていますが、

日本でのアルバイトや株式投資で稼いだ資金を投入している状態

しかし会社がつぶれない限りはミャンマーでビジネスを続けるつもりで

将来的には自社コーヒー農園と加工工場を持つことで

コーヒー以外にも紅茶なども取り扱っていきたいそう。

現在はミャンマー国内の販売ですが、

観光客向けのお土産屋に1500パック販売したり

カフェやホテルに業務用で卸している事から

開業資金は既に回収していると思われますね!

年収もミャンマー国内ではかなりいい金額なんじゃないでしょうか?

従業員を3名抱えている会社ですから

社長の宮辻詩音さんの年収はいい事が想像できますね!

ただアメリカの経営管理学修士(MBA)が欲しい宮辻詩音さん

大学を卒業するか辞めて会社に専念するか悩んでいるそう。

大学卒業には最低でもあと1年

日本に暮らして大学に通わないといけない

ミャンマーの会社が不在中にスタッフだけで

仕事が回るようになっていない段階では

ミャンマーを離れる事ができない。っと模索中の宮辻詩音さん

21歳とまだ若い宮辻詩音さんですから

宮辻詩音さんなしでも仕事が回るようになってから

MBA取得の為に大学に戻ればいいんじゃないですかね?

最後に

ミャンマーで起業した大学生の宮辻詩音さんについて調べてみました。

起業した会社名が「アイ・トレード・カンパニー」

コーヒーを製造販売する会社

宮辻詩音さんのコーヒーのブランドのひとつが

「アイ・スター・コーヒー」

現在、宮辻詩音さんの会社では3種類のブランドがあるそうです。

宮辻詩音さんの年収は不明ですが、

従業員3名から事業拡大する為に増員する予定だそうで、

ミャンマー国内での販売が順調に行っているようで

年収は結構な金額になると思われます。

宮辻詩音さんの会社も大きく成長すれば

ミャンマーのコーヒーが世界的に知名度が上がりそうですね!

将来的には日本の喫茶店で

宮辻詩音さんのコーヒーが飲める日が来るかもしれません!

スポンサーリンク