エンタメ

富安カナメの顔画像や経歴!プロデビューしたインド伝統舞踊って?

投稿日:

Pocket

富安カナメさんがインド四大伝統舞踊の一つバラタナティヤムでプロデビュー

 

インド伝統舞踊のバラタナティヤムの舞踏学校開校44年で始めて

14歳以下でプロデビューを認められた逸材

 

インド人じゃなくて日本人でしかも年齢がまだ11歳の富安カナメさん

 

富安カナメさんの経歴や顔画像に

プロデビューしたインド伝統舞踊のバラタナティヤムについて調べてみました。

スポンサーリンク

富安カナメさんプロフィールと経歴

富安カナメさんはお父さんの仕事の転勤でインドで暮らした小学5年生

 

インド伝統舞踊を始めたきっかけというのが

お母さんが運動不足を心配した事から・・・

 

インドの生活では外で運動する機会が少ないらしく

娘の富安カナメさんが運動不足になる事を心配して

インド伝統舞踊のひとつ「バラタナティヤム」を習い始めたのが

2011年当時4歳だった富安カナメさん

 

富安カナメさんのお母さんというのが元デザイナー

おしゃれで気さくな性格でインドでは幅広く活動されていて

在インド日本人やインド人と日本人の交流の為に

いつもボランティアで奔走していたそうです。

 

絵本のシリーズで出てくる実在の少年少女に会いに行くという計画をして

名前と都市名だけしか判明していないその少年少女を見つけて

娘の富安カナメさんと出会わせて写真撮影

 

富安カナメさんのお父さんもこの計画に同行するという

行動力のある両親の間に生まれた富安カナメさん

 

4歳から始めたインド伝統舞踊のバラタナティヤムを習っていくうちに

本格的にメイクして衣装を着てステージで踊りたい!っと思うようになったそうです。

 

4年後の8歳でインド舞踊の権威

インド政府から文化勲章を受賞したサロジャ・バイディヤナタン氏が

校長を務める舞踏学校に入門

 

富安カナメさんの才能も素晴らしかったのでしょうけど

お母さんの行動力も凄かったのも入門できた原因の一つでしょうね!

 

お父さんのインドでの駐在期間5年が終了した2018年春に

富安カナメさん一家は日本へ帰国しています。

 

ここで富安カナメさんがインド伝統舞踊を中断したのかと思いきや・・・

 

日本へ帰国して学校の夏休みを利用して再びインドへ

舞踏学校で特訓して

今回の最年少プロデビューとなりました。

スポンサーリンク

富安カナメさんの顔画像

インドの伝統舞踊のバラタナティヤムでプロデビューするには

年齢が8歳以上で舞踏学校に入学して

最低でも7年間の練習を積まないとプロデビューさせないそうなので

最低でも15歳にならないとプロデビューできないところを

富安カナメさんは11歳という若さでしかも練習年数が3年と

通常の半分の期間でプロデビューしています。

 

まだ小学5年生の富安カナメさんなので

フェイスブックやツイッターはありませんので

顔画像があるかなと探したら

 

プロデビューした時の顔画像がありました。

出典 https://ameblo.jp

 

凄いメイクと華やかな衣装で足や手にもメイクしてます。

 

プロデビューの舞台は1時間半なんですが、

ソロ公演なので1時間半全て彼女が踊りました。

 

大人でも体力的にも精神的にも重圧があるソロ公演を

小学校5年生の富安カナメさんがやり遂げたって凄い快挙!

 

ソロ公演の演目はヒンズー教のクリシュナ神に恋する乙女の踊りなどで

演技を終えた富安カナメさんは

舞台でライトが当たった瞬間に緊張が楽しさに変わった。

今後は他の人にも踊りの楽しさを教えられるようになりたいとコメントしてました。

 

まだ小学5年生の少女です!

 

夏休みでインドにいった富安カナメさんですが

プロデビューしてインドに残るのか

帰国して長期間の休み(夏休みや冬休み)だけインドに行くのか

不明ですが、踊りを続ける事は間違いないですね!

スポンサーリンク

富安カナメさんがプロデビューしたバラタナティヤムって?

インドの四大伝統舞踊の一つのバラタナティヤム

南インド発祥の伝統舞踊で踊りの特徴が

鈴をつけた足を力強く踏み鳴らす演技

 

足を力強く踏み鳴らす演技が特徴なので下半身や体幹の強さが求められるので

舞踏学校に入学してから最低でも7年の練習を積んで

下半身や体幹を強化しないといけないんですね!

 

インド政府から文化勲章を受賞したバラタナティヤムの権威で

舞踏学校の校長のサロジャ・バイディヤナタン氏(81歳)は

富安カナメさんについて

「踊りへの関心が強くて賢く優れた踊りて」と高評価で

異例中の早期プロデビューとなったそうです。

 

どれだけ異例のデビューかというと

開校44年間で14歳以下でのプロデビューを認めてます。

 

踊りへの関心が高くても

足を力強く踏み鳴らす演技が多い踊りを

ソロ公演で1時間半の舞台を踊り通すという事は

才能も当然ですが、下半身や体幹がすでに強いって事なんでしょうね!

 

才能に優れていなければ

インドの伝統舞踊で外国人が

史上最年少でプロデビューなんて出来ませんよ!

最後に

インドの伝統舞踊で史上最年少でプロデビューをした富安カナメさん

 

舞踏学校開校44年間で14歳以下のプロデビューが初めてという快挙

しかもインド人じゃない日本人の小学校5年生の少女

 

プロデビューはソロ公演でなんと1時間半の舞台を

一人で踊り切り舞台でライトが当たった瞬間に緊張が楽しさに変わったと

コメントするほどの心臓の持ち主!

 

富安カナメさんのプロデビュー公演での顔画像がありましたが、

かわいいので将来、日本でタレントとしてデビューする可能性もありますね!

スポンサーリンク

-エンタメ
-

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.