エンタメ

林慎悟ぶどう値段と購入方法!年収や経歴について【マツコの知らない世界】

投稿日:

Pocket

【マツコの知らない世界】で林慎悟さんが紹介されるので経歴を調べてみました。

林慎悟さんはブドウマニアでブドウ研究の第一人者

 

ぶどうが好きで一ヵ月に120房食べてて

100品種以上を栽培しているっていうから凄い!

 

林慎悟さんのぶどうの購入方法や値段や販売場所に

年収やプロフィールなど経歴を調べてみました。

スポンサーリンク

林慎悟さんのぶどうの購入方法や値段

林慎悟さんが販売しているぶどうの品種がいくつかあって

収穫時期も異なるようです。

・マスカットジパング(8月~11月)

・ゴールドフィンガー(7月中旬~下旬)

・紫玉(7月中旬~下旬)

・マリオ(8月)

・瀬戸ジャイアンツ(9月~10月)

・シャインマスカット(8月下旬から11月)

・ルーベルマスカット(9月)

・紫苑(11月)

 

販売しているぶどうの値段が

・特選マスカットジパング(1kg以上) 1万円

・マスカットジパング単品       5千円

・旬ぶどう単品            3千円

・マスカットジパングと旬ぶどうセット 7千円

・旬ぶどう 2房セット         5千円 

・食べくらべセット          4千円

・ぶどうの宝石箱350g(40粒前後)  1944円

 

ぶどうの値段はこんな感じですが購入方法については

林ぶどう研究所のホームページから

 

・ネットショップ「BASE」

・FAX・直売所

・スマホアプリ「ポケットマルシェ」

と通販で購入可能です。

 

でもネットショップ「BASE」では単品が売り切れ状態で

食べ比べや旬ぶどうセットが購入可能な状態になっています。

 

スマホサイトでは順次販売開始となっているのですが、

購入可能なぶどうがぶどうの宝石箱のみ

 

FAXで林ぶどう研究所から購入するパターンが選べる商品が多いようです。

 

林慎悟さんのぶどうを購入してぶどうを味わえなくても

林ぶどう研究所では「ぶどう食べ比べツアー」を開催しています。

 

例年7月から9月の日曜日に開催しているツアー

申し込みは直売所の受付で申し込むようになっていて

ぶどう狩りを楽しむだけでなく林慎悟さんがクイズを出して

ぶどうの知識を教えてくれますし、

林慎悟さんのぶどうが普通の品種じゃないですから

貴重な体験ができますよ!

 

ぶどう食べ比べツアーの値段が

大人3000円・中高生2000円・小学生以下1000円・3歳未満無料

 

岡山近郊の方だったら林ぶどう研究所の食べ比べツアーに参加して

林慎悟さんのぶどうを楽しめますね!

 

林ぶどう研究所のぶどうが購入できないけど

林慎悟さんのぶどうを味わいたいという人には

「マスカットジパング」と「ゴールドフィンガー」がおススメ!

 

マスカットジパングという品種は

林慎悟さんが10年以上の歳月をかけて開発されたぶどうで

・大粒のぶどう

・爽やかな香り

・ジューシーな甘さ

・種なし

皮ごと食べれるぶどうでしかも種なしなので食べるのが簡単!

一度味わうとマスカットジパングの虜になってしまうそう

 

ゴールドフィンガーという品種は

ぶどうの粒が指に似ている?からこの名前なんでしょう!

ぶどうの皮にハリがあって噛むとパリっとした感触があって

甘いみずみずしいぶどうの果汁がでてくるジューシーな味わい

 

マスカットジパングとゴールドフィンガーは林ぶどう研究所だけでなく

岡山のぶどう農園で栽培されていて通販で購入可能です!

 

マツコさん絶賛のぶどうが安芸クイーン

甘味の強い酸味控えめの香り高いぶどうで

巨峰より色が薄いぶどう

スポンサーリンク

林慎悟さんの年収

「マツコの知らない世界」で紹介される林慎悟さんですが、

過去には「嵐にしやがれ」に出演された時には

ディーンフジオカさんが大好物のマスカットを用意した人物で

ぶどうの伝道師として自ら開発したマスカットジパングが

ひと房2万7千円の高値がついた激レアマスカットとして紹介されました。

 

ひと房3万円弱の値がつくぶどうを栽培してる林慎悟さんの年収って・・・?

ぶどう研究所の所長さんとなればかなりの年収なんでしょうね!

 

林慎悟さんの年収は公開されてません!

 

農作物を栽培している農家の平均年収が500万円ほどで

ぶどう農園の平均年収というのが600万円~800万円程度という事で

ぶどう農園の平均年収は一般的な農家よりいいんですね!

 

一般的農家よりもぶどう農園の年収がいいのは、

ぶどうとして販売するだけでなく

ワインやレーズンに加工できるメリットがあるからだそうです。

 

ぶどうが多少、形が悪かったり一部が潰れて商品として販売できなくても

ワインにするのに問題ないですから・・・

 

林慎悟さんは代々続くぶどう農園の跡取り

品種改良や品種開発に熱心で

ぶどうの栽培にもこだわりがあって

ひと房3万円ほどの値段のつくぶどうを栽培しているので、

ぶどう農園の平均年収の600~800万円よりも高い年収でしょう。

 

おそらく林慎悟さんの年収は1千万円に到達しているんじゃないですかね!

 

でもぶどうマニアで林慎悟さんの奥さんが「愛すべきブドウバカ」と言うので

高い年収でもほとんどをぶどうに費やしているんじゃないですかね!

スポンサーリンク

林慎悟さんのプロフィールと経歴

林慎悟さんのプロフィール

名前:林慎悟(はやししんご)

生年月日:1979年(月日不明)

年齢:39歳(2018年)

出身:岡山県岡山市

血液型:AB型

職業:ぶどう生産者・育種家

 

林慎悟さんの職業の育種家というのは

家畜や植物の品種改良を職業とする人の事

 

林慎悟さんの経歴

林家が100年以上続くぶどう農園の林農園で

林慎悟さんで4代目という老舗

 

林慎悟さんぶどうマニアと言ってますが

生まれた家がぶどう農園なのでDNAですね!

 

でも高校は工業系の学校に通っていたそうで

高校時代に自分に向かないと感じた時に

農業の可能性に興味を持って農園を継ごうと決意したそうです。

 

高校時代に農園を継ぐことを決意しているので

大学は農学部に通っていた可能性が高いですが、

情報がありませんでした。

 

しかしぶどうの品種改良を15年以上手掛けている林慎悟さん

食べるのも栽培するのも好きというだけでなく

ぶどうを味わう方法や美味しく栽培しやすいぶどうの研究に

食の変化や栽培環境の変化に対応できるぶどうを開発と

ぶどう博士なんですね!

 

10年以上の歳月をかけて品種改良したのがマスカットジパング

 

岡山県内では林ぶどう研究所以外のぶどう農園でも栽培されています。

 

そしてぶどう開発の為の団体

「Ideal Grapes Pursuers」を設立

 

現在では100種類以上のぶどうを栽培している林慎悟さん

 

自分が食べると思って肥料や農薬を与えていて

ぶどうの木は一人の従業員と考えて管理しているそうで

凄いぶどうへの情熱が伝わってきますね!

 

化学肥料をやめて循環型の持続可能な農業を目指して

酒粕や米ぬかに海藻を使用して土づくりをしているそうです。

 

2016年には結婚された林慎悟さん

奥さんの裕美さんも林ぶどう研究所のメンバー

 

名刺の肩書が「嫁」ってそのまま!

 

二人の馴れ初めはわかりませんが、

奥さんもぶどう栽培のメンバーに加わって

夫婦でぶどう栽培を行っているようです。

 

現在、二人の間には子供がいないようですが、

5代目となる子供は確実にぶどう好きなのは間違いないですね!

最後に

ぶどうマニアでぶどう博士の林慎悟さんについて調べてみました。

林慎悟さんのぶどうは通販で購入可能

 

林慎悟さんが品種開発したぶどうは岡山県のぶどう農園で栽培されているので

林ぶどう研究所以外の農園の通販で購入ができます。

 

これからいくつ品種開発していくのか楽しみですね!

スポンサーリンク

-エンタメ
-,

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.