その他

スターバックスのミラノ店の名前や場所!コーヒーの値段や限定商品は?

投稿日:

Pocket

アメリカの大手コーヒーチェーンのスターバックスが

コーヒーの本場イタリアのミラノで初めてお店をオープン

 

オープンしたミラノのお店の名前や場所

エスプレッソコーヒーの値段や限定商品があるのかについて

調べてみました。

スポンサーリンク

スターバックス・ミラノ店

2016年2月に2017年内にイタリアのミラノに

1号店をオープンすると発表したスターバックス

 

しかし2017年2月には2018年後半に延期されたのが

コーヒーの焙煎所を併設するという理由でいたが、

2018年9月にスターバックスがイタリアのミラノに1号店をオープンしました。

 

スターバックスの創業者で名誉会長のシュルツ氏が

1983年にイタリアのミラノを訪問した時に

イタリアのコーヒーバーに魅了されて陶酔

アメリカで再現するアイデアを披露したら頭がおかしいと思われたそう。

でもこのミラノ訪問がスターバックスを大手コーヒーチェーンとなった契機となり

創業者のシュルツ氏の夢がイタリアにスターバックスをオープンする事だったんです。

出典 https://www.sakuratomomo.net

 

スターバックスの創業者のシュルツ氏の夢が実現した

イタリアのスターバックス1号店のミラノ店

 

名前は「リザーブ・ロースタリー」

コーヒーの焙煎機を店内に併設したスターバックスの高級店

 

「リザーブ・ロースタリー」は今回のイタリアのミラノ店以外では

アメリカのシアトルと中国の上海にあるだけの高級店

出典 https://www.tripadvisor.jp

 

ミラノ店の広さがおよそ2360平方メートルと広く

地元のコーヒー店でこの広さに匹敵る店はないようです。

 

これだけの広さのお店の場所が

ミラノのシンボルである大聖堂やドゥオモからすぐの場所

スフォルツェスコ城へ向かうショッピングのダンテ通りに通じる

コルドーシオ広場(Piazza Cordusio)に面した一角

 

スターバックスのミラノ店は

リバティー様式の旧郵政公社の本部があった場所

 

ミラノ店の特徴は広い店内のスペースに

トスカーナ地方の大理石の一枚岩から切り取った

なんと9メートルの長さのカウンター

 

イタリアのミラノを訪れる機会があったら

スターバックスのミラノ店に行ってカウンターを見てみたいですね!

スポンサーリンク

スターバックスのミラノ店のコーヒーの値段

イタリアのミラノのカフェの値段ですが、

一般的にはエスプレッソコーヒー1杯が1ユーロ程度

 

スターバックスのミラノ店のエスプレッソコーヒーの値段は

1杯1.8ユーロと地元のカフェのおよそ2倍の値段

 

スターバックスのミラノ店は

スターバックスの高級店ですから

この時点で通常のスターバックスのコーヒーの値段よりも高い設定で

希少コーヒー豆の「リザーブ」で多様な方法でいれたコーヒーなんです。

 

地元のエスプレッソコーヒーの値段のおよそ2倍の価格で

スターバックスのお店がイタリアのミラノで根付くかに注目が集まります。

 

イタリアのコーヒー文化が他の国と大きく異って

ゆっくりコーヒーを味わうというよりも

香り高く濃いエスプレッソコーヒーを一気に飲み干すスタイルがイタリア式

 

ミラノ店のメニューはエスプレッソコーヒーが中心となって

ミルクをたっぷり使用したフラペチーノは販売しないそうです。

 

エスプレッソコーヒーを中心としたメニューには

ブリオッシュやクロワッサン・クッキーやパンもあります。

 

これらのパンはミラノのべーカリー「プリンチ」製品で

ミラノの有名なパン職人のロッコ・プリンチ氏の経営するお店

 

プリンチ氏は焼きたてパンやコーヒーを提供するチェーン店を開いた事でも有名

 

プリンチ氏は中国やインドにアメリカなどの投資家から買収提案が

あったのを断ってきた人物なのですが、

アメリカのシアトルでリザーブ ロースタリーの店舗を見学して

スターバックスの創業者シュルツ氏のコンセプトに共鳴した事で

ミラノ店のパンを提供する事になったそうです。

スポンサーリンク

スターバックスのミラノ店の限定商品

 

スターバックスには地域限定や期間限定のタンブラーやマグカップなどが

販売されていますね!

 

日本国内のスターバックスだけでなく他の国にあるスターバックスも同じ

 

でも日本の限定や地域タンブラーやマグカップがデザインが良いみたいです!

 

海外のスターバックスのお店のタンブラーやマグカップというのは

地名か都市名とその地域の名所の絵柄というパターンになっているようです。

 

イタリアのミラノ店には現時点では

地域限定や期間限定のタンブラーやマグカップが発売されていない様子です。

 

他の国のスターバックス同様に

国名か地名とその場所の有名な建物の絵柄が入ったタンブラーやマグカップが

販売されることは間違いないですね!

出典 http://explorer195.blog.fc2.com

 

ミラノ店の限定商品としては

ミラノと書かれて

オペラ座かスフォルツェスコ城か大聖堂の絵柄のタンブラーとマグカップ

 

イタリアと国名が書かれて

コロッセオかピサの斜塔の絵柄が書かれたタンブラーやマグカップが販売されるでしょう。

 

イタリアのお土産として

スターバックスの限定タンブラーやマグカップが新しく誕生と言う感じですね!

最後に

6万弱というカフェがあるコーヒーの国イタリアで

アメリカのコーヒー大手チェーンのスターバックスがミラノに1号店をオープン

 

ミラノ店の店名はリザーブ・ロースタリーという

スターバックスでも高級コーヒー店

 

エスプレッソコーヒーの値段が

ミラノの通常のカフェのおよそ2倍弱という高さで

スターバックスのコーヒーがミラノで根付くかに注目が集まります。

 

スターバックス限定のタンブラーやマグカップがありますが、

おそらくミラノ店にも限定のタンブラーやマグカップが発売される予定でしょう。

 

ミラノ店ではイタリアのコーヒー事情から

ミルクたっぷりのフラペチーノの販売はせずに

エスプレッソコーヒー中心のメニューで

菓子パンやカクテルにジェラートも販売しています。

 

マクドナルドのようにスターバックスが

イタリアでチェーン展開できるのかに注目ですね!

スポンサーリンク

-その他
-

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.