イアンハッチソン(赤鼻の少女ドクター)経歴や年収について!【ザ!世界仰天ニュース】

Pocket

【ザ!世界仰天ニュース】でイアンハッチソンさんが紹介されるので経歴を調べてみました。

イアンハッチソンさんは大きな赤い鼻の少女を救ったスーパードクター

イギリス生まれた少女コニーちゃんはまるでピエロのような赤い鼻の持ち主

ピエロ見たいなんですが、赤鼻をちょっとでも傷付けると

命に危険があるという病気だったのを救ったのがイアンハッチソンさん

そこでイアンハッチソン医師の経歴や収入に

コニーちゃんの赤鼻になった原因など調べてみました。

スポンサーリンク

赤鼻の少女コニーちゃん経歴

イギリスで生まれたコニーちゃん

まるでピエロのような赤鼻の容姿で誕生しました。

出典 https://gigazine.net

その赤鼻で周囲からいわれなき非難を受けたコニーちゃんの両親

しかし赤鼻をちょっとでも傷つけると死の危険があったそうです。

妊娠6ヵ月で鼻の近辺に陰があるといわれたものの

誕生直後のコニーちゃん鼻には異常がありませんでした。

誕生した翌日にコニーちゃんを見た両親は

真っ赤なあざみたいなものが鼻にあるのを発見

生後1ヵ月で4センチ余りの大きさに広がっていたそうです。

コニーちゃんを出産した産婦人科医が皮膚科の専門医を紹介

コニーちゃんの赤鼻が良性腫瘍の血管腫と診断されました。

腫瘍がこれ以上大きくならないようにと心臓病の薬を投与されました。

この薬の副作用が乳児の血管腫の成長を阻害する効果がある為なのですが、

生後間もない乳児に使用する例がコニーちゃんで8番目だったそうです。

この薬の投与以外に治療法がないと宣告されたコニーちゃんの両親

ちょっとでも彼女の鼻に傷がついた場合には、かすり傷程度でも

出血多量で死に至る危険性があるとも警告されたそうです。

コニーちゃんは生後4週間で鼻が赤く染まりピエロみたいな鼻に・・・

鼻の皮膚の内側で腫瘍が大きくなっていた為に命への危険も高くなっていました。

コニーちゃんの腫瘍を何とか治療しようと両親は手術してくれる医師を探して

顔面の傷のスペシャリストとして有名なイアンハッチソン医師を探し出して

コニーちゃんの腫瘍の摘出手術をしてもらったそうです。

出典 https://gigazine.net

摘出手術は成功して腫瘍を取り除いたコニーちゃんの赤鼻は

鼻にちょっと傷が残る程度になって性格も明るくなったそうです。

スポンサーリンク

イアンハッチソンさんのプロフィールと経歴

イアンハッチソン教授のプロフィール

名前: イアンハッチソン(Iain Hutchison)

生年月日:1949年(月日不明)

年齢:69歳(2018年)

職業:顔面外科医

出典 https://www.telegraph.co.uk

イアンハッチソン教授の経歴

St Bartholomew病院の顔面外科医のイアンハッチソン教授

北ロンドンに暮らしています。

イアンハッチソン教授の母親も医師として働いていましたが

ユダヤ人で難民だったそうです。

父親はイアンハッチソン教授が3ヵ月の時に離婚していて知らないそうです。

幼い頃はバーミンガムで暮していました。

イアンハッチソン教授は口腔と顔の再建に興味を持って

外科手術の勉強をしていました。

イアンハッチソン教授は傷ついた顔面の再建手術をすることは

人々の顔を縫い合わせる事なんだそうですが凄く興味を持っているそうです。

がん患者の腫瘍の除去と再建手術がメインで

良性でも外見の悪い腫瘍も手術するそうです。

2000年には研究慈善団体のSaving Facesを設立

顔面外科手術のデータを集積して治療の可能性を研究しています。

ある患者さんはがん手術を一度受けたのですが再発して

イアンハッチソン教授の元を訪れたそうです。

腫瘍は上あごから頭の中に入って下あごまで広がっていたそうです。

イアンハッチソン教授はなんと17回の手術をしたそうで

患者は左目と左下あごの一部を失ったそうですが、

15年間生存したそうです。

腫瘍の除去だけでなく弾丸の摘出手術も・・・

左目の後ろから右目の後ろに横たわった弾丸

患者が病院に到着して間もなく目が見えなくなったそうです、

イアンハッチソン教授が手術をして弾丸を摘出

患者が目をさますと目が見えて失明する事が無かったそうです。

イギリスで顔面外科医の凄腕外科医として

長年、手術しているのがイアンハッチソン教授なんですね!

スポンサーリンク

イアンハッチソン教授の年収

凄腕顔面外科医のイアンハッチソン教授の年収ってどのくらいなんでしょうか?

出典 https://pixabay.com

イアンハッチソン教授の年収が公開されていませんが、

イギリスの公的な病院の専門医の平均年収がおよそ2500万円程

イアンハッチソンさんが専門医でも教授で

イギリスでは知名度が高いので

イアンハッチソンさんの年収は2500万円以上はあるでしょう。

顔面外科の教授という事から

イアンハッチソン教授の年収は5000万円と推定します。

顔面再建手術時間が長いのでこの年収がいいのか疑問ですが・・・

好きじゃないとできない職業かもしれませんね!

最後に

赤鼻のコニーちゃんを救ったスーパードクターのイアンハッチソン教授について

調べてみました。

コニーちゃんの赤鼻は血管腫でちょっとの傷でも出血多量で死に至る危険性があり

この鼻の腫瘍を摘出したのがイアンハッチソン教授

イギリスで顔面の傷の再建手術のスペシャリストがイアンハッチソン教授

現在69歳のイアンハッチソン教授は

2000年には研究慈善団体を設立して顔面の再建手術の研究の創始者

次世代の顔面の傷の再建ができる医師をたくさん育成してもらいたいですね!

【ザ!世界仰天ニュース】でイアンハッチソン教授と同じく紹介された人物

【ザ!世界仰天ニュース】でタニアヘッドさんを紹介するので経歴を調べてみました。 タニアヘッドさんってアメリカの同時多発テロで奇跡の生還をし...
スポンサーリンク