エンタメ

田中照子の経歴!闘莉王祖母の波乱の人生って?【世界の村で発見!こんなところに日本人】

投稿日:

Pocket

【世界の村で発見!こんなところに日本人】で田中照子さんが紹介されるので経歴を調べてみました。

田中照子さんはサッカー元日本代表DF田中マルクス闘莉王の祖母

 

日本からブラジルへ移民して苦労された人物

 

死んだ子を背負って助けを・・・移民・戦争・波乱の人生だったそうで

番組では田中照子の生涯を紹介されます。

 

闘莉王選手や祖母の経歴に

田中照子さんの波乱の人生について調べてみました。

スポンサーリンク

田中マルクス闘莉王の祖母・田中照子さん経歴

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手の祖母の田中照子さんは富山県出身

 

田中照子さんは5歳の時に家族と共にブラジルへ移民されています。

 

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手の祖父は田中義行さんは広島県出身

12歳の時にブラジルへ移民されています。

出典 https://www.jica.go.jp

 

移民したブラジルで知り合って結婚されたんでしょうね!

 

ブラジルへ移民した日本人の多くはコーヒー農園の作業が中心だったのですが、

コーヒー農園での仕事は奴隷同然の過酷な労働だったそうですが、

雇われ農民から脱却して原生林を開拓

 

原生林を農地に開拓する重労働がさらに過酷

コレラやマラリアなどの疫病とも戦いながらの仕事で

過酷な条件に多くの方が亡くなっています。

 

ブラジルに移民した日本人が続々と事業で成功してくるようになると

ブラジルの現地人から妬みや差別感情が沸き上がって

日本人を締め出そうと画策されたりしたそうです。

 

第二次世界大戦ではブラジルと日本が対立関係だったので

日本人学校は行こうや邦人紙廃刊とブラジル移民に厳しい制限がありました。

 

道端で日本語をしゃべった人が逮捕されたりと酷い状況だったようです。

 

敗戦時には、ブラジル移民内での対立も勃発

敗戦を信じないグループと敗戦を受け入れたグループが対立

ブラジル移民の歴史の中で最も暗い時代だったそう。

 

田中照子さんが死んだ子を背負って助けを求めてとありましたが、

戦争時代だけでなく普段の暮らしも想像できない過酷なものだったんですね!

 

祖母の田中照子さんと祖父の田中義行さんの間に誕生したのが

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手のお父さん。

現地で生まれた日系ブラジル人2世のお父さんは日本語が出来ません!

 

そのお父さんと結婚したのがお母さんのマデルリさん

お母さんはイタリア系ブラジル人なので

お母さんの家族もイタリアからの移民なんでしょうね!

 

その両親から誕生したのが、田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手

日系ブラジル人3世ですね!

 

当然、日本語ができなかった田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手

祖母の田中照子さんから「いただきます」「ごちそうさま」を教えられた

唯一の日本語だったようです。

 

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手は

祖母や祖父の移民の苦労を知っていたので

日本に留学した時に経験した苦労が

祖母と祖父の苦労に比べたら大した事ないと思えたそうです。

 

ブラジルへ移民してきてコトバも文化も違う国で様々な苦労を乗り越えて

成功している祖母と祖父の体験を間近で見ていた事が

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手のパワーの源だそうです。

 

ブラジルという異国で家族を作ってブラジルに根を張って生きてきた

祖父と祖母を誇りに感じていてブラジルに帰る毎に

二人からパワーをもらって日本に戻っているそうです。

 

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手にとって

祖母の田中照子さんがモチベーション維持になっているようですね!

スポンサーリンク

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手の経歴

1997年にミラソウFCセレクションに合格

 

その1ヵ月後にミラソウFCを視察に来ていた

千葉県のシブヤ幕張高校サッカー部監督の宗像マルコス望氏にスカウトされて

日本の高校へ留学を誘われています。

出典 https://www.jica.go.jp

 

この当時の留学生候補が300人いたそうです。

 

渋谷幕張高校サッカー部監督が田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手を

スカウトした理由に

祖母の田中照子さんに育てられたから間違いなく成功する

祖母の田中照子さんを見て育った家庭環境がすぐ分かったとしていました。

 

この孫の日本への留学が夢のようだと田中照子さんは感涙したそうです。

 

日本の高校へサッカー留学した田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手は

渋谷幕張高校サッカー部の初めての全国大会出場に貢献

千葉県選抜チームでは国体で全国優勝を成し遂げています。

 

高校を卒業した田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手は

進学校だったのですが、大学へ進学せずに

祖父の田中義行さんの出身地の広島にある

サンフレッチェ広島に入団してプロサッカー選手・Jリーガーに

 

Jリーグの様々なチームを転々としてますが、現役選手として活躍されています。

 

2003年には日本国籍を取得して

アテネオリンピック日本代表に

2010年ワールドカップで守備の要としてフルタイム出場して

日本以外の開催地で初めて決勝トーナメント進出に貢献しています。

 

現在の田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手の所属チームが京都サンガF.C.

 

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手の年齢が37歳なので

そろそろ現役引退の可能性もありますね!

 

日本国籍を取得した田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手ですが

ブラジルでは二重国籍でも大丈夫という事なので

現役引退してブラジルに戻る可能性もありますね!

スポンサーリンク

最後に

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手の祖母である

ブラジルへ移民した田中照子さんについて調べてみました。

 

過酷な移民の暮らしを経験して

異国の地・ブラジルで成功して家族と暮らす田中照子さん

 

そんな祖母を持つ田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手も

日本に留学してサッカーの日本代表DFとして活躍しています。

 

田中マルクス闘莉王(トゥーリオ)選手が引退して

祖母のいるブラジルへ戻るのか注目が集まります。

スポンサーリンク

-エンタメ
-,

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.