ジーナデヘスース地下室監禁事件!脱出方法や犯人は?【ワールド犯罪ミステリー】

Pocket

【ワールド犯罪ミステリー】でジーナデヘスースさんが紹介されるので経歴を調べてみました。

ジーナデヘスースさんはクリーブランド監禁事件の地下室に10年間監禁された人物

監禁された当時14歳だった少女のジーナデヘスースさん

どのように監禁された地下室から脱出したのでしょうか?

10年間も監禁をしていた犯人が誰だったのか?

クリーブランド監禁事件について調べてみました。

スポンサーリンク

ジーナデヘスースさんが監禁された事件

2013年にアメリカのクリーブランドで発覚した誘拐監禁事件

2002年から2年間にかけて行方不明となった女性が3人

10年ぶりに監禁されていた家から救出された事件

アメリカ・オハイオ州・クリーブランドで起きた行方不明事件

2002年8月にミシェルナイトさんが実家を出て行方不明になったのが事件の始まり

そのおよそ8ヵ月後に行方不明になったのがアマンダベリーさん当時17歳

ハンバーガーショップでのアルバイトが終わって帰宅するはずだったのが行方不明

そして1年後に3人目の行方不明となったのが

当時14歳のジーナデヘスースさん

親友のアーリーンさんと一緒に帰宅する途中で行方不明に

同級生だったジーナデヘスースさんとアーリーンさんは

昔から家族ぐるみの付き合いで凄く仲良しだった二人

親友のアーリーンさんは悲しみに暮れる日々を過ごしていたそうです。

2年間の間に行方不明となった3人の女性がどうしていたのか・・・?

ある家の地下室に鎖でつながれて監禁されていたのです。

監禁している犯人はジーナデヘスースさん達に

テレビで流れる彼女達のニュースを見せていたそうです。

アメリカの失踪者数が年間に80万人以上と多く

身代金の要求がない限り本格的に捜査が行われない状況で

ジーナデヘスースの父親が捜査に乗り出したら町の住人も協力してくれて

ジーナデヘスースさん他2人の女性の捜索が始まったのでした。

町の住民総出でくまなく捜査

ジーナデヘスースさんの親友のアーリーンさんの父親のカストロさんは

スクールバスの運転手で子供が家の中に入るまで見届けてから

バスを走らせていたそうです。

ジーナデヘスースさんが失踪してから半年経過しても有力な情報がなく

町の住民の捜索が縮小されていました。

しかしジーナデヘスースさんの父親は個人的に捜索を続けていました。

ジーナデヘスースさんの親友の父親のカストロさんも捜索を続けていた一人

でも2年が経過しても行方不明になった女性たちの消息が全く掴めない状態

時が過ぎて10年の月日が過ぎていた時に

2番目に行方不明になったアマンダさんから警察に通報が入って

犯人と監禁されている場所が判明

3人の女性は10年という長い年月監禁されていましたが、

無事に救出されたのでした。

スポンサーリンク

ジーナデヘスースさんの監禁生活

10年間も監禁されていたジーナデヘスースさん

発見された時には24歳になっていましたが、

なぜ逃げたり脱出できなかったのでしょうか・・・?

出典 https://pixabay.com

ジーナデヘスースさんら3人の女性を地下室に監禁した犯人は

彼女達の失踪事件のテレビニュースを見せて

徐々に世間の関心が薄れていく様子を見せつけて

彼女達が生きられる場所がここしかないと思い込ませていました。

この犯人の洗脳で彼女達が逃げ出す気力を失っていたんですね!

3人の女性に与えられる食事が1日1回

ファーストフードのハンバーガーのみ

部屋を掃除した女性には他の女性の分のハンバーガーを与える犯人

犯人に気に入られなければ生きられないと

精神的に支配していった犯人

監禁生活が長くなっていたある日

ジーナデヘスースさん達の足の鎖が犯人から外されました。

しかも地下室のドアの鍵が掛かっていなかったのです。

ジーナデヘスースさんたち3人は逃げ出そうとドアを開けると・・・

犯人が3人の女性を待ち構えていました。

逃走しようとした罰として暴力を振るう犯人

犯人が仕組んだ罠だったんですね!

ジーナデヘスースさんたちが逃げる事を諦めるように仕組んだために

彼女達は完全に逃走する事を諦めていたのでした。

監禁されてから10年

再びドアの鍵が開いている日がありました。

またも犯人の罠なのか?罠なら暴力を振られる・・・

2番目に行方不明になったアマンダさんは

死んでもいい。ここにいるよりましっと思って

地下室から飛び出して逃走

通りがかった男性に救助されて近所の家から警察に通報して

駆け付けた警察官からジーナデヘスースさんとミシェルさんが救出されたのでした。

10年という長い月日と3人の女性が逃げ出す気力がない事から

油断した犯人が地下室のドアのかぎを閉め忘れただけだったんですね!

このチャンスを勇気を振り絞って掴んだのがアマンダさん

地下室から逃げ出して救助されたのでした。

もしアマンダさんが地下室から飛び出さなかったら

クリーブランド監禁事件が解決していなかったんですね!

スポンサーリンク

ジーナデヘスースさん達を監禁した犯人とは?

10年という長い間、3人の女性を監禁していた犯人とは誰なのか・・・?

犯人の名前はカストロ!

ジーナデヘスースさんの親友のアーリーンさんの父親だったんです!

ジーナデヘスースさんを監禁しておきながら

ジーナデヘスースさんの父親の捜索を協力していたカストロ

身代金を要求することもなく10年も監禁していたカストロ

目的は何だったんでしょうか?

町では気さくな性格で友人が多く

昼間はスクールバスの運転手

夜は趣味のバンドでベーシストとして演奏して

町では人気だったそうですが、

家庭内では仕事などでストレスが溜まると

妻に暴力を振るっていたそうでやがて離婚したカストロ

妻や子供達と別れて一人暮らしとなったのですが、

愛する家族を失って仕事でミスをして自暴自棄になったカストロ

そのストレスの影響でジーナデヘスースさんたちを誘拐して監禁したそうです。

ジーナデヘスースさん失踪直後には、親友だった娘のアーリーンさんが

カストロの元に訪ねてきていたそうですが、

地下室には親友のジーナデヘスースさんが監禁されていたんですね!

アマンダさんが地下室から脱出した時には

幼い子供がいたそうなんですが、

事件発覚後のDNA鑑定でこの父親がカストロと判明

監禁していた女性たちが妊娠すると

お腹を蹴ったり暴行を加えて流産させていたそうで、

監禁事件以外にも暴行など全部で977件の罪に問われて

仮釈放なしの終身刑と禁錮1000年の刑を受けたカストロ

刑務所の独房で判決から1ゕ月後に首をつって自殺しています。

ジーナデヘスースさんたちの今現在

監禁事件発覚後のジーナデヘスースさんの今現在はどうなのか・・・?

事件発覚当時には入院したジーナデヘスースさん達

数か月の入院後には回復して退院して家族の元に戻りました。

監禁された女性たちの人生を取り戻す為の基金が設立されて

全米各地から2億円以上の寄付金が集まったそうで

その基金でジーナデヘスースさんは大学に進学しています。

アマンダさんは家族や友人と幸せに過ごしているそうで

プライバシーを尊重してくれたお陰で普通の生活に戻れたとコメント

ミシェルさんは地獄を歩いてきたが笑顔が戻ってきた。

皆さんの心遣いに感謝して新しい人生が歩めそうです。とコメント

壮絶な監禁生活を10年以上送ったジーナデヘスースさん達

プライバシーの問題から今現在の状況は非公開にされているようです。

最後に

ジーナデヘスースさんが10年監禁された事件について調べてみました。

3人の女性を10年間監禁していた犯人が

ジーナデヘスースさんの親友の父親のカストロ

家庭内暴力から離婚して家族を失い

仕事でのミスが重なったストレスから

ジーナデヘスースさんらを誘拐して監禁したそう。

監禁している女性が逃げる気力がないと油断したカストロが

地下室のドアのかぎを閉め忘れたのを

勇気を振り絞って逃走して救助されたアマンダさんの行動で

事件が解決しました。

犯人のカストロは実刑判決が下された1ヵ月後に独房で

首をつって自殺しています。

映画にもなったクリーブランド監禁事件

今後このような悲惨な事件が起きない事を祈りたいですね!

スポンサーリンク