エンタメ

フロリダ州刑務所脱獄のロンデルリード!相棒や衝撃の結末とは?

投稿日:

Pocket

【本当にあった(秘)ミステリー】で脱獄犯のロンデルリードのストーリーを紹介

フロリダ州にある最高警備の刑務所からの脱獄を計画したロンデルリード

 

彼がなぜ脱獄を計画したのか?

脱獄方法や脱獄に成功したのか?

ロンデルリードの脱獄の結末や相棒について調べてみました。

スポンサーリンク

ロンデルリードが刑務所に入ったワケ

2011年にアメリカ・フロリダ州で起きた事件で

ロンデルリードは逮捕されて刑務所に入りました。

出典 http://syouji.blog.jp

 

ロンデルリードは自動車工場で勤務していて

自動車工場のオーナーと些細な事で口論となったのです。

 

自動車工場のオーナーの怒りが爆発して

なんとオーナーが銃を持ち出してロンデルリードに向かったのでした。

 

ロンデルリードはすぐにオーナーに詰め寄ってもみ合いとなりました。

二人がもみ合っている時に銃が暴発したのです。

 

この暴発によって自動車工場のオーナーは死亡

 

怖くなったロンデルリードは自動車で逃亡したのですが、

パトカーに追跡されてカーチェイス状態に

 

逃走途中で運転を誤って車が横転して逮捕されたのでした。

 

逃走中の事故によってロンデルリードは全身9ヵ所に骨折したため

アメリカ・フロリダ州の刑務所の病棟に搬送されて入院

 

およそ3ヵ月後に骨折も治って刑務所の病棟から牢獄へ移されて

事件の判決を待つ事になったのでした。

 

刑務所の病棟から移されたのが極悪犯罪者の収容される牢獄

当時の刑務官によると

凶悪犯の中に入ると脅えるのが普通だが

ロンデルリードは違っていたそうなんです。

スポンサーリンク

ロンデルリードの刑務所脱獄計画と相棒

彼の入ったフロリダ州の刑務所というのが

連続殺人犯や強姦魔など凶悪犯が溢れるアメリカ屈指の刑務所

 

でも

凶悪犯と一緒の牢獄にいて脅えなかったロンデルリード

というのも「自分は悪くない」という気持ちが常にあって

堂々としていました。

 

オーナーが持ち出した銃がもみ合い中に暴発して死亡しているので

彼が故意に殺害しようとしたワケじゃあなかったんですね!

 

自分が悪くないという自負が常にあって

刑務所の生活に耐えられなかったロンデルリードは

事件の判決が出る前に脱獄しようと考えたのです。

 

しかしこのフロリダ州の刑務所

常にカメラが刑務所内を監視

監視員がショットガンで武装していて

2重のフェンスで囲まれていて

アメリカで指折りの厳重な刑務所として有名でした。

 

ロンデルリードはこの厳重な刑務所から一人で脱獄するのは困難と判断

脱獄の相棒を探そうとしていたその時に

囚人仲間から脱獄を計画している囚人がいる事を聞きました。

 

その囚人がリーバイテイラー

出典 http://syouji.blog.jp

 

彼がロンデルリードの脱獄の相棒となる囚人で

ロンデルリードと同様に殺人罪で判決を待っている状態でした。

 

ロンデルリードがリーバイテイラーと接触

お互いに脱獄の相棒を探していた事から意気投合

 

ロンデルリードは看守に頼んで

リーバイテイラーと同部屋にしてもらって脱獄計画が始まったのです。

 

リーバイテイラーの脱獄計画が

換気口から倉庫へ行ってドアを開けると運動場に出れる

運動場から2重のフェンスまで30メートルを疾走してフェンスを越えるという計画

スポンサーリンク

ロンデルリードの刑務所脱獄

リーバイテイラーの脱獄計画が実行に移されましたが、

換気口には3本の鉄格子で塞がれていたので

鉄格子を外すための道具を準備する必要がありました。

出典 https://pixabay.com

 

リーバイテイラーは雑務をしている囚人から

本の中にのこぎりの歯を隠してもらってゲット

 

ロンデルリードはモップの先を解体して金属片をゲット

 

そして消灯時間を見計らって

換気口の鉄格子の切断が始まりました。

 

鋼鉄の鋼でできた鉄格子で安易に切断できなく

毎晩、看守の見回りのない時間で

少しずつ鉄格子を切断していったのです。

 

鉄格子の切断に成功したのが数ヵ月後

アメリカ屈指の厳重な刑務所なのに

数ヵ月もの間バレないってちょっと不思議な感じ!

 

ロンデルリードは換気口の途中で詰まってしまうために

リーバイテイラーが換気口を抜けて倉庫まで行くも

倉庫のドアは鍵がかかって開かず壊さないとドアを開けられない状態でした。

ドアを壊す時には音がでてバレるリスクがあったのです。

 

毎晩7時から放送されるアメフトの試合の時間には

囚人たちが熱狂している事から

この時間を見計らってリーバイテイラーがドアを破壊したのです。

 

リーバイテイラーは脱獄した後の逃走用にと

面会に訪れた恋人のセディーウォーカーに逃走車を準備するように

看守にバレないように頼んでいました。

 

脱獄の為に残るのは2重フェンスのレーザーワイヤー

ワイヤーに触れると電流が流れるものですね!

 

このレーザーワイヤーの対処方法として

シーツをかけてゴミ箱のフタを利用する事にしたのです。

 

脱獄決行の夜の看守の見回りが終了した後に

ゴミ袋に新聞紙を詰めてダミー人形を製作してベッドの中に

 

リーバイテイラーは換気口に詰まった事から

入手した頭髪用のグリースを全身に塗って換気口を突破

 

倉庫から運動場を駆け抜けて2重フェンスへ到着した二人

 

レーザーワイヤーから身を守るのに

ゴミ箱のフタを身体に巻き付けて

シーツをレーザーワイヤーに巻き付けて

1つ目のフェンスを突破

 

しかし二つ目のフェンスを突破するのに必要なシーツが

1つ目のフェンスのワイヤーに絡まって取れない状態

ここで脱獄計画変更

身体に巻き付けていたゴミ箱のフタで地面を掘り出すリーバイテイラー

フェンスの下に穴を掘って見事に二人は脱獄に成功したのです。

ロンデルリードの結末

脱獄に成功したロンデルリードの結末はどうなんでしょう・・・?

 

ロンデルリードとリーバイテイラー脱獄がバレたのが

二人が脱獄してから1時間が経過した時でした。

 

脱獄がバレた直後に指名手配された二人

フロリダ州の至る場所に検問が設けられたのですが、

有力な情報が得られない状態でした。

 

脱獄した二人は囚人服から

あらかじめマジックで黒く塗ったパンツに着替えて

付近をジョギングしているように装っていました。

 

しかしロンデルリードは逮捕時の交通事故の骨折が原因で

足が思うように動かずにベンチで途中休憩

 

その時にリーバイテイラーはロンデルリードを見捨てて

恋人が準備した逃走車に一人で向かい車に乗り込んだのです。

 

この時、二人の有力な情報がない状況で

警察は面会に来ていた人物が脱獄を手助けしたと考えて

リーバイテイラーの恋人に焦点を当てて捜索を開始

 

脱獄から2日後にリーバイテイラーの恋人を発見

彼女に尋問した結果

脱獄当日に車に乗せて街のスーパーで一旦別れて

再びスーパーで会う約束をしたという事が判明

 

スーパー周辺を一斉捜査した結果リーバイテイラーを発見

リーバイテイラーはわずか脱獄3日目で逮捕されたのでした。

 

一方見捨てられたロンデルリード

偶然に空き家を見つけてその空き家で1週間過ごして

体力の回復を待ったそうです。

 

体力が回復したロンデルリードは

自動車工場に忍び込んで洋服と現金を奪い

翌日に鍵がかかってない車を発見してフロリダ州の脱出に成功したのですが、

フロリダ州から脱出途中にガス欠になった時に

女性を襲って現金を奪った事で

ロンデルリードの居場所が警察にバレて一斉捜査が始まったのです。

 

ロンデルリードが脱獄してから10日後に

逃走車を運転しているのを警察が発見

逃走しようとあせったのか車の操作を誤って車が横転

 

ロンデルリードが脱獄10日後に逮捕されて

またも刑務所の病棟送りとなったのでした。

 

脱獄に成功した二人ですが、

最後には再び刑務所に逆戻りした二人

裁判で二人は終身刑に

 

脱獄しても逃げ切れないと再び刑務所に戻されて

罪も重くなるんですね!

 

ロンデルリードが脱獄しないで判決を待っていたなら

終身刑にならずに済んだ可能性が高い気がするのですが・・・

終身刑を言い渡された現在は檻の中で一生暮らす生活になってしまっています。

最後に

フロリダ州にあるアメリカ屈指の厳重な刑務所から脱獄したロンデルリード

刑務所が厳重な事から一人では無理と判断して相棒を探して

リーバイテイラーと共に脱獄計画を実行

 

脱獄に成功した二人ですが、

1ヵ月もしない間に再び刑務所に戻されています。

 

ロンデルリードが脱獄しないで判決を待つという選択をしていれば

終身刑という重い罪にならずに済んだ可能性があったと思われますが

後悔先に立たずですね!

スポンサーリンク

-エンタメ
-,

Copyright© 情報総合案内所 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.