山田真哉のfx損失額や印税が凄い!結婚(嫁・子供)や経歴について調査

Pocket

【アウト×デラックス】で山田真哉さんが出演するので経歴を調べてみました。

山田真哉さんは公認会計士・税理士でバストセラー作家

FXで失敗して損失額が凄かったそうなんですが、

山田真哉さんのFX損失額や本の印税に年収

結婚して嫁や子供がいるのかプロフィールと経歴を調べてみました。

スポンサーリンク

山田真哉さんのFX損失額が凄い

山田真哉さんが本の印税をFXに投資して損失額が凄かったそうですが、

FXでどれだけの損失額を出したのでしょうか?

山田真哉さんがFXを始めたのが2006年

知り合いの作家さんがFXをやっていてすごく儲かると聞いて

試しに100万円から始めたそうです。

FXを始めた当初にあっという間に3倍程度儲かったそうで

世の中チョロいと思ってどんどんと資金を投入

最終的には本で得た印税の2000万円程度を投資していたそうですが、

トータルで数千万円程度の儲けがあって

FXの資金が5000万円ほどあったそうです。

山田真哉さんがFXを始めた当時には

レバレッジ100倍でFX投資をしていたそうです。

山田真哉さんのFX資金が5000万円で100倍だったので

50億円のお金をFXで動かしていたんですね!

当時はFXの金利だけで1日10万円がはいってきていたそうで

何もしないで1日10万円が稼げる夢のような日々だったそうです。

2007年7月のサブプライムローンまでは・・・

サブプライムローンの影響で

円安傾向だったのが一気に円高に傾いたんだそうです。

山田真哉さんはサブプライムローンのちょっと前からヤバいと思っていたそうですが

どうせ本業以外で稼いだお金だし・・・と気が緩んでいたのと

山田真哉さんが売るのが苦手という事で

何もせずにいて気づいた時には手遅れで5000万円が全部消失

山田真哉さんのFXの損失額は5000万円

当時、FXの損失額が5000万円という凄い金額を亡くして

茫然自失になってただ立ち尽くすだけだったそうです。

でもあまりにショックだった事で

FXで損失額5000万円がなぜ出たのか・・・

いま自分がどれほど悲しんでいるのか・・・

と当時の心境と経緯を何十枚も原稿に書き残してパソコンに入っているそう。

このFX損失の経験を本に書いて

FX損失額5000万円を取り戻そうと思っているそうです。

失敗してもその経験を生かそうとしてるんですね!

でもFX損失額が5000万円って

一般人には到底できない損失ですよ!

レバレッジ100倍で50億円のお金を動かしていたって

金銭感覚がマヒ状態になりますよね!

気の弱い人だったらFXの損失額が5000万円にもおよべば

自殺しかねない金額ですよ!

スポンサーリンク

山田真哉さんの印税が凄い

山田真哉さんの本業は公認会計士と税理士ですが、

2005年に出版した著書「さおだけ屋はなぜつぶれないのか?」が

164万部を超えるベストセラーになっています。

この「さおだけ屋はなぜつぶれないのか?」ですが

会計が嫌い・苦手・勉強しても意味がないと思っている人におすすめの本で

日々の生活の「身近な疑問」から考えて会計の本質をつかむ本

最後まで読める会計の本としてベストセラーになったようです。

このベストセラー以外にも

山田真哉さんの著書として

山田真哉さんの印税の金額ですが、

ベストセラーとなった「さおだけ屋はなぜつぶれないのか?」だけでも160万部

本の印税って本の価格の10%と言われています。

単行本で700円の価格なので

この本だけの印税でおよそ1200万円

山田真哉さんはこの本以外にも多数出版しているので

作家だけでも印税だけで充分暮らしていける金額を稼いでいますね!

スポンサーリンク

山田真哉さんの結婚(嫁・子供)

山田真哉さんの年齢的に結婚して嫁さんや子供がいてもおかしくないですね!

山田真哉さんは結婚されていて

2010年には子供さんが誕生しています。

FXで大失敗して3年後に子供さんが誕生していますが、

その時に山田真哉さん育児休暇を取っていました。

FXで損失した後だったのか

育児休暇が変則的で週2日働くという方法をとって

一定の収入を保っていたそうです。

FXでの損失の影響が大きかったんでしょうね!

男性が育児休暇を取得するって凄い珍しいと思いますが

事務所の所長さんですから育児休暇が取りやすかったこともあるでしょう。

山田真哉さんの結婚した嫁さんや子供については

一般人なので情報がありませんでした。

山田真哉さんがタレントみたいに有名人ですから

家族の安全を考慮するとプライベートは公開していないんでしょう。

山田真哉さんのプロフィールと経歴

名前:山田真哉(やまだしんや)

生年月日:1976年6月16日

年齢:42歳(2018年)

出身地:兵庫県神戸市

学歴:大阪大学

職業:公認会計士・税理士・作家

元々、投資に興味があった山田真哉さん

投資信託を購入したのが初めての投資

新卒で東進ハイスクールに就職したのですが、

同社の株価が下がったと読み間違えて

それを理由に3ヵ月で退社

その後に猛勉強して公認会計士試験に合格

監査法人での勤務になって

株やFXなどの投資に興味があったのですが一時中断

監査法人を退職して投資を再開

「さおだけ屋がなぜつぶれないのか?」がベストセラーとなり

印税で得た資金でFXに挑戦

サブプライムローンの影響でFXで損失額5000万円を一気に失う

FX投資で失敗して恐怖心があり投資と距離をおいていたのですが、

2012年のアベノミクスから投資を再開

現在はタレントを中心に芸能界関係者の会計事務所を経営

ラジオやテレビ番組にも多数出演しています。

特に声優さんには通常価格の90%オフで仕事を引き受けているそうですが、

アニメや声優が大好きという事と

ラジオで声優の浅野真澄さんと共演している事から

破格の金額で仕事を引き受けているようです。

本業以外の作家や投資で稼いでいるので

破格な金額でできるんでしょうね!

最後に

山田真哉さんのFX損失額や印税額に結婚など経歴を調べてみました。

公認会計士で税理士の山田真哉さんですが

作家としてベストセラーを出版して稼いだ印税を

FXで5000万円損失しています。

5000万円という金額をFXで一気に失っていますが

本業の会計士や税理士としての収入が安定しているのでしょうね!

ベストセラー作家として天国を

FXで損失して地獄を見てきた山田真哉さん

作家として天国と地獄の体験談の出版を期待します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする