小池洋平(3Dアニメーター)経歴!勤務先や担当のゲームって?

Pocket

【グッと!地球便】で小池洋平さんが紹介されるので経歴を調べました。

小池洋平さんはアメリカで世界的大ヒットゲームを開発している

Blizzard Entertainment社で働くアニメーター

小池洋平さんのプロフィールや経歴に

現在の職場で担当しているゲーム等について調べてみました。

スポンサーリンク

小池洋平さんのプロフィールと経歴

城西国際大学のメディア文化学部に所属していた小池洋平さん

出典 https://entry.cgworld.jp

現在のアニメーターとは違いミュージシャンを目指してバンド活動をしてました。

大学を卒業して本格的にバンド活動をする為に就職しないでバイト生活を選んで

ケーブルテレビ局で営業職を担当したために

収入がよくて仕事も好きで精神的に楽だったそうですが、

バンド活動は難航

収入が良かったお陰でバイクやスノーボードなど趣味を楽しんでいた時に

恩師に言われた事を思いだして進路変換

大学時代に恩師から「君は3DCGの道に行くべき」と言われてたそうです。

3DCGならハリウッド!っとアメリカへ留学

アメリカのAcademy of Art Universityで美術の基礎を勉強を開始

留学当初は3DCGに関係のありそうな全てのものを触ってみようと

様々な授業を選択したそうです。

その中で鉛筆で書きこむ2Dアニメーションのクラスが

小池洋平さんにしっくりきたそうで

そこからアニメーターになる事を決めたそうです。

アメリカの留学先では日本の大学時代の一般教養の単位が認められたために

2年間で卒業できる特別コースを受講していたそうですが、

通常4年で卒業するのを半分の2年で卒業する為に

勉強量は膨大だったそうです。

2年間で卒業したのですが、就職活動する時間がなく

卒業後には1年程しゃぶしゃぶ屋で3日アルバイト

4日はアニメーション制作作業をする暮らし

それからサンフランシスコのPolygon Entertainmentというスタジオに就職

小さいスタジオでそこが閉鎖される直前に

2K Gemesに転職してゲーム制作に携わっていて

欧米で最大規模のアーティスト向けのイベント

CTN animation eXpoでBlizzard Entertainmentoのブースを発見して

小池洋平さんがアニメーションを見せた事で

契約社員のポジションをゲット

アニメーターとしてBlizzardで働き始めました。

社内では正社員になれるチャンスはほぼないと噂されていたのですが、

8ヵ月後には正社員をゲット

オフィスに呼ばれていつも開けっ放しのドアを閉めてくれと言われて

恐る恐る椅子に座ると・・・

予想してなかったが1つだけフルタイムのポジションがあって

小池洋平さんにオファーしたいと話されたそうで

予想外の知らせに夢かと思ったそうです。

他の契約社員にはディズニーやピクサーなど大手出身の人達がいて

自分が一番でないのは明白だったそうですが、

人事のトップからは

自分の意見をよく言ってくれるし

一番集中して仕事してたと言われたそうです。

大学を卒業してバンド活動を本格化する為にバイト生活をしていた小池洋平さん

バンドが売れていたら現在のアニメーターにはなっていなかったんですね!

バイト生活の時に、大学の恩師が言った事を思い出して

3DCGの業界で働く事を決心してアメリカへ留学

留学した美術大学で3DCGからアニメーターに進路変換

現在の仕事になっているんですね!

スポンサーリンク

小池洋平さんの現在の会社

小池洋平さんが勤務している会社がアメリカのBlizzard

20年以上ゲーム業界で第一線を走り続けている会社で

社員が2700人以上が在籍するモンスター会社

社員を大切にする会社なんだそうで

5年勤続でソード

10年勤続でシールド

15年勤続で高価なリングが贈呈される制度があるそうで

優秀な人材が会社から離れずに情熱をもって働けるようにという

戦略なんだそうです。

Blizzardの社訓に

全ての意見に意味がある

素晴らしいアイディアはどこからでもやってくるというのがあり

英語独自の上下関係を感じないでできる会話環境があるからこそ

素晴らしい作品のアイディアが出て来るようです。

この会社の環境が一人だけではできないクオリティを生み出し

素晴らし作品が出来上がる理由なんだそうです。

スポンサーリンク

小池洋平さんのアニメーターとしての作品って

小池洋平さんが会社で担当しているが短編CGアニメ映画の製作

ゲームで描かれていないキャラクターの背景を紹介する短編アニメ

販売するゲームではなくあくまでもゲームの宣伝で

ゲームファンを興奮させ続けるための短編アニメ

宣伝の短編アニメで

ゲームプレーヤーがキャラクターに感情移入して

ゲームの世界に没頭する為に作られるそうです。

この短編アニメというのは売り物でないのに

膨大なコストがかかるそうですが、

ゲームファンを魅了することで結果的に利益を生んでいると

Blizzardの会社が信じているから存在する部署なんだそうです。

小池洋平さんは留学中にブログを開設して

自分が受けたアニメーション教育を日本語で投稿しています。

2015年にはAnitoon Academiaというオンラインスクールを開講

日本では体系化されたアニメーションの基礎教育の環境がほぼないことから

一人でも生媚態という人がいて伝えられる事があるならと始めたそうです。

欧米のアニメーターの共通言語となっている基礎原則を

オンラインスクールで教えているそうです。

最後に

アメリカ最大のゲーム会社Blizzardで3Dアニメーターとして勤務する小池洋平さん

大学時代にはバンド活動に熱中して

大学卒業後に本格的にバンド活動をする為にバイト生活をしていたそうですが、

大学時代の恩師からの3DCGの道に行くべきという言葉を思い出して

アメリカの美術大学へ留学

留学した大学の授業で3DCGからアニメーターへ方向転換

現在はゲームを宣伝する短編アニメ制作をしています。

日本でアニメーターになりたい人に対して

オンラインスクールを開講して

欧米のアニメーターの教育環境を提供しているそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする