山口大志のwikiや年収!使用カメラやアマゾンに行く理由とは?

Pocket

【クレイジージャーニー】で山口大志さんが紹介されるので経歴を調べてみました。

山口大志さんはアマゾンの動物や植物を撮影し続けている写真家

山口大志さんのプロフィールや経歴に年収

使用しているカメラに写真集や個展に

なぜアマゾンで撮影し続けているのか理由を調べてみました。

スポンサーリンク

山口大志さんプロフィールや経歴

名前:山口大志(やまぐちひろし)

生年月日:1975年6月30日

年齢:43歳(2018年)

血液型:B型

出身地:佐賀県唐津市

職業:カメラマン

出典 https://prtimes.jp

幼い頃に昆虫採集や熱帯魚の飼育に熱中していた山口大志さん

自然に対する興味が小さい頃からあったんですね!

地元の唐津第5中学校を卒業して唐津工業高校へ進学

高校を卒業して自然への興味から

石垣島西表島に移住して7年間暮らしています。

石垣島西表島では非常勤で

環境省の西表野生生物保護センターで勤務

2004年に写真家の三好和義氏に師事

4年半の間アシスタントをして写真家としての基礎を学んでいます。

三好和義氏のアシスタントをした後に独立してフリーランスのカメラマンに

2010年にはオーストラリア・ウーメラ砂漠で

小惑星探査機「はやぶさ」帰還の決定的瞬間を撮影していて

この頃から本格的にアマゾンの撮影に取り組み始めました。

山口大志さんの写真家としての受賞歴が

2012年 日経ナショナルジオグラフィック写真賞優秀賞

2013年 日経ナショナルジオグラフィック写真賞優秀賞

2016年 第5回田淵行男賞で岳人賞

日経ナショナルジオグラフィック写真賞では2年連続で優秀賞を受賞

BBC Wildlife Photographer of the yearでは

2013年から2016年まで毎年ノミネートされてセミファイナリストになっています。

海外の写真家の賞でセミファイナリストになる山口大志さん

写真家としての才能が凄いのがわかりますね!

山口大志さんが結婚して嫁さんや子供がいるのか情報がありませんでした。

アマゾンで動植物を撮影し続けている山口大志さんなので

海外生活が長いでしょうから

現在も独身の可能性が高いみたいですね!

スポンサーリンク

山口大志さんの年収

山口大志さんの年収ってどの位なんでしょうね?

写真家の平均年収が380万円~550万円程度

出版社や新聞社や広告代理店のカメラマンの年収うが430万円ほどと

そんなに年収が良いワケではないようです。

山口大志さんはフリーランスの写真家で

フリーランスのカメラマンの年収はピンキリで

有名な写真家になると年収1000万円になる人もいるようです。

山口大志さんはホームページで

小惑星探査機「はやぶさ」の写真を3万円~5万円販売しています。

アマゾンの動植物の写真集を出版や個展の開催が

収入源なんじゃないでしょうかね?

アマゾンで撮影を続けられるだけの年収があるという事で

山口大志さんの年収は500万円以上あると考えられます。

スポンサーリンク

山口大志さんの写真集や写真展

山口大志さんがアマゾンで撮影した動物や植物が写真集として出版されています。

山口大志さんの写真集がこちら

南米アマゾン川流域での撮影で

幼いころにかんどうした色鮮やかな動物や熱帯魚の撮影で

カメラのシャッターを切った瞬間の写真家のワクワク感が伝わる写真集なんだそう。

山口大志さんのこれまでの写真展が

2000年 橿原市昆虫館 南の森の物語

2013年 佐賀県立宇宙科学館 「AMAZON -TROPICAL NATURE- 生命の鼓動」

2016年 南米大陸 いちばん遠い地球 フジフィルム スクエア企画写真展

私のNIKKOR/大自然の深奥を撮るでインタビュー出演されています。

WePhotoというネットのサイトでは

山口大志さんのオリジナルプリントが購入可能です。

山口大志さんのオリジナル写真

山口大志さんのオリジナルプリントの値段が12万円~24万円

さすがにオリジナルだと値段が違いますね!

山口大志さんが使用するカメラや機材

プロの写真家が使用するカメラや機材って気になりますね!

山口大志さんが使用するカメラや機材はどのメーカーなんでしょうか?

山口大志さんが使っているカメラの機種が

ニコンのデジタル一眼レフカメラD7200

アマゾンの薄暗い密林でも高感度で安定した高画質で撮影できるそうで

ニコンのD7200を使っている理由なんだそうです。

山口大志さんのカメラのレンズはニコンのDX 10-24mm

ワイドズームレンズでコンパクトで重くなく

ジャングルで持ち歩いても気にならないんだそうです。

22センチと至近距離から撮影しても

ダイナミックな写真を撮る事ができるそうです。

山口大志さんが使用しているカメラ・ニコンD7200の値段が78200円

レンズの値段が78000円

カメラとレンズの値段が同じくらいなのに驚きました。

カメラ機材を揃えるのって結構お金がかかるんですね!

山口大志さんがアマゾンにこだわる理由

山口大志さんが地球の裏側と凄い遠いアマゾンにこだわる理由は?

山口大志さんは自分の目でアマゾンをみたいからというのが理由なんです。

植物園で育ったヤシの木と

アマゾンの川で照り付ける太陽の下に生えるヤシの木は

姿形が違うそうです。

アリやハチが身体に張り付いて寝れなかったり

大きなワニやアナコンダと遭遇する水中撮影と

アマゾンでの体験がありえない面白いものばかり

その瞬間に自分がひらいていくのがわかってワクワクするそうです。

小名サイコロから自然にふれあい昆虫採集や熱帯魚の飼育が

やがて原産地のアマゾンへ興味が移って

見た事のない動植物や生息地に強い憧れをもっていったそうですが、

これがアマゾンでの撮影の原動力になっているそうです。

最後に

アマゾンの動物や植物を撮影し続ける山口大志さんについて調べてみました。

幼い頃から昆虫や熱帯魚に興味があり

やがて熱帯魚の原産地のアマゾンの憧れに変わって

写真家として撮影するようになった山口大志さん

大自然のアマゾンのすばらしさを

写真集や個展で日本で紹介し続けてもらいたいですね!

クレイジージャーニーで紹介された他の写真家がこちら!

【クレージージャーニー】でヨシダナギさんSPとして再び登場します! 今回はヨシダナギさんのヤワナワ族の未公開を一挙大公開 ヨシダナギ...
スポンサーリンク