飛行機に加湿器を持ち込み可能?飛行機内の乾燥対策アイテム

Pocket

飛行機の機内って寒くて凄く乾燥しています。

どうして飛行機内って寒くて乾燥しているのでしょうか?

 

飛行機内の寒さと乾燥している理由と

長時間の飛行機内での寒さと乾燥予防のアイテムを調べてみました。

スポンサーリンク

飛行機内が寒くて乾燥しているワケ

飛行機内が寒くて乾燥しているのにはワケがあります。

 

飛行機内の温度や湿度を調整しているのが、

飛行機が飛んでいる時にエンジンから出た熱い空気と

外気の冷たい空気を混ぜて飛行機内の温度が調節されています。

 

飛行機のエンジンから出る熱い空気の温度が850度と凄い高温なんです。

この高温の空気の温度を一気に下げると結露ができます。

 

この結露が機械のさびや故障の原因となります。

飛行機はちょっとした故障でも大事故になるリスクがあるので

結露を防ぐのに水分を除く機械が設置されていることから

飛行機内が乾燥するんです。

 

飛行機内がどれだけ乾燥しているのかというと湿度20%

湿度20%って砂漠にいるのとほぼ同じ湿度

 

これだけ乾燥していると肌がピリピリするし喉が痛くなってきます。

更に温度が24度以下に設定されていて湿度が低いので

凄く寒く感じてしまうんです。

 

でも飛行機が故障しない為に飛行機内が乾燥しているのは

仕方のない事ですが長時間フライトでは

肌のピリピリやのどの痛みを軽減したいですね!

スポンサーリンク

飛行機内に加湿器は持ち込み可能か?

飛行機の長時間フライトで心配なのが飛行機内の乾燥です。

肌がピリピリしたり喉が痛くなります。

 

飛行機内の乾燥対策として加湿器!

加湿器って飛行機内に持ち込みできるのでしょうか・・・?

 

飛行機内への加湿器の持ち込みは可能ですが、

加湿器のタイプや飛行機の種類によります。

 

携帯の加湿器のタイプが3種類

 

充電式携帯加湿器

内臓バッテリーでおよそ8時間使用可能

高さ20センチとやや高くてミストが出るので

機内の周囲の乗客への配慮が必要です。

 

バッテリーがリチウムイオンバッテリーだと機内持ち込み制限があり

100wh~160whで2個までなので注意が必要です。

 

USB接続型携帯加湿器

充電式よりコンパクトな加湿器

ペットボトルに差し込むタイプもあります。

 

航空会社によっては座席のUSBの差し込みを

携帯用加湿器の電源として使用できないようなので

飛行機会社に確認する必要があります。

 

パソコンのUSBポートを利用すれば

携帯加湿器を利用できますが、

利用する航空会社に問い合わせるのが安全ですね!

 

ペーパータイプの携帯加湿器

全く電源を必要としない携帯加湿器がペーパータイプ

コンパクトで簡単に使用できて持ち運ぶのにかさばりません。

 

コップに水を入れて置いてるのと比較すると

およそ10倍の加湿効果があるのがペーパータイプ

 

携帯加湿器には種類がありますが、

航空会社に問い合わせなくても使えるのがペーパータイプ

 

軽くてコンパクトなので

飛行機内の乾燥対策にはペーパータイプの携帯加湿器がいいです。

 

長時間のフライトの後に捨ててしまえば荷物になりません。

スポンサーリンク

機内に持ち込めて使用可能な加湿器

飛行機内に持ち込めてフライト中に使用できる加湿器の条件があります。

機内には他の乗客がいるので迷惑にならない事が基本になります。

・蒸気が拡散しない

・音がうるさくない

・香りがきつくない

・電源を必要としない

この条件を満たす携帯加湿器となると

ペーパータイプか乾電池タイプのハンディミスト

乾電池で使用するハンディミスト

・ペーパータイプの加湿器

飛行機内の乾燥対策にマスク!

飛行機内の乾燥対策に加湿器の代わりに便利なのがマスク!

 

乾燥している機内では喉が渇いて痛くなる事もありますが、

乾燥していると風邪をうつされやすいです。

 

のどの保湿をする事で乾燥だけでなく風邪予防もできるマスクが重要です。

普通のマスクにぬらしたガーゼを入れるのもいいのですが、

「のどぬーるぬれますく」がおススメ!

 

マスクの高密度のフィルターが呼吸中の水分を蒸気に変えて

およそ10時間ほどのどを潤してくれるので

長時間フライトも心配ありません。

飛行機内の乾燥対策アイテムを準備してない時には?

飛行機内の乾燥対策アイテムを準備してない時に

その場でできる乾燥対策を調べてみました。

 

コップに水を入れて置いておく。

何もしないよりも少しは乾燥を防げます。

 

飛行機内で配られるおしぼりを返さずに

おしぼりに水を十分含ませて、座席前のテーブルに置いておく。

 

ただ、寝ている間に片づけられてしまう可能性があるので

寝る時には注意が必要ですね!

 

長時間フライトのケースでは

乾燥対策としてアイテムの準備を忘れないようするのが無難ですが

出発前に空港でマスクを購入するのが最後の乾燥対策です。

最後に

飛行機内が湿度20%と乾燥しているのは

エンジンの故障予防の為で仕方のないことです。

 

機内の乾燥対策アイテムとして携帯用加湿器がありますが、

持ち込み制限などを考慮するとペーパータイプの加湿器が心配ないです。

 

携帯用加湿器以外ではマスクで喉の乾燥を防ぐのが

乾燥以外に風邪を移されるリスクを防ぎます。

 

充電式やUSBタイプの携帯加湿器を利用したい場合には、

航空会社に問い合わせて持ち込みの有無を確認しましょう。

スポンサーリンク