眞鍋沙智の経歴!お店の場所や手描友禅の値段って?【にじいろジーン】

Pocket

【にじいろジーン】の感動!感涙!感謝!にじいろ3Kanヒロイン」で

手描友禅作家の眞鍋沙智(まなべさち)さんが紹介されます。

 

眞鍋沙智さんがなぜ手描友禅作家になったのか理由や経歴

眞鍋沙智さんが作業をするアトリエやお店の場所に

彼女の手描友禅の作品の値段などを調べてみました。

スポンサーリンク

眞鍋沙智さんの経歴&プロフィール

名前:眞鍋沙智(まなべさち)

生年月日:1984年12月8日

出身地:愛知県名古屋市

学歴:立命館大学文学部日本史学専攻

眞鍋沙智さんの出身が愛知県で京都でなく

家族が伝統工芸をしていたワケでもないのですが、

芸大出身の母親が能の研究をしていたのと

親戚に能楽師がいたので中学生の頃には能をしたりと

日本の伝統芸能に触れる環境にありました。

5歳の時に若沖の鶴の模写に取り組んだことがきっかけで

絵を描く事の楽しさを覚えた眞鍋沙智さん

母親から友禅は絵を描くように着物に柄付けして染めると教わった事で

歴史への興味が強くなり

高校時代には京都の史跡めぐりを一人でしていた程

日本の歴史や伝統文化に関心があったようで

大学進学では立命館大学史学科にしています。

絵を描くのが好きだった眞鍋沙智さんは芸大への進学に関心も

しかし「絵は勉強しながらでも描き続けられるんじゃない?」と

親のアドバイスもあり立命館大学への進学になったそうです。

大学に入学してすぐに絵の基礎作りの為に

デッサンスクール「アトリエ路樹絵」に通い始めています。

このデッサンスクールの知人に教えてもらった

京都市主催の手描友禅の講習に参加してハマってしまったんだそうです。

ファッション好きな眞鍋沙智さん

着れて・描けて・歴史やアートにもリンクする手描友禅の魅力に

惹かれてしまったんだそう。

ある時、手描友禅の師匠となる吉田喜八郎さんの元で働いていた人と

知り合うと工房に誘われたんだそう。

工房では師匠の手描友禅の作品に惚れ込んでしまい

着物を作りたいという希望と熱意で弟子入りを申し入れたそうです。

染色に従事していない人を受け入れない工房だったので

知人の絞り染め工房でバイトをしている事にしてもらい

吉田喜八郎さんへ弟子入りしたそうです。

師匠の吉田喜八郎さんは弟子入り当初から

現場で作品をどんどん作らせてくれる方針だったそうで

弟子入り後から1年半程で着物づくりに挑戦しました。

吉田喜八郎さんに弟子入りして3年目

業界の状況や景気の悪化や体調を崩して

一月ほど熱が出るようになってしまって退職しています。

実家の愛知県で過ごしていた時に

友人からお寺で開催される着物コレクション展に出品しないかと誘われて

手描友禅作家として再スタートを切りました。

眞鍋沙智さんは着物講師や着付師の資格も取得しているのですが、

着物を着るという視点からのデザインをする為なんだそうです。

2011年には日本新工芸新人奨励賞を受賞しています。

スポンサーリンク

眞鍋沙智さん のお店の名前や場所

手描き友禅作家として独立している眞鍋沙智さん

彼女のアトリエは京都にあるのですが、

場所は公開されていません。

眞鍋沙智さんのお店はインターネットのサイトにありました。

眞鍋沙智さんのお店のサイトがこちら

MIDNIGHT FACTORY

こちらのサイトでは着物を販売しているワケでなく

友禅デザインの風呂敷やタイルを販売しています。

大判風呂敷の値段が4860円と5400円

出典 https://sachifactorykyoto.stores.jp

友禅デザインのタイルの値段が7020円

風呂敷なら着物と違って手軽に購入できますね!

眞鍋沙智さん の手描き友禅の値段

眞鍋沙智さんの手描き友禅の作品の値段が気になりますね!

眞鍋沙智さんの手描き友禅の着物の値段はわかりませんでした。

ただ眞鍋沙智さんのブログのサイトで注文できるのですが、

予算が10万円以下から50万円以上とあったので

予算や種類によって値段が決まるようなので

オーダーして相談して値段が決まるようです。

出典 http://manabesachi.com

手描き友禅といっても

風呂敷・ふきさ・草履・バックなどの小物類

着物には小紋・訪問着・付け下げ・色無地

帯には名古屋帯・袋帯・各帯と種類があるので

オーダーする時に相談して決めないとダメですね!

眞鍋沙智さんの手描き友禅を注文するサイトがこちら

Manabe Sachi

眞鍋沙智さんの作品は伝統文化にない

斬新なデザインが評価されています。

展示するとインパクトがある着物ですが

見ても来ても飾っても楽しいアート性のあるデザインをコンセプトにして

作品を制作している眞鍋沙智さん

ファッションや映画など西洋文化の配色の影響を受けた作品なのは

学生時代に映画に夢中になっていたからで

日本画にはあまり携わってこなかったんだそうです。

その為に和っぽくなりすぎずに新しいと評価を受けています。

スポンサーリンク

最後に

手描き友禅作家の眞鍋沙智さんについて調べてみました。

眞鍋沙智さんのお店はインターネットのサイトがありました。

 

眞鍋沙智さんの作品の値段はオーダーメイドなので

予算に合わせて制作されるようになっていて

眞鍋沙智さんのブログから注文できるようになっています。

 

眞鍋沙智さんの活躍で着物の需要が増えてくるといいですね!

 

感動!感涙!感謝!にじいろ3Kanヒロインで紹介された女性職人

有松鳴海絞(ありまつなるみしぼり)の括り職人・大須賀彩さん