永井真知子の皮膚科やジムの場所?ボディビル経歴や年齢に身長を調査【ナカイの窓】

Pocket

【ナカイの窓】で美人女医さんと円卓トークの第2弾!

 

その中の一人のマッスルドクターと呼ばれる皮膚科の永井真知子先生

 

皮膚科の医師にボディビルダーとして活動される以外にも

ヨガのインストラクターとマルチな活動をしています。

 

そんな永井真知子さんの皮膚科やジムの場所

ヨガの資格やボディビルの経歴に

身長や年齢などプロフィールを調べてみました。

スポンサーリンク

永井真知子さん経歴やプロフィール

名前:永井真知子(ながいまちこ)

生年月日:1980年(月日不明)

年齢:39歳(2019年)

学歴:産業医科大学

医者になるまでの人生が壮絶な永井真知子さん

 

医者か弁護士になれと

母親からの英才教育で受験勉強の日々を小学校からしていました。

中学受験前に成績が落ちるとバケツの水を頭からかえられたそう・・・

 

桜陰中学を受験したんだそうですが

合格しなければ死ぬしかないと死に場所を探していたとか・・・

 

幸いにも中学に合格

中高一貫教育の学校で

似たような境遇の人が多かったようで友人には恵まれたそうです。

 

1回目の大学受験で合格した大学を退学

母親から決別してその日暮らしの生活となっていたそうです。

 

アンダーグランドの世界で出会った人達から

医者になって弱い者の気持ちがわかる医者になってほしいといわれて

全額学費を貸してくれる九州に行って医者になったそうです。

 

辛い経験をして医師となった永井真知子さんなので

辛い患者さんの気持ちがよーくわかる医者なんでしょうね!

 

大学卒業後には都立病院(内科)に勤務

現在は都内のクリニック(内科・皮膚科)で働いています。

 

ボディビルダーになる以前に

ヨガのインストラクターの資格を取得しています。

 

全米ヨガアライアンス認定のインストラクターの資格

 

このヨガ協会は世界70ヵ国で通用する資格で世界最大のヨガ協会

認定資格を取得するには200時間のカリキュラムを受講する必要があり

医者として勤務しながらカリキュラムを受けるって凄いですね!

 

ボディビルを始めたのは

過食嘔吐の症状がでて太った?事から

ライザップに入会して始めたそうです。

 

ライザップのボディメイクグランプリ2018の

東京大会アート部門で2位を獲得しています。

 

ヨガのインストラクターの資格を取得したり

ボディビルでは2位入賞するなど

趣味をとことんまで追及されているんですね!

スポンサーリンク

永井真知子さんの皮膚科の場所

大学を卒業後から都内の病院に勤務して

2016年から皮膚科・美容皮膚科医として

明治通りクリニックで勤務しています。

 

現在の病院で永井真知子さん副院長として勤務しているんですね!

美容皮膚科というのは

しみ・そばかす・しわ・たるみの治療やタトゥーの除去など

 

永井真知子さんが勤務する皮膚科では

女性専門外来があって女性の医師が担当

ピアス専門の診療室があるそうで

女性にやさしいクリニックなんですね!

 

院長が日本で初めてピアッサーを開発されたそうで

ピアス治療やピアッシングは日本一

 

永井真知子さんの勤務する皮膚科の詳細ですが

住所:東京都渋谷区神宮前6-19-14 神宮前ハッピービル5階

電話:03-6418-4411

診療時間:11時~14時/15時~19時

診療科目:皮膚科・形成外科・アレルギー科

永井真知子さんのジムの場所

ダイエットの為に始めたウエイトトレーニングにハマって

ボディビルの大会に出場して入賞するまでになった永井真知子さん

 

永井真知子さんがトレーニングするジムってどこなんでしょう?

 

ダイエットで始めた筋トレですが、

最初はライザップのジムでウエイトトレーニングをしていました。

現在はライザップは卒業しているそうなので

ライザップのジムに通っていないようです。

 

現在のウエイトトレーニングのジムはどこなのか公表していませんが、

勤務している皮膚科のクリニックが東京渋谷区なので

クリニック近辺のジムでトレーニングしている可能性が高いですね!

 

クリニックの診療時間が19時までなので

勤務後にウエイトトレーニングとなると

クリニックの近くのジムに行っているのでしょう。

スポンサーリンク

永井真知子さんのボディビルの経歴

ダイエットの為に始めた筋トレにハマってボディビルの大会に出場

永井真知子さんのボディビルの経歴について調べてみました。

 

2018年7月に開催されたライザップ主催の

バディメイクグランプリ(BDC)東京大会ART部門で準優勝

 

このART部門というのは参加条件なしで筋肉の美しさを競う部門

2018年9月に開催の

2018NPCJ GRAND PRIX SERIES/BEEF SAKAKI JAPAN CLASSICでは

 

Bikini novice(ビキニノービス)部門で5位

Bikini(ビキニ)部門で7位とボディビル歴が長くないのに

入賞するって凄いトレーニングを積んだんでしょうね!

 

永井真知子さんの年齢が現在39歳

アラフィフで初めて入賞するまでになるには

かなりのトレーニングを積んだんでしょう。

 

永井真知子さんの熱心さに脱帽ですね!

最後に

マッスルドクターと呼ばれる皮膚科の先生・永井真知子さんについて調べてみました。

 

ボディビルを始めたきっかけがダイエットなのに

ハマって大会に出場して入賞するほどまでにトレーニング

 

現在はクリニックの副院長として勤務しながら

ボディビルのトレーニングをしているようです。

 

皮膚科だけでなくダイエットしたい女性に

ボディビルのインストラクターとして指導する日がくるのかも・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ほったらかしで日給1万円も可能なFX自動売買システム(EA)を無料プレゼント中!!(期間限定)

詳細はここをクリック!(^^)!