繁原ひなののwiki経歴!中学や高校は?近代五種の成績や種目に驚愕!

Pocket

近代五種競技で東京オリンピックを目指す繁原ひなの選手

 

近代五種の競技歴わずか1年あまりで

ジュニアオリンピックカップで優勝した逸材なんです。

 

近代五種は五種目の競技をたった1日で行うハードな競技

 

繁原ひなの選手の出身中学や高校など

wiki風プロフィールや経歴と

近代五種の種目について調べてみました。

スポンサーリンク

繁原ひなの選手の経歴とプロフィール

名前:繁原ひなの(しげはらひなの)

生年月日:2001年2月27日

年齢:18歳(2019年)

出身地:愛知県岡崎市

身長:168センチ

学歴:日本体育大学荏原高等学校

近代五種の繁原ひなの選手

現役高校生と若い選手なんです!

 

繁原ひなの選手は幼い頃から水泳と陸上競技をしていました。

中学時代に近代三種の存在を知って

近代三種へ挑戦することを決意したそうです。

 

近代三種という競技は近代五種の入門編で

馬術とフェンシングを除く

水泳とコンバインドの三種目で競うスポーツ

 

水泳とコンバインドだと二種目と勘違いしますが、

コンバインドはランニングと射撃を交互に行う種目なので

三種目になるんです。

 

水泳と陸上競技は幼い頃から取り組んでいた繁原ひなの選手

彼女のお父さんが警察官で

お父さんから射撃の指導をしてもらって練習したそうです。

 

近代三種の競技を練習し始めて1年後

中学三年生で近代三種日本選手権に初出場して優勝する快挙!

 

ジュニアオリンピックカップでは2連覇を達成しています。

 

近代五種でオリンピック出場を目指す繁原ひなの選手は

より良い環境を求めて東京の高校へ進学

近代五種へと競技を変更

 

2016年の近代五種アジア選手権のユース女子リレーで4位入賞

 

2017年のU-19世界選手権に日本代表として出場

馬術を除く4種目(フェンシング・水泳・レーザーラン)で競われて

残念ながら予選落ちと世界の壁の厚さを痛感したようです。

 

2018年のユースオリンピックアジア大陸予選で

日本人選手最高位の9位でユースオリンピック出場権を獲得

 

アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたユースオリンピックで

出場選手24名中23位と世界の壁を痛感しています。

 

これを励みにオリンピックでメダルを取れる選手に

成長してほしいですね!

スポンサーリンク

繁原ひなの選手の中学や高校

繁原ひなの選手の出身中学が

地元・愛知県岡崎市葵中学校

 

水泳と陸上を取り組んでいた繁原ひなの選手は

近代三種競技の存在を中学2年生の時に知って

近代三種競技に取り組み始めています。

お父さんが警察でお父さんから射撃の手ほどきを受けて

競技歴わずか1年あまりでジュニアオリンピックカップで優勝

 

近代五種でオリンピックを目指す繁原ひなの選手は

中学卒業後の進路として練習環境の良い東京の高校へ進学しています。

 

地元の愛知県岡崎市立葵中学を卒業して

進学した高校が日本体育大学荏原高等学校

 

親元を離れて高校では寮生活をしているそうです。

 

でも近代五種の部活があるワケじゃないんです。

5種目と種目が多く毎日ハードなスケジュールをこなす繁原ひなの選手

 

平日は朝5時に起床して駅伝部の朝練習に参加

放課後は水泳部の練習に参加しておよそ2時間の泳ぎこみに基礎運動

平日はだいたい4時間の練習をこなすそうです。

 

高校でできない種目は土曜日や日曜日に

日本体育大学でコンバインド(ランニングと射撃を交互に行う種目)や

フェンシングの練習を大学生と共に行う事およそ2時間

 

これで終わりじゃありません!

日本体育大学での練習が終わると馬術の練習のために

横浜の馬場へ練習場所を移動

 

近代五種では馬術の馬は抽選なんだそうで

クセのある馬も乗りこなさないとダメなんだそう。

 

高校へ入学してから始めたばかりの馬術で

繁原ひなの選手の一番の課題種目になっているそうです。

 

これだけハードなスケジュールをこなしながらも

高校での成績がトップクラスという彼女

 

高校卒業後の進路ですが大学進学なら

高校時代から練習環境となっている日本体育大学が確実でしょう。

 

大学に進学しない場合には、

近代五種を練習する一番いい環境って

自衛隊じゃないでしょうかね?

 

東京オリンピックの近代五種でメダル獲得する事を期待したいですね!

スポンサーリンク

 

繁原ひなの選手の近代五種

繁原ひなの選手が取り組む近代五種という競技

日本では馴染みの薄いマイナーな競技ですが、

「キング・オブ・スポーツ」と呼ばれて

1912年開催のストックホルムオリンピックから

オリンピックで正式種目として採用されている競技なんです。

近代五種の競技種目というのが

なんと19世紀のナポレオン時代の戦場の実践をルーツにしています。

 

近代五種の種目のルーツを見ると

【馬術】 兵士が馬で敵陣に乗り込む

【水泳】 戦場の川を泳いで渡る

【フェンシング】 敵を剣で打ち倒す

【レーザーラン】(ランニングと射撃を合わせた種目)

         敵陣に箸込み銃を撃つ

 

この五種目をたったの1日で全て行うんです!

凄いハードな競技なんですね!

 

試合が1日で終了しますが、

種目の多さから毎日の練習はハードだし

練習時間や場所の確保が大変な事から

競技人口が増えにくいということが挙げられます。

 

繁原ひなの選手が東京オリンピックで活躍して

競技人口が増えて

日本国内でメジャーなスポーツになるといいですね!

 

 

最後に

近代五種で東京オリンピックを目指す繁原ひなの選手について調べてみました。

 

近代五種の競技歴1年で

ジュニアオリンピックカップで優勝する快挙を成し遂げて

更に2連覇した繁原ひなの選手

 

より良い練習環境を求めて

中学卒業後には東京の高校へ進学

 

進学した高校が日本体育大学荏原高等学校

 

ユースオリンピックアジア予選で日本人トップの9位で

ユースオリンピック代表となり出場して

24選手中23位と世界の壁を痛感しています。

 

東京オリンピック目指して

日々の練習に励む繁原ひなの選手

メダルを獲得するのを期待したいですね!

 

東京オリンピック注目選手がこちら

東京オリンピックのサーフィンで金メダル候補の五十嵐カノア選手 東京オリンピックの競技でサーフィンがあるんですね! サーフィンをどこでやる...
2018年世界柔道選手権女子78キロ超級代表の朝比奈沙羅選手 世界柔道で初めて優勝! 今大会で日本女子選手全員が表彰台と初めての快挙...
2018年世界柔道選手権男子100キロ級代表のウルフアロン選手 2017年の世界選手権で初優勝して2連覇を目指すウルフアロン選手 今...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ほったらかしで日給1万円も可能なFX自動売買システム(EA)を無料プレゼント中!!(期間限定)

詳細はここをクリック!(^^)!