どんぐり(女優)旦那や子供は?過去の職業や俳優になった理由とは!

Pocket

個性派女優のどんぐり(竹原芳子)さん

 

「カメラを止めるな」で有名になった女優さんで

竹原芳子さんから「どんぐり」に改名しています。

 

なぜ、どんぐりって芸名なのか?

なんと50歳になるまでは芸能界と無縁の仕事をしていたそう。

 

女優として有名になったのが

映画「カメラを止めるな」のテレビ局プロデューサー役でした。

 

インパクトのある顔とセリフがブレイクした理由なのか?

一度、見たら忘れられない女優さんです。

 

どんぐり(女優)さんの過去の職業や女優になった理由など

経歴に結婚して旦那さんや子供がいるのか

調べてみました。

スポンサーリンク

どんぐり(女優)さんの経歴とプロフィール

名前:竹原芳子(たけはらよしこ)

生年月日:1960年2月10日

年齢:59歳(2019年)

出身地:大阪府

血液型:B型

身長:150センチ

所属:映画24区

どんぐり(女優)さんが出演した作品の経歴

舞台

2016年 間座『恋の虫』電気屋店員の役

2016年 間座『発明王』人間ロボットの役

2017年 間座『クリスマスコメディ』蛾の役

 

テレビ

2018年 『痛快TVスカッとジャパン』大阪のおばちゃん役

 

映画

2018年 『カメラを止めるな!』プロデューサー役

2018年 『8年と1泊2日』旅館の女将役

2018年 『クレイジーアイランド』島の長老役

 

どんぐりさんの女優としての経歴って凄い浅いんですね!

59歳の年齢なのに一体どうしてなのでしょうか?

 

映画「カメラを止めるな!」で一躍有名になったどんぐりさん

 

短大を卒業して証券会社に就職して

営業の仕事を12~13年していました。

 

女優として下積み生活をしていたワケじゃなかったんですね!

 

インパクトのある容姿ですから

証券会社の営業だったら

一度、顔みたら忘れる事はないですね!

 

証券会社の営業の仕事から女優になったのではなく

裁判所の臨時の事務官に転職しています。

 

この仕事で相手にうまく話が伝わらないと感じて

話し方教室と落語教室に通い始めたどんぐりさん

 

50歳の頃に

「人生、これでええんやろか」

「このままでいいんかな?」っと思ったそうです。

 

そんな時に大河ドラマ「秀吉」の場面を思いだしたそう。

 

それが

織田信長が本能寺の変で「人間50年」って言いながら亡くなるシーン

 

「信長やったら死んでる」って思い

ここから第二の人生やんって気持ちになって

なんと吉本興業のお笑い芸人養成所に申し込みをしたそうです。

 

ここでどんぐりさんが芸能界と接点を持つ事になるんですね!

第二の人生で吉本の養成所に申し込むって

お笑い芸人をめざしたんでしょうかね?

 

どんぐりさんの同期には

コロコロチキチキペッパーズがいます。

 

どんぐりさんは当初、ピン芸人として芸能界活動を始めていたんです。

 

そして落語家に弟子入りを決意したのですが

年齢制限で断れてしまいました。

 

そして55歳の時に「芝居の勉強がしたい」とワークショップへ

 

50歳を過ぎてるのに凄い勉強熱心な方なんですね!

 

2016年には間寛平さんの劇団の舞台に女優として参加

どんぐりさんの女優としての活動は2016年からという事になります。

 

 

芝居のワークショップで出会った映画監督の今泉力哉監督の映画を

見に行った時の事

 

会場にあった映画のオーディションのチラシを持ち帰って

チラシの裏側に名前を書いてオーデションを申し込み

 

この時、チラシの裏側を提出したのはどんぐりさんのみで

他の応募者はちゃんとした履歴書を提出していたそうです。

 

このオーデションが映画「カメラを止めるな!」だったんです。

見事、オーデションに合格して出演したどんぐりさん

女優として一躍有名になりました。

スポンサーリンク

どんぐりさんの旦那や子供は?

女優としてブレイクしたどんぐりさん

結婚して旦那さんや子供さんがいるのでしょうか?

 

現在59歳という年齢のどんぐりさんなので

子供さんが成人していて結婚して孫がいてもおかしくないですね!

どんぐりさんは結婚していなく旦那さんや子供さんがいません。

 

好きなタイプの男性が西田敏行さんや斎藤工さんに夷子さんと

かなりタイプに違いがあるようです。

 

結婚して旦那さんや子供がいる母親だったとしたら

50歳を過ぎてからお笑い養成所に挑戦するって

家族の理解や協力が必要なので難しいですし

 

更に55歳から芝居の勉強とワークショップに通えたのは

独身で自由に行動できたからなんでしょうね!

スポンサーリンク

どんぐり(女優)さんの過去の職業

50歳を過ぎてから芸人を目指したどんぐりさん

50歳までフツーに会社員として働いていたそうです。

 

女優となる前の過去の職業が気になります。

 

どんぐり(女優)さんは短大を卒業した時に

できたばかりの吉本興業のお笑い養成所(NSC)の1期生の募集を見て

応募しようと思っていたんだそうです。

 

しかし周囲の反対と既に就職が決まっていた事から断念していたんです。

もともと、芸能界に興味はあったんですね!

 

短大を卒業して証券会社に就職

営業職として12年ほど勤務しています。

 

証券会社を辞めて転職した先が裁判所の臨時の事務官

 

ハローワークで裁判所の臨時職員のポスターを見つけて

なんとなく履歴書を出してみたら・・・

採用になったんだそうで、

 

「裁判所に新しい風をふき込んでください」って言われたそう・・・・

どんぐり(女優)さんの容姿から

何かしてくれそうっと期待されたんでしょうね!

 

裁判所で働いていた時に落語教室に通っていて

アマチュア落語家として高座に上がっているので

この時が初めての芸能界という事になりますね!

 

50歳の時に人生これでいいのか?っと

吉本興業のお笑い養成所に申し込んで芸人としてスタート

 

落語家の弟子入りは年齢制限でできませんでしたが、

 

55歳で芝居がしたいっとワークショップへ通い出して

この芝居のワークショップで出会った映画監督の映画

「カメラを止めるな!」のオーディションに応募

 

見事にオーデションに受かって出演して一躍有名になりました。

 

一躍有名になった映画「カメラを止めるな!」では

芸名は竹原芳子でその後に「どんぐり」に改名しています。

 

有名になってすぐに改名したのは

8年間所属していた吉本興業から映画24区に変わった事と

子供からお年寄りまで覚えてもらいやすい名前にしたいという事から

どんぐりと芸名を変更したんだそうです。

 

芸名がどんぐりだとすぐに覚えてもらえますが、

どんぐりさんの容姿ならどんな芸名でもすぐに覚えてもらえますね!

どんぐり(女優)さんの年収って?

映画「カメラを止めるな!」で一躍有名になったどんぐり(女優)さん

ブレイクした新人女優さんの年収ってどの位なんでしょう?

 

どんぐり(女優)さんがブレイクしたのが2018年で

まだ1年も経過していません。

 

ブレイク前には無名で出演している舞台や映画がほぼありませんので

女優としての年収はないも同然だったでしょう。

 

おそらく会社員をしていた時代の蓄えで

生活していたと考えられますね!

 

現在のどんぐり(女優)さんの年収はほぼないに等しいと

言えますがブレイクしてテレビ出演やCMに舞台に映画と

女優としての活動が一気に増えるでしょうから

すぐに会社員時代の貯金額以上の収入になるでしょう。

 

既に凄い収入になっているかもしれません。

個性派女優として活躍してほしいですね!

最後に

個性派女優のどんぐり(女優)さんについて調べてみました。

 

50歳までフツーに社会人として働いていたどんぐりさん

過去の職業が証券会社の営業に裁判所の臨時の事務官

 

50歳となってこれでいいのか?と疑問に思って

第二の人生のスタートと吉本興業のお笑い養成所に申し込んで

芸人としてスタートしています。

 

55歳から芝居がしたいとワークショップへ通って芝居を勉強

女優となったのが55歳と異色の女優さんなんです。

 

どんぐり(女優)さんは独身で

旦那さんや子供さんがいないので

自由に行動できたことが女優としてブレイクした要因なんですね!

 

個性派女優として

今後の活躍が楽しみなどんぐり(女優)さんですね!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする