ゾブリストがデスマスクにメッセージを書けたのか?自殺した理由は?

Pocket

「情報総合案内所」にお越しいただきありがとうございます。

 

今回の記事では、

ゾブリストがデスマスクにメッセージを書けたのか?自殺した理由?

をまとめてみました。

 

映画「インフェルノ」

ダン・ブラウンの小説が原作でトム・ハンクス主演の映画です。

 

トム・ハンクスが演じるラングドン教授が

様々な謎解きをしていくのが面白いです!

 

映画と原作であらすじが違うようなのですが、

映画ではいきなり謎の男性が別の人を追い詰めて自殺

 

えーっいきなり!っと映画に引き込まれていきます。

 

この自殺した男性がゾブリスト

なぜゾブリストが自殺したのか理由が映画ではわかりませんでしたので

彼が自殺した理由

 

ゾブリストがなんでダンテのデスマスクにメッセージを書けたのか?

 

映画ではわからなかったシーンを調べてみました。

スポンサーリンク

「インフェルノ」に登場するゾブリストって?

トム・ハンクスが演じるラングドン教授が

いろんな謎解きをして問題を解決していきます。

 

その謎を考えだしたのが、

マッドサイエンティストのゾブリスト

 

マッドサイエンティストというのは狂信的な化学者

天才も一歩間違うととんでもない暴走しますからね!

 

インフェルノではラングドン教授が

殺人ウィルスの隠し場所を探しだして

殺人ウィルスを使うのを阻止するストーリーになってますが、

 

この殺人ウィルスを開発したのがゾブリスト

 

なんでゾブリストがそんな危険なウィルスを開発したのでしょうか?

 

それは

 

地球の人口が急激に増加している対策として

人口を半分にする目的で殺人ウィルスを開発したんです。

 

ゾブリストは自分が何かあって計画を実行できなくても

恋人で後継者のシエナが実行できるように計画していました。

 

でも恋人兼後継者のシエナに直接、伝える事をせずに

謎解きをラングドン教授にさせて

助手としてシエナを同行するように手配していました。

 

映画ではゾブリストが開発した殺人ウィルスは

使われずにハッピーエンド

 

原作ではウィルスが使われて拡散したのですが、

殺人ウィルスの実態が子供ができなくなる体質になるウィルス

 

子供が産まれなくなることで人口を半減にするというものでした!

 

ウィルスじゃなくても他の方法でも大丈夫な気がしますが…

スポンサーリンク

なぜゾブリストがデスマスクにメッセージを書けた?

映画インフェルノでは

ゾブリストが殺人ウィルスの隠し場所を示すメッセージを

ダンテのデスマスクに隠していました。

 

ラングドン教授が謎解き解明のために

ダンテのデスマスクを盗んだのは

殺人ウィルスの隠し場所を発見するためだったんです。

 

でも美術館にあるデスマスクに

なぜゾブリストが殺人ウィルスの隠し場所のメッセージが

書けたのか気になります。

 

その理由は

ダンテのデスマスクの所有者がゾブリスト自身だったからです。

 

ゾブリストが所有者で美術館に貸し出していたから

自由に持ち出す事が出来た事から

いつでもメッセージをかくしておけたんですね!

 

いくらゾブリストの持ち物だからといっても

美術館に展示されてるものですから

デスマスクにメッセージを残したのは

美術館が閉館した後になるでしょう・・・?

 

でも警備員があやしいと思うはず…

 

なんでデスマスクに殺人ウィルスの隠し場所を残したのか・・・?

 

自分が危険な目にあって計画が実行できない場合を想定して

恋人で後継者のシエナが

殺人ウィルスの隠し場所を探し出して

計画を実行してもらうためでした。

スポンサーリンク

ゾブリストが自殺した理由って?

映画の冒頭のシーン

 

謎の男性が3人の男性に追われて走っています。

最後に尖塔に追い詰められて尖塔から身投げして自殺します。

 

映画の冒頭のシーンで自殺してしまうのがゾブリスト

 

3人の男性に追いかけられて身投げして自殺してしまいます。

 

3人の男性から追い詰められて逃走して自殺したゾブリストですが、

WHOから要注意人物として指名手配されていたんです。

 

指名手配されたのが

ゾブリストがWHOに人口を抑制する食品の普及を提案したから

 

この提案で危険人物とブラックリスト入りしたゾブリスト

 

この一件でWHOから追われる身になっていたんです。

 

WHOから追い詰められて捕まって

 

殺人ウィルスの隠し場所を

拷問や自白剤で見つけ出される危険を感じて

計画が実行されるのを恐れて

身投げして自殺したんでしょう。

 

他にもたくさんのオススメ記事があります!

「情報総合案内所」にお越しいただきありがとうございます。   今回の記事では、 ラングドン教授がデスマスクを盗んだのか?記憶喪失になったワ...
「情報総合案内所」にお越しいただきありがとうございます。 今回の記事では、 人気ユーチューバーのすしらーめんりくさんの家族構成 弟のれ...
「情報総合案内所」にお越しいただきありがとうございます。 今回の記事では、 兄者弟者さんの自宅住所は何処なの? 家族構成について 兄弟仲...
「情報総合案内所」にお越しいただきありがとうございます。 今回の記事では、 ユニクロのセールで交換や返品出来る?時期はいつからいつまで?...
「情報総合案内所」にお越しいただきありがとうございます。 今回の記事では、 しまむらセール時期(2019)いつからいつまで?交換や返品も...

まとめ

いかがでしかた?

映画インフェルノに登場するゾブリスト

 

マッドサイエンティスト(狂信的な化学者)のゾブリストは

地球の人口増加を懸念して人口を半分にする為に

殺人ウィルスを開発

 

世界に拡散する計画を実行しようとしていました。

 

ゾブリストはWHOから危険人物として指名手配されていたのは

人口を抑制する食品の普及を提案した為

 

ゾブリストが自殺したのは

WHOから追い詰められて捕まって

殺人ウィルスの隠し場所を見つけ出されることを

恐れて自ら命を落としたのでした。

 

ゾブリストが殺人ウィルスの隠し場所を

ダンテのデスマスクに残せたのは

彼が所有者だったので

いつでも持ち出しができたから

 

それでは、以上で

ゾブリストがデスマスクにメッセージを書けたのか?自殺した理由は?

についてのまとめを終わります。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!