ノートルダム寺院火事でステンドグラスは?原因はテロリスト?火災画像!

Pocket

「情報総合案内所」にお越しいただきありがとうございます。

 

フランスのパリの中心にある有名なノートルダム大聖堂で

凄い火事になって尖塔が崩れ落ちてしまいました。

 

パリの代表的な建物で世界遺産のノートルダム大聖堂

 

今回の記事では、

ノートルダム大聖堂火事の画像!被害総額や火災の原因はテロリスト

をまとめていきます。


では早速見ていきましょう!

スポンサーリンク

ノートルダムノートルダム寺院火事でステンドグラスはどうなる?

フランスのパリの中心にあるノートルダム大聖堂

ノートルダム寺院火事でステンドグラスは?原因はテロリスト?火災画像!

パリの市長・アンヌ・イルゴダ市長がツイッターで

パリのノートルダム大聖堂で大規模な火事が発生

消防が出動して消火活動にあたっていて

協会の大司教と連携して

事態の収拾にあたっている。

立ち入り禁止区域に近づかないようにと呼び掛けていました。

ノートルダム寺院上部からは炎と煙が大量にでていて

火災が凄い大規模な事がわかります。

1991年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界遺産に

指定されてパリの観光名所として有名な寺院ですが、

歴史的建物のノートルダム大聖堂では

改修プロジェクトが進行中で修復工事の最中での火災

今回の火災で気になるのが

ノートルダム大聖堂のステンドグラス

大規模火災で有名なステンドグラスも全焼の可能性が心配されています。

ノートルダム大聖堂のステンドグラスが….

修復中のノートルダムでステンドグラスが移動されていれば

火災の影響を受けないのでしょうけど

移動された形跡がないので

 

火災の熱で割れたか溶けてしまった可能性が高いですね!

 

火災が鎮火して修復工事が再開されたら

ステンドグラスの修復も行われるでしょう。

スポンサーリンク

ノートルダム寺院火事の原因はテロリスト?

4月15日の午後6時50分頃に

ノートルダム寺院の上部で炎が見えて大量の煙が出ました。

1991年にユネスコの世界遺産に

周囲の歴史的建物と一緒に登録されたノートルダム寺院

今回の火災の原因が改修工事の可能性が高いとされています。

2012年に着工850年となったのを契機として

大規模な改修工事が行われていました。

大改修プロジェクトには650万ユーロ(およそ7億円)の寄付金が

投じられていてフランス革命以後で初めて南北の塔にある9つの鐘

全てが揃う事になる予定でした。

ヨーロッパで多発しているテロリスト問題があるので

火災の原因がテロリスト?という可能性も捨てられません。

ヨーロッパで多発しているテロリストの攻撃は

大勢の人が集まっている場所が標的になっているので

修復工事で観光客の少ないノートルダム寺院が標的になった

可能性は低いと思われます。

今後、火災の原因が解明されて発表されるでしょうが

現地では改修工事に関連しているとしています。

ノートルダム寺院火事の画像

大規模火災となったフランスのパリ中心部にある

ノートルダム寺院

現地の人がツイッターで火災の模様を

画像と一緒に投稿しています。

パリの中心地でこれだけ大きな煙が出る火災があるだけでも

大混乱になる可能性がありますが、

それが世界遺産に登録されているノートルダム寺院という事で

フランスだけでなく世界中が注目しています。

 

速く鎮火して原因を究明して

修復工事を再開してほしいですね!

スポンサーリンク

ノートルダム大聖堂火事のまとめ

4月15日夕方にフランスのパリ中心部にある

周囲の歴史的建物と一緒に世界遺産に登録されている

ノートルダム寺院で火災が発生

 

寺院の上部から炎と大量の煙が出て

大規模火災となっています。

 

火災の原因が改修工事中だったので

改修工事の可能性が疑われていて

テロリストが原因の可能性は低いようです。

 

ノートルダム寺院の有名なステンドグラスへの影響も心配されています。

日本からの観光客も多い歴史的建造物のノートルダム大聖堂

 

速く鎮火して改修工事を再開してもらいたいですね!

 

それでは、以上で

ノートルダム寺院火事でステンドグラスは?原因はテロリスト?火災画像!

についてのまとめを終わります。


最後まで読んでいただき、
ありがとうございました!

ほったらかしで日給1万円も可能なFX自動売買システム(EA)を無料プレゼント中!!(期間限定)

詳細はここをクリック!(^^)!